So-net無料ブログ作成

【KOSO】 ついに装着!【クランクケースカバー】 [BW'S125Fi(3rd)]

生活が変わり、週末くらいしか弄る時間が取れないのがツライ。

そのまま通勤が出来るのであれば、早朝から作業も出来るのだけど…ね。ツナギに着替えて駐輪場で作業、汗を流してスーツに着替えてから出勤…は朝からパワーが要り過ぎる。

IMG_6746.JPG
□現状

ちなみに交換前…と言うか、現状はこんな感じ。

純正ケースに車用ホイール塗料(マットブラック)で塗装し、ステンメッシュのフィルタにオレンジのカバー。ステンのデザインボルトにオレンジアルミのカラー。

これはこれで良いんだが、やっぱり純正加工感がある。それも本来はインケースとなる物を加工している為、形状や性能に不安が残る…ので、今回の交換と相成る。

IMG_6748.JPG
□純正塗装と比較

取付前、室内で裏側を見た時の純正ベースか…と感じた通り、純正よりも全体的にボリュームがある。高さと言うか厚みと言うか…これは比べないと分からなかった点だな。

IMG_6749.JPG
□小細工ボルト

昨夜、余剰ボルトとカラー、燃料用ゴムホースで試作した小細工を全てのボルトに…とは言え、ホースを1㎝で刻んで元のボルトに被せただけ…なんだけどね。

前日にケースとの相性は見ているし、理屈上は必要十分な性能はあるハズ。

IMG_6750.JPG
□クランクケース確認
折角、ケースを開けたので内部を確認しておこう…うん、ケース内の汚れも余り無いし、実際に駆動パーツを動かしてみても問題は無い。当分はコレだな。

普段使いならJapanSpeedも良いがポん太の元に行ったし、たまに乗るならば、高回転型で過激なDYの方が乗り味的にも面白い。カムもクラッチも…アウターは変えても良いかな。

IMG_6751.JPG
□穴位置ズレ

小細工ボルトは思ったよりも使い易く問題無い…が、この位置だけはやや穴位置とボルトの位置がズレる。全てのボルトがフリーな状態でもここだけはこの状態。

うーん、KOSOとは言えやはり樹脂パーツは多少のの穴ズレは出るか。純正ボルトよりも取付穴にやや遊びのある小細工ボルトなら、この程度のズレは問題無いけども。

IMG_6760.JPG
□ケース装着

全てのボルトを取付け、実際に駆動を回してみる…うん、問題無い、な。

純正インケースと比較した際には、やや大きく(厚みがある様に)見えたけれども、車体へ取付けてしまえばその差は分からない様に思う。うん、悪くない。

純正の丸味のある形状に慣れていると、少し違和感を感じないでも無い…が、逆に言えば交換した後のインパクトもある。全体的にエッジの効いたBならば、違和感も少ないか。

IMG_6764.JPG
□フロント

このアングルだと目立たない部位なのだが、開口部のデザインもあってかそれなりに目立つ…様な気がするのは、変えたばかりで意識がそこに固定されるせいかもしれないが。

まあ、このアングルでくっきりと目立つ派手さであれば、取付に躊躇うけども。

IMG_6769.JPG
□センター

真横から見れば、やは相応にりカスタムパーツとしての存在感がある。

出来れば開口部とKOSOのロゴはオレンジが好みだが、白+オレンジストロボの車体には問題無し。地味にKOSOのロゴ部分は、アルミプレートだったりと質感も悪くない。

IMG_6775.JPG
□リア

やはりこのアングルが目立つ…し、一番、格好良く見えるだろう。

うん、やっぱりこのエッジの効いたデザインは、同様にエッジ感のあるBが似合うだろう。全体的に丸みのあるシグには、あまり似合わないかな…現行のデザインなら似合うかな。

久しぶりのカスタムパーツ購入&取付だったが、満足感はそれなりに高いものとなった…な。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

【KOSO】装着方法について悩む。【クランクケースカバー】 [BW'S125Fi(3rd)]

物欲と入手出来なくなるのでは…と言う焦りに負けて購入。

IMG_6723.JPG
□パッケージ画像

思った以上にインパクトがある…かな。室内に持ち込んだバイクパーツはやけに大きく見える…と言う法則のせいもあるが、大きさよりも形状のインパクトがある。

SE12Jより続く系譜だが、純正加工は元よりカーボンケース等も含め、意外とデザインは純正と大差無い物が多い。例外はMOSの透明なアレなのだが…デザインが致命的だしな。

その点、オリジナルデザイン且つ格好良いインケースはそれだけでインパクトがある。

IMG_6728.JPG
□フロント

形状としては…やはり前向きなエアダクトは走行風を取り込み易そうな構造をしている。インケースのみでの使用と考えれば、この形状に行きつくのは当然か。

…カーボンケースはなぜ、純正同様に真横を向いていたんだろうという謎。カーボンと言う素材の性質上、複雑な形状が難しいのは分かるが、純正形状なのもなあ。

IMG_6726.JPG
□リア

純正よりも開口部が大きく前方からの走行風が抜け易い構造。アウトケース付の純正ケースよりは劣るだろうが、純正インケースのみの使用よりは駆動を冷却してくれそうだ。

またカーボンケースとは異なりクラッチアウターがキチンとカバーされる構造の為、開口部にメッシュなりのガードが無くても特に不安が無いのは良いと思う。

IMG_6725.JPG
□裏側

引繰り返して裏側を確認…デザイン・構造的に必要が無いにも関わらず、純正と同じデザインをしているのは純正インケースより型を取り、それをベースとしているのだろうか。

裏側が純正と同形状であれば、駆動パーツの干渉を心配せずに済むのは良い点だ。カーボンケースはやはり、開口部との干渉が気になり続けたからなあ。

…こうして書いてみると、比較対象はやはり純正かカーボンケース、なんだな。

コスパ的には、構造・デザイン的にも良く出来ており、純正アウトケースを使用する際の「塗料+フィルタ+フィルタカバー+ボルト&カラー」と比べても悪くない。

…あれ、意外と高いか、純正仕様。塗料(1,080円)+フィルタ(864円)+フィルタカバー(2,700円)+ボルト&カラー(125円×5&400円)5,669円…6,000円弱。

カーボンケースよりは安価…と思いきや、純正ベースと比較してもコスパ良いんじゃないかなコレ。塗装する自分の手間賃、プライスレスだし、な。

IMG_6736.JPG
□外径計測

但し、ちと問題なのがクランクケースを固定するボルト…シグに使用される、根元にブッシュゴムが装着される(=ケースの穴がデカい)ボルトが必要となる。

ノギスが行方不明な為、手近な定規で計測。外径が大体12mm…で内部を6㎜のボルトが通過、KOSOケースの厚みが10㎜…外径12mm/内径6mmで厚さ10mmのカラーがあれば良し、か。

構造を考えるとゴムなり樹脂パーツが良いのだけども、規格的に少なさそうだしな…M6ボルトに使えるカラーで、外径が12mで10㎜の厚さのカラーを探してみよう。

IMG_6739.JPG
□POSH Faith ユニバーサルカラーセット

『内径6mm:外径12.6mm 厚さ t=10mm』か。外径の0.6mmがちと大きい…な。でも、純正のケースならばアルミなのでアウト…だが、ケースが樹脂ベースだから削れる…な。

いや、純正もアルミだし削ろうと思えば…と方向性が違うな。ケースを加工する方向じゃない。

□社外ボルト
ホントは社外のデザインボルトが良いのだが…高いだろうしなあ。

でも一応調べてみるか…え。6,800円(税別)で税込7,344円もすんのか。ケース近いレベルの値段…安い方でも3,800円(税別)で4,104円…ケースの半額近くである。無理無理。

やっぱり、アルミカラーを入れてみる方向か、な…。

なおこのカラー、2個で432円×4=1,728円なのだが、10個で1,512円とこちらの方がかなりお得。2個ほど余るけども、それでも216円ほどお得な計算となる…が、しかし、だ。

0.6㎜誤差を確認せずに10個セットを購入するのは冒険だよなあ。誤差を吸収出来ない場合は丸々無駄になると考えると痛い…まあ、それでもデザインボルトよりは安いのだけども。

ちなみに現在の仕様、デザインボルトM6×25(200円)×8=1,600円、アルミカラー橙(100円)×8=800円(税込)で2,400円…に+カラー8個(1,728円)=4,128円となる訳だ。

…あれ、カラーまで含めて考えると、3,800円(税別)を買った方が安い…?まあ、既に購入済みのボルトとカラーがある為、追加の出費とは条件が異なるのだけども。

IMG_6742.JPG
□結果的に

色々と考えたのだが、専用ボルトはクソ高いしアルミカラーも現実的じゃない。

…てことで、「内径6mm:外径12.6mm」に限りなく近いゴムホースを探したところ、燃料用ホースで「内径6mm:外径10mm」の規格を…て、あれ、持ってたなコレ。

必要なのはケース固定時に取付穴の中でボルトが遊ばない為のゴム、ボルトをケース表面で固定出来る座面の大きなカラー…と手持ちのパーツで試したら、こんなものが。

あれあれ、ジャストフィットではないにしろ、これで充分なんじゃない?
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

【KOSO】ひさしぶりの物欲と逡巡。【クランクケースカバー】 [BW'S125Fi(3rd)]

先日、イーチさんにて久しぶりに気になるパーツを発見する。

ロンホイ以降、オイルやタイア等の油脂類の交換、トラブルにまつわる電圧計の追加等はあるが、カスタムパーツとして食指が動いたのは、実に半年以上の珍事。

まあ、いまさらこの車種のパーツは増えないだろうし…と踏んでいたのだが、新型シグ&BのE/gはこの車種をベースとしていたなあ、と今更ながらに気が付いた。

IMG_6719.JPG
□KOSO クランクケースカバー

気になっているのがコレ…KOSOのクランクケースカバーである。KOSOオリジナルの商品であり純正加工品ではない為、デザインが純正のそれとはまるで異なる。

デザインの好みはあれど、最初からアウトケース(外側)として設計されたケースの為、純正のインケース(樹脂パーツの内側)とは基本的に構造が異なるのが面白い。

例えば、放熱用あるいはコスト削減の為の穴等、インケースとして想定されたパーツに塗装などを行い、アウターとして使用する際の欠点がほぼ無い、と言う事。

また、純正形状の場合、アウトケースより空気の導入を前提としている為、空気の吸入口がほぼ真横を向いており、インケースのみを使用した際は冷却効果が非常に薄い。

その点、このインケースは走行風を取り込める様に空気の取込み口が車体前方を向いている為、走行する事により駆動パーツの適切な冷却効果が期待出来る。

NCM_0777.jpg
□KN カーボンクランクケースカバー

純正加工品を除けば、KNやNCY等のカーボンケースも挙げられるが、素材の薄さより大きく軽量化が可能な反面、内部の駆動音が非常に大きく扱い難い面も挙げられる。

その点、樹脂パーツであり構造的にある程度の厚みがある為、消音性が見込める事もメリットの様に思える。が、こればかりは実走行してみないと分からない部分なのだが。

ああ、カーボンケースと比較した際、購入コストが半分程度と言うのも大きい、か。カーボンケースを試したが宜しくなく、純正では…と考える自分的には非常に気にはなる。

ただこのパーツ…と言うか、アウトケース自体が車体左側にあり、サイドスタンドで停車した場合にほとんど見えないパーツとなる…と言うのがネックなんだよな。

今月は無給…10月の給与がゼロどころか、年金、健保、雇保、住民税等で諭吉さんが小隊単位で出動されるこの緊縮財政下で、買う必要があるのかと言うと悩ましい。

でも、純正加工品等と同じ様に季節商品…一定時期が過ぎると購入出来なくなる可能性があるし、製造数に依ってはどれだけ日本に入ってくるのかも不明だし、なあ。

KOSOと言うメーカーの大きさを考え、そして新型シグナスやBW'S対応パーツである事を踏まえれば、今でなくとも…と思わないでも無いんだが、その保証もないしなあ。

…とりあえず、購入しておこうか。ここまで悩むパーツもそんなに無いし、これだけ悩んで購入出来なくなった時の後悔は大きそうだから。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

【今年はどこまで】健康診断(人間ドック)。【いけるだろうか】 [事故・怪我関係]

新しい職場というか、待機現場が大変に暇。

まぁ待機状態だからこうして暇なのも致し方なし、なんだけども。来月から…新しい現場が決まれば、それなりに忙しくなるだろう。決まれば。否が応でも。

…そう言えば今年はまだ、健康診断を受けていなかったな、と。

時間に余裕がある内に(業務で圧迫されない内に)健康診断を済ませておこうとネットで予約…あれ、今年から人間ドックなのか。まあ、まるっと休むには良い口実か。

IMG_6706.PNG
□ルート

去年までのB検診であれば、午後からなのだが今年はC検診(人間ドック)。

今まであれば、みなとみらいから15号で新橋だったのだが、今回は自宅から…どのルートが近いのか分かり難い為、ナビ便りに行くとしよう。

IMG_6708.JPG
□ナビ用意

最後に使用したのは何時だったろうか…と悩まざるを得ない百鬼のマルチホルダー(部屋で探す事2時間が経過)を装着し、出発準備も完了。

健康診断は前日(正確には12時間前)より食事が禁止され、3時間前には水も禁止されるのがツライ…既に水も禁止の時間となる為、とっとと向かう事とする。

IMG_6709.JPG
□会場

ざっくりとしたイメージで15号から脇道に入っていたのだが、日比谷通りから来た方が早かったのか…でも走り易さ(白バイ潜在率含め)を考えると15号だろうな。

そんな事を考えながら、健康保険センターの裏手入り口に(勝手に)Bを乗り入れて停め、受付へ…あれ、なんか見た事が無いほどに混雑のご様子…これは遅くなるのかな。

IMG_6710.JPG
□検査終了

受付の混雑具合とは裏腹にサックリと終了。

B検診に幾つかの検査項目が増えたのみで、時間的にも2時間と少し程度。直ぐに確認出来る項目をベースとした診断も、特に問題無しとの事で終了。

ちなみに現在治療中の病気としてIgA血管炎の話になるも、診断医には通じず…と言うか、専門医でないと知る事すらない病気である事が判明しただけで終了。

IMG_6712.JPG
□メシ解禁

1時より検診が開始し、3時を少し過ぎた辺りで検診が終了。

午後に検診を受けた際は必ず陥る、飲食店のアイドルタイム(中休み)のジレンマ。普段は意識しないのだが、意外と15時~18時間に営業してる店は少ないもの。

特にらーめんとなると少ないのだが、前日からの空腹を抱えた胃はガッツリ&コッテリな食べ物を求める訳で…今回は、羽田の上場家に中休みが無い事は確認済み。

IMG_6714.JPG
□中盛り+ノリ+玉子

丸1日近い空腹を抱えた身に沁みる様な家系のスープ。噛み応えがあり食欲をいや増す多加水率の麺。もちろん中盛り(1.5玉)で、トッピングは大量の海苔と味玉。

極端な空腹時に食べて良い組み合わせには思えないが、栄養ガン無視のボリューム&オイリーな食事は前日からの空腹感を埋める様に押し流してゆく…満たされる。

IMG_6716.JPG
□休憩

…極端な空腹時の詰め込みに、胃がギブアップした模様。

通常時でもアラフォーにはキツイ食事内容なのに、ぷち断食の後に掻き込むにはあまりにヘビーに過ぎた様だ…近所のPCデポまできたものの、駐輪場で一休み。

IMG_6718.JPG
□クラウドブック用

一休みしたついでに、クラウド用の無線マウスとマウスパッドを購入。

持ち運びを前提とした軽量11インチはそれだけでも使用出来るのだが、やはり室内での使用時にはマウスがある方が便利…とリビングでの使用を考えて購入する。

実質、数時間の検診で1日休みの様な状況ではあったものの、ぷち断食はその後の食事にも影響するし、普通に勤めに出てた方が楽かもしらん、そんな事を考えた一日。

…郵送される結果がどんなものか、ちょっと、怖いなあ。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

【ツーリング】平塚~帰宅編【W650】 [ツーリング・準備]

体力の限界を感じて、帰路は高速道路を選択…したは良いけども、東名の最寄りとなるICは東名川崎…尻手黒川を下る訳だが、意外に遠いんだよなあ…ウチまで。

IMG_6662.JPG
□給油

…と、帰りがけに尻手黒川沿いで最も安いスタンドにて給油。

出掛ける前にもココで満タンにしたのだが、今回はかなりの走行をしたと思われるので最後に給油しておこう…と思いきや、意外と入らない…あれ。

走行シーンが酷い為に疲れが半端ないのだが、考えてみれば低速ばかりだったなあ…と車体を眺めると如何に酷い道だったかを表わすかの様に汚れている。

IMG_6663.JPG
□泥まみれフロント

フロントフォークやホイールはもちろん、E/g周りは空冷フィンの間まで汚れ、オイルフィルタカバーやフレーム下部までみっちり泥汚れがこびり付いている。

ちなみにこの画像ではかなりキレイに見えるが、実際は林道を走ったオフ車に近いレベルで全体が汚れている。泥道を走ったも同然だから、だったものなあ。

IMG_6664.JPG
□泥まみれリア

こちらも実写よりはキレイに見えるが、サスからチェーンカバーから泥マミーレである。メッキの汚れが分かり易いか…キャブトンマフラーの汚れからご推察である。

フロントはE/gの熱さえ気を付ければ洗い易いが、リアはチェーン周りの清掃が面倒…だけれども、疲れているけれども、今の内にキレイにせねばだ。

IMG_6665.JPG
□走行距離

ちなみに走行距離は230㎞と、疲労に比して少な目…疲労感としては倍近い感じだが、悪路走行で疲れただけなんだと走行距離が教えてくれる…ガスも減らない筈だ。

ちなみに64号まで戻り、伊勢原方面へとハンドルを切り直した後の走行は快適そのものだった…直前の悪路走行のせいもあるかもだが…春先にもう一度走りたいな。

IMG_6669.JPG
□洗車

足回りの清掃はどの車両でも面倒だが、スポークホイールは尚更だよなあと思いながら、ホイールまで磨く…うわ、サイドカバーまで汚れてる…かなり上まで汚れたな。

ちなみに、車体の汚れと同様にジャケットやメット等の装備類も汚れており、車両を全てキレイにして、これで終了!と部屋に戻った後に、落胆したのはまた別のお話。

IMG_6674.JPG
□完了

洗車は、始めるまでは面倒、始めてしまえば夢中、終われば爽快!と言う良くある掃除テンプレの感想となる訳だが、磨き終えた愛車への愛着はヒトシオ。

でも長距離後の洗車は体力が…ががが。特に背中と腰が。ががが。

IMG_6686.JPG
□乾燥

マンションの駐輪場では風通しが良くない為、近所まで押し出して乾燥。

長距離走行後の心地良い疲れ(&要らない背筋と腰の痛み)を抱え、キレイに磨かれた愛車を眺めながらの一服が堪らない。でも、あー、疲れたなあ…。

もう2度と70号は走りたくないと思うが、宮ヶ瀬から伊勢原へと抜ける道は走り易く気持ちの良い道路だった為、初夏前にはもう一度走りたいと思う。

70号は多分、晴れても落葉が無くても、楽しくなさそうだったしなあ。

猿に襲われ、悪路走行を強いられ、しかも行き止まり…とトラブル満載なツーではあったが、終わってみればこれもまた一つの経験とネタになる…から、良いか。

IMG_6700.JPG
□モノはついでに

先日の雨上がりの走行時を思い出し、ついでにBWSも磨いておくことにする。

Bはプラ部分も多く、駆動部等はパークリ等で清掃している為に、実はほとんど洗車をした事が無い…事もあり、今回はついでに足回りも含めて磨いてあげる事にしよう。

あれ、遠近感の問題か、Wがえらく小さく…Bがえらく大きく見えるな、こう並べると。実際は50㏄より一回り大きい程度のBと、ハーレー並みに大きいW650なんだけど…ね。

IMG_6698.JPG
□カスタム車両

しかし、こうしてみると贅沢な組み合わせだなあ…と自分でも思う。

通勤&ご近所用の原付2種と、趣味の大型バイク…と書けばそうでも無いのだが、見る人が見れば、掛けた費用が一目瞭然なカスタム車両でもあるなあ、と眺めていて気が付いた。

車に比べれば維持費もカスタム費も安いモノだが、多くは無い稼ぎの中からこれだけ捻出する事を咎めないでいてくれる、奥様に感謝である…と言うか、頭が上がらない…な。

通勤中の大事故から1年…リハビリが終了して、半年と少し…か。右手の稼働角度は戻り切らず、右前頭葉はCTを取れば真っ白に映る死んだ脳細胞が映る。

それでもなお乗りたい、と言う意思を尊重してくれる奥様には、多分、一生、頭が上がらない。加えて今の状況を鑑みれば、感謝以外の言葉は浮かんでこない…な。

【ツーリング】平塚~帰宅編【W650】 [W650('99)]

体力の限界を感じて、帰路は高速道路を選択…したは良いけども、東名の最寄りとなるICは東名川崎…尻手黒川を下る訳だが、意外に遠いんだよなあ…ウチまで。

IMG_6662.JPG
□給油

…と、帰りがけに尻手黒川沿いで最も安いスタンドにて給油。

出掛ける前にもココで満タンにしたのだが、今回はかなりの走行をしたと思われるので最後に給油しておこう…と思いきや、意外と入らない…あれ。

走行シーンが酷い為に疲れが半端ないのだが、考えてみれば低速ばかりだったなあ…と車体を眺めると如何に酷い道だったかを表わすかの様に汚れている。

IMG_6663.JPG
□泥まみれフロント

フロントフォークやホイールはもちろん、E/g周りは空冷フィンの間まで汚れ、オイルフィルタカバーやフレーム下部までみっちり泥汚れがこびり付いている。

ちなみにこの画像ではかなりキレイに見えるが、実際は林道を走ったオフ車に近いレベルで全体が汚れている。泥道を走ったも同然だから、だったものなあ。

IMG_6664.JPG
□泥まみれリア

こちらも実写よりはキレイに見えるが、サスからチェーンカバーから泥マミーレである。メッキの汚れが分かり易いか…キャブトンマフラーの汚れからご推察である。

フロントはE/gの熱さえ気を付ければ洗い易いが、リアはチェーン周りの清掃が面倒…だけれども、疲れているけれども、今の内にキレイにせねばだ。

IMG_6665.JPG
□走行距離

ちなみに走行距離は230㎞と、疲労に比して少な目…疲労感としては倍近い感じだが、悪路走行で疲れただけなんだと走行距離が教えてくれる…ガスも減らない筈だ。

ちなみに64号まで戻り、伊勢原方面へとハンドルを切り直した後の走行は快適そのものだった…直前の悪路走行のせいもあるかもだが…春先にもう一度走りたいな。

IMG_6669.JPG
□洗車

足回りの清掃はどの車両でも面倒だが、スポークホイールは尚更だよなあと思いながら、ホイールまで磨く…うわ、サイドカバーまで汚れてる…かなり上まで汚れたな。

ちなみに、車体の汚れと同様にジャケットやメット等の装備類も汚れており、車両を全てキレイにして、これで終了!と部屋に戻った後に、落胆したのはまた別のお話。

IMG_6674.JPG
□完了

洗車は、始めるまでは面倒、始めてしまえば夢中、終われば爽快!と言う良くある掃除テンプレの感想となる訳だが、磨き終えた愛車への愛着はヒトシオ。

でも長距離後の洗車は体力が…ががが。特に背中と腰が。ががが。

IMG_6686.JPG
□乾燥

マンションの駐輪場では風通しが良くない為、近所まで押し出して乾燥。

長距離走行後の心地良い疲れ(&要らない背筋と腰の痛み)を抱え、キレイに磨かれた愛車を眺めながらの一服が堪らない。でも、あー、疲れたなあ…。

もう2度と70号は走りたくないと思うが、宮ヶ瀬から伊勢原へと抜ける道は走り易く気持ちの良い道路だった為、初夏前にはもう一度走りたいと思う。

70号は多分、晴れても落葉が無くても、楽しくなさそうだったしなあ。

猿に襲われ、悪路走行を強いられ、しかも行き止まり…とトラブル満載なツーではあったが、終わってみればこれもまた一つの経験とネタになる…から、良いか。

IMG_6700.JPG
□モノはついでに

先日の雨上がりの走行時を思い出し、ついでにBWSも磨いておくことにする。

Bはプラ部分も多く、駆動部等はパークリ等で清掃している為に、実はほとんど洗車をした事が無い…事もあり、今回はついでに足回りも含めて磨いてあげる事にしよう。

あれ、遠近感の問題か、Wがえらく小さく…Bがえらく大きく見えるな、こう並べると。実際は50㏄より一回り大きい程度のBと、ハーレー並みに大きいW650なんだけど…ね。

IMG_6698.JPG
□カスタム車両

しかし、こうしてみると贅沢な組み合わせだなあ…と自分でも思う。

通勤&ご近所用の原付2種と、趣味の大型バイク…と書けばそうでも無いのだが、見る人が見れば、掛けた費用が一目瞭然なカスタム車両でもあるなあ、と眺めていて気が付いた。

車に比べれば維持費もカスタム費も安いモノだが、多くは無い稼ぎの中からこれだけ捻出する事を咎めないでいてくれる、奥様に感謝である…と言うか、頭が上がらない…な。

通勤中の大事故から1年…リハビリが終了して、半年と少し…か。右手の稼働角度は戻り切らず、右前頭葉はCTを取れば真っ白に映る死んだ脳細胞が映る。

それでもなお乗りたい、と言う意思を尊重してくれる奥様には、多分、一生、頭が上がらない。加えて今の状況を鑑みれば、感謝以外の言葉は浮かんでこない…な。


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

【ツーリング】宮ヶ瀬~平塚編【W650】 [ツーリング・準備]

廃コンビニの分岐から県道64号、宮ヶ瀬を抜けて県道70号、そして矢櫃へ。

…そして、猿の襲撃に合う。まあ、猿に襲われたまでは良かった…いや良くは無かったのだが、撃退出来たというか逃走に成功したというか、難は逃れたのだ。

IMG_6651.JPG
□70号入り口

問題は県道70号…画像奥に見える電光掲示板の内容を確認出来ていれば良かったのだが、県道64号から左折して直ぐであり、前方を走る車に注意して居た為に見落とした。

ご存知の方も居るかと思うが、県道70号は恐ろしく狭い。大型セダン車程度の車幅しか無い道が続き、しかも一方通行ではなく対向車が走行してくる…までは良いのだが。

前日の雨、そして紅葉の季節…この組み合わせが素敵なトラップを生む。

近年まで舗装すらされていなかった道路は凹凸が酷く、そこに雨水が溜りその上に落葉の蓋が為されると傍目には平坦な道にしか見えず、それはもう立派なトラップである。

ここで前方を走る車が大活躍する…いきなり車体が傾いたかと思えば、バイクの全高位にまで水を跳ね上げる…傍目には水溜りか平坦な道なのにこのトラップ。

しかも、コーナーの真ん中辺りで発生し、さらに凶悪性が増している…前方を走る大型セダンが居なければ、転倒は免れなかったであろう凶悪なトラップである。

IMG_6649.PNG
□行き止まり/実際は三峰山辺りで(GPS画像)

冷静に考えれば、前方の大型セダンが旋回できるスペースを見つけ、Uターンした辺りで共に戻れば良かったんだよなあ…と、行き止まりまで辿り着いてから思う。

大型セダンのUターン後、ギアは1速、速度は20km/h程度でゆっくりと進み、どう考えてもWで来るべき道ではない…オフなりモタなりなら楽しいかもしれない道を20分ほど走行する。

友人との待合せがある為、遅れる旨の連絡を…とスマホを出すも見事に圏外…あ、GPSは生きている…と、状況証拠用に画像を残す。そしてまた走り出す。

落とし穴トラップもあるが、それ以前に狭くツイスティなワインディングで、路面は雨と泥でじっとりと濡れており、ほぼ落葉に覆われている道路。神経が擦り下し状態。

ようやく開けた道(1.5車線程度でアスファルトが見える)に出始めた途端、道路工事の警備員の様なお爺さんに止められる。背後に見えるバリケード的な何か。

この期間は、県道70号が通行禁止である事を説明される。

えええ。ここまで来てか。と言うか、この道を引き返せと。もう一度走れというのか。JAFりたい…との考えを頭が過るが、多分、引き揚げ用の車両が通れる幅は無い。

IMG_6650.JPG
□引き返して

舗装された林道とも言うべき70号を引き換えし、64号まで戻る…ああ、アスファルトって素晴らしい。特に濡れていないアスファルトこそ、文明の証である。

シートに体重を預けず、ハンドルに力を掛けない様に…と走り続けたせいで、背筋が痛い。Dトラで山道に突っ込んで見た時と同じ痛みだこれ…いやあの時より酷いか。

舗装されているとはいえ壁面は土が剥き出しで、雨が降れば泥道だものなあ…。

山道での転倒等、オフベースのモタでは気にせずに走れた…精々がシュラウドの傷かチェンジorブレーキペダルの変形(ハンドガードがあればレバ類ーは無事)…のだが。

Wは…純正ならまだしも今の状態…タンクはワンオフのスムージング&フルペイントのW3デザイン、サイドカバーはW1タイプのFRP…での転倒は、修理費で悶え死ぬ。

それもあり、背筋の痛み以上に精神がゴリゴリ削られた。心労が半端無い。

しかも、友人との待合せはどう考えても間に合わず、しかも友人は午後から仕事との話…ならばせめて顔出し程度でも…と言う事で、友人が務める店へ方向転換。

IMG_6655.JPG
□NAPS伊勢原

土地勘が無くナビも無い状態で、視界上部に現れる標識と体内コンパスを頼りに走り、停車してはGoogle先生にお伺いを立て…繰り返した結果、なぜかNAPS伊勢原に到着する。

そうかこの道路は246か…139辺りで分岐となり、狭くて細い一車線道路となる為に、246へと合流した事に気が付けずにしばらく迷走したりする…ああ、どこなんだココ。

ちなみに伊勢原NAPSは駐輪場へ立ち寄るのみで、店内にはお邪魔していない。

IMG_6658.JPG
□伍代目哲麺

そしてようやくたどり着いた友人の勤め先…と言う名のランチスポット。

今回は珍しく早朝からしっかりと食べていたものの、流石に早朝から昼過ぎまで走り回れば腹も減る…と言うのもあり、友人の勤め先であるお店を訪問してみる。

ちなみに物凄く分かり難い場所にあり、通り過ぎたり近辺を歩いて探したりと20分近くをロスして到着。さてさて彼の働きぶり&らーめんの味はどんなものか。

IMG_6656.JPG
□らーめん

確か、醤油豚骨でマー油が浮いたタイプ…で、値段は600円~700円程度。

なぜにこんなにもアバウトな情報かと言うと、大した特徴の無い(高くも安くも無く、美味しくも不味くもないのも含め)品だったから…評価に困る味とも言える。

都内の激戦区なら半年と持たず、店舗の多い都内なら1年と持たないだろう、な味。

後に調べてみるとかなりの店舗数を誇るフランチャイズ店で、都内等に店舗を出さずにロードサイドのみで展開…ああ、そういう味だわ、と納得出来る味である。

「くるまや」とか「どさんこ」を今風に誤魔化したというか…ラーショには届かないな。

IMG_6660.JPG
□東名秦野~川﨑

上記の店が平塚の為、帰りは高速で帰る事を決意。

しばらく134から1号を繋いで、横浜新道~第三京浜でも帰れるのだが、もう、下道はお腹一杯である。走り慣れた道ならまだしも、走り疲れたし早く帰りたい。

想定外の高速料金だが、調べてみたら1,200円程度…これから下道でStop&Goを繰り返して時間が掛かる事を考えれば、そう高い値段とも思えないし、ね。

今日は朝から走り詰めで疲れたし、帰りはのんびりと楽に帰ろう。

【ツーリング】宮ヶ瀬~平塚編【W650】 [W650('99)]

廃コンビニの分岐から県道64号、宮ヶ瀬を抜けて県道70号、そして矢櫃へ。

…そして、猿の襲撃に合う。まあ、猿に襲われたまでは良かった…いや良くは無かったのだが、撃退出来たというか逃走に成功したというか、難は逃れたのだ。

IMG_6651.JPG
□70号入り口

問題は県道70号…画像奥に見える電光掲示板の内容を確認出来ていれば良かったのだが、県道64号から左折して直ぐであり、前方を走る車に注意して居た為に見落とした。

ご存知の方も居るかと思うが、県道70号は恐ろしく狭い。大型セダン車程度の車幅しか無い道が続き、しかも一方通行ではなく対向車が走行してくる…までは良いのだが。

前日の雨、そして紅葉の季節…この組み合わせが素敵なトラップを生む。

近年まで舗装すらされていなかった道路は凹凸が酷く、そこに雨水が溜りその上に落葉の蓋が為されると傍目には平坦な道にしか見えず、それはもう立派なトラップである。

ここで前方を走る車が大活躍する…いきなり車体が傾いたかと思えば、バイクの全高位にまで水を跳ね上げる…傍目には水溜りか平坦な道なのにこのトラップ。

しかも、コーナーの真ん中辺りで発生し、さらに凶悪性が増している…前方を走る大型セダンが居なければ、転倒は免れなかったであろう凶悪なトラップである。

IMG_6649.PNG
□行き止まり/実際は三峰山辺りで(GPS画像)

冷静に考えれば、前方の大型セダンが旋回できるスペースを見つけ、Uターンした辺りで共に戻れば良かったんだよなあ…と、行き止まりまで辿り着いてから思う。

大型セダンのUターン後、ギアは1速、速度は20km/h程度でゆっくりと進み、どう考えてもWで来るべき道ではない…オフなりモタなりなら楽しいかもしれない道を20分ほど走行する。

友人との待合せがある為、遅れる旨の連絡を…とスマホを出すも見事に圏外…あ、GPSは生きている…と、状況証拠用に画像を残す。そしてまた走り出す。

落とし穴トラップもあるが、それ以前に狭くツイスティなワインディングで、路面は雨と泥でじっとりと濡れており、ほぼ落葉に覆われている道路。神経が擦り下し状態。

ようやく開けた道(1.5車線程度でアスファルトが見える)に出始めた途端、道路工事の警備員の様なお爺さんに止められる。背後に見えるバリケード的な何か。

この期間は、県道70号が通行禁止である事を説明される。

えええ。ここまで来てか。と言うか、この道を引き返せと。もう一度走れというのか。JAFりたい…との考えを頭が過るが、多分、引き揚げ用の車両が通れる幅は無い。

IMG_6650.JPG
□引き返して

舗装された林道とも言うべき70号を引き換えし、64号まで戻る…ああ、アスファルトって素晴らしい。特に濡れていないアスファルトこそ、文明の証である。

シートに体重を預けず、ハンドルに力を掛けない様に…と走り続けたせいで、背筋が痛い。Dトラで山道に突っ込んで見た時と同じ痛みだこれ…いやあの時より酷いか。

舗装されているとはいえ壁面は土が剥き出しで、雨が降れば泥道だものなあ…。

山道での転倒等、オフベースのモタでは気にせずに走れた…精々がシュラウドの傷かチェンジorブレーキペダルの変形(ハンドガードがあればレバ類ーは無事)…のだが。

Wは…純正ならまだしも今の状態…タンクはワンオフのスムージング&フルペイントのW3デザイン、サイドカバーはW1タイプのFRP…での転倒は、修理費で悶え死ぬ。

それもあり、背筋の痛み以上に精神がゴリゴリ削られた。心労が半端無い。

しかも、友人との待合せはどう考えても間に合わず、しかも友人は午後から仕事との話…ならばせめて顔出し程度でも…と言う事で、友人が務める店へ方向転換。

IMG_6655.JPG
□NAPS伊勢原

土地勘が無くナビも無い状態で、視界上部に現れる標識と体内コンパスを頼りに走り、停車してはGoogle先生にお伺いを立て…繰り返した結果、なぜかNAPS伊勢原に到着する。

そうかこの道路は246か…139辺りで分岐となり、狭くて細い一車線道路となる為に、246へと合流した事に気が付けずにしばらく迷走したりする…ああ、どこなんだココ。

ちなみに伊勢原NAPSは駐輪場へ立ち寄るのみで、店内にはお邪魔していない。

IMG_6658.JPG
□伍代目哲麺

そしてようやくたどり着いた友人の勤め先…と言う名のランチスポット。

今回は珍しく早朝からしっかりと食べていたものの、流石に早朝から昼過ぎまで走り回れば腹も減る…と言うのもあり、友人の勤め先であるお店を訪問してみる。

ちなみに物凄く分かり難い場所にあり、通り過ぎたり近辺を歩いて探したりと20分近くをロスして到着。さてさて彼の働きぶり&らーめんの味はどんなものか。

IMG_6656.JPG
□らーめん

確か、醤油豚骨でマー油が浮いたタイプ…で、値段は600円~700円程度。

なぜにこんなにもアバウトな情報かと言うと、大した特徴の無い(高くも安くも無く、美味しくも不味くもないのも含め)品だったから…評価に困る味とも言える。

都内の激戦区なら半年と持たず、店舗の多い都内なら1年と持たないだろう、な味。

後に調べてみるとかなりの店舗数を誇るフランチャイズ店で、都内等に店舗を出さずにロードサイドのみで展開…ああ、そういう味だわ、と納得出来る味である。

「くるまや」とか「どさんこ」を今風に誤魔化したというか…ラーショには届かないな。

IMG_6660.JPG
□東名秦野~川﨑

上記の店が平塚の為、帰りは高速で帰る事を決意。

しばらく134から1号を繋いで、横浜新道~第三京浜でも帰れるのだが、もう、下道はお腹一杯である。走り慣れた道ならまだしも、走り疲れたし早く帰りたい。

想定外の高速料金だが、調べてみたら1,200円程度…これから下道でStop&Goを繰り返して時間が掛かる事を考えれば、そう高い値段とも思えないし、ね。

今日は朝から走り詰めで疲れたし、帰りはのんびりと楽に帰ろう。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

【ツーリング】道志~宮ケ瀬編【W650】 [ツーリング・準備]

11月下旬、ひさしぶりに晴れ予報の日曜日。

前回…10月下旬のほぼ一月前、山は紅葉を始めたばかりの為、次の機会を待ち続けたのだがようやく機会が訪れた様だ。考えてみれば11月下旬に山に行くのも初めて、かな。

IMG_6622.JPG
□雨に煙る

目覚めた頃はまだ暗く既に冬の訪れを感じる早朝。支度を始める内に徐々に陽が昇り始め、予報通りの晴れに気を良くして家を出る…も、なんだこの霧。しかもこの路面。

早朝の起床を想定して早めに寝たのだが、夜半に雨でも降っていたのかと思うほどの路面。そして纏わり付く様なこの湿気…町中でこれでは、お山の路面はさぞかし…。

IMG_6631.JPG
□初めての

いつもは早朝に出発し、道の駅でUターン…早ければ昼頃には帰宅する事が多いのだが、今回はUターン後に宮ヶ瀬からヤビツ…秦野を抜ける予定なのでしっかりと補給を。

いつも横目で見ながら、これから峠を…とのタイミングで腹に重いものを入れるのもなあ、と敬遠していたのだが今日はスタミナ勝負。腹に熱量を入れて行こう。

…室内で体温を取り戻した後、ようやく馴染んだ冷気に再び震えたのは誤算である。

IMG_6634.JPG
□山、色づきて

R413が徐々に峠と変わる少し手前、遠く眺める山々を見て紅葉を思う。早朝の冷えた空気に、色づき始めた山。おそらく今年は最後のお山行きとなるだろう。

ただの峠道であればどんなバイクでも良い…むしろ、Wは峠に向かない車体と思えるがこういう何気ない風景にも溶け込み、それでいて惹き立つのはWの魅力だと思える。

IMG_6646.JPG
□道の駅 道志

ひさしぶりに晴れた日曜日の為か、まだ道の駅が開いたばかりの時間にも関わらず、二輪のパーキングスペースは既に満タンに近い状態。この寒い中、モノ好きばかりである。

しかも路面は素敵にウェッティである。SS系の溝の少ないハイグリップも怖いだろうが、大径で細いタイアの上に重い車体も中々に怖く、よくもまあこの路面で、と思わせる。

IMG_0029.JPG
□紅葉の元で

本来は紅葉を撮りに…と訪れたのだが、実はあまり撮影の機会に恵まれなかったり。時間的な制約や何よりもファインダーを向けるべき対象が見つからず。

また撮影して見たものの、あとで見返してもやはり…と思えるものが多く、実際に使えるのはこの画像の他に数枚と言う体たらく…うーん、出来ればもう一度、来たいな。

IMG_6649.PNG
□遭難と遭遇

今回は道の駅にて引き換えし、県道70号からヤビツ峠をつないで山間を抜けて…とのルートを想定。分岐はいつもの廃コンビニ手前の分岐点。

初めて走る道路、狭く低速なワインディング(30km/h制限)、と時間制限があるも、速度の乗り難い道を走り続けて、少しここで休憩を…と減速した時にそれは現れた。

IMG_6666.JPG
□画像はイメージです

橋の欄干と思わしき部分に、見覚えのある様な物体が…あ、動いた。と思った時には既に襲撃体制に入っていたのは猿。種類は不明ながらも、確実に猿。

機械も人間にも恐怖は無いのか、真っ直ぐに襲いくる猿。瞬間的にスロットルを開けるも、腰から足の辺りに掛けて取りついてきた猿。頭の中は猿一色。

蛇行して振り落す、走行しつつ側壁の間に挟み込む、等の選択肢が生まれるも、急激な加速に振り落される猿…。走行中の飛び出しは経験があるが、飛付かれたのは初だったなあ。

後にローディな友人に話したところ、「ああ、あそこは出るよ」との言。いやオバケじゃ無いんだから…と思っていたら、その近辺では有名な話らしい。

いわく、パンクすると狙われる、らしい。怖いな、宮ヶ瀬。

【ツーリング】道志~宮ケ瀬編【W650】 [W650('99)]

11月下旬、ひさしぶりに晴れ予報の日曜日。

前回…10月下旬のほぼ一月前、山は紅葉を始めたばかりの為、次の機会を待ち続けたのだがようやく機会が訪れた様だ。考えてみれば11月下旬に山に行くのも初めて、かな。

IMG_6622.JPG
□雨に煙る

目覚めた頃はまだ暗く既に冬の訪れを感じる早朝。支度を始める内に徐々に陽が昇り始め、予報通りの晴れに気を良くして家を出る…も、なんだこの霧。しかもこの路面。

早朝の起床を想定して早めに寝たのだが、夜半に雨でも降っていたのかと思うほどの路面。そして纏わり付く様なこの湿気…町中でこれでは、お山の路面はさぞかし…。

IMG_6631.JPG
□初めての

いつもは早朝に出発し、道の駅でUターン…早ければ昼頃には帰宅する事が多いのだが、今回はUターン後に宮ヶ瀬からヤビツ…秦野を抜ける予定なのでしっかりと補給を。

いつも横目で見ながら、これから峠を…とのタイミングで腹に重いものを入れるのもなあ、と敬遠していたのだが今日はスタミナ勝負。腹に熱量を入れて行こう。

…室内で体温を取り戻した後、ようやく馴染んだ冷気に再び震えたのは誤算である。

IMG_6634.JPG
□山、色づきて

R413が徐々に峠と変わる少し手前、遠く眺める山々を見て紅葉を思う。早朝の冷えた空気に、色づき始めた山。おそらく今年は最後のお山行きとなるだろう。

ただの峠道であればどんなバイクでも良い…むしろ、Wは峠に向かない車体と思えるがこういう何気ない風景にも溶け込み、それでいて惹き立つのはWの魅力だと思える。

IMG_6646.JPG
□道の駅 道志

ひさしぶりに晴れた日曜日の為か、まだ道の駅が開いたばかりの時間にも関わらず、二輪のパーキングスペースは既に満タンに近い状態。この寒い中、モノ好きばかりである。

しかも路面は素敵にウェッティである。SS系の溝の少ないハイグリップも怖いだろうが、大径で細いタイアの上に重い車体も中々に怖く、よくもまあこの路面で、と思わせる。

IMG_0029.JPG
□紅葉の元で

本来は紅葉を撮りに…と訪れたのだが、実はあまり撮影の機会に恵まれなかったり。時間的な制約や何よりもファインダーを向けるべき対象が見つからず。

また撮影して見たものの、あとで見返してもやはり…と思えるものが多く、実際に使えるのはこの画像の他に数枚と言う体たらく…うーん、出来ればもう一度、来たいな。

IMG_6649.PNG
□遭難と遭遇

今回は道の駅にて引き換えし、県道70号からヤビツ峠をつないで山間を抜けて…とのルートを想定。分岐はいつもの廃コンビニ手前の分岐点。

初めて走る道路、狭く低速なワインディング(30km/h制限)、と時間制限があるも、速度の乗り難い道を走り続けて、少しここで休憩を…と減速した時にそれは現れた。

IMG_6666.JPG
□画像はイメージです

橋の欄干と思わしき部分に、見覚えのある様な物体が…あ、動いた。と思った時には既に襲撃体制に入っていたのは猿。種類は不明ながらも、確実に猿。

機械も人間にも恐怖は無いのか、真っ直ぐに襲いくる猿。瞬間的にスロットルを開けるも、腰から足の辺りに掛けて取りついてきた猿。頭の中は猿一色。

蛇行して振り落す、走行しつつ側壁の間に挟み込む、等の選択肢が生まれるも、急激な加速に振り落される猿…。走行中の飛び出しは経験があるが、飛付かれたのは初だったなあ。

後にローディな友人に話したところ、「ああ、あそこは出るよ」との言。いやオバケじゃ無いんだから…と思っていたら、その近辺では有名な話らしい。

いわく、パンクすると狙われる、らしい。怖いな、宮ヶ瀬。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

【ASUS】 クラウドブック、 セットアップ。【E200H-8350】 [装備・小物類]

さて、今日はお休み…なんだけども、夕方まで雨模様でございます。

奥様は帰省中だしのんびりお掃除でもして、クラウドブックのセットアップでもしますかねっと..夕方までに止んだら、ちょっとBを出したいかな…バッテリ上がりが怖い。

IMG_6575.JPG
□ASUS E200H-8350

クラウドブックについては先日に触れているので、今回はもうちょっと踏み込んだ本体のスペック等を…OS、CPU、メモリ、ストレージが分かればどんなPCか分かるよね、と。

OS :Windows 10 Home 64ビット
インテル[レジスタードトレードマーク] Atom[トレードマーク] x5-Z8350 プロセッサー
メインメモリ:4GB
ストレージ:eMMC32GB/SD32GB

eMMCについてはここ数年で平準化されたストレージで、HDより高速でSSDほど高速ではない、フラッシュだな。スマホやタブレット等のストレージとしても使用されている。

IMG_6583.JPG
□本体

ちなみに春に発売されたモデルよりわずかにCPUが性能向上、メインメモリが2GBから4GBへと変更…しても実売35,000円、全モデルは30,000円以下とは凄い時代だよな。

こうして本体を取出して眺めてみても、一昔前のネットブック的な安っぽさも無し…まあ、上位モデルやメーカーPCに比べれば多少の質感は落ちるが、PCは性能だしな。

IMG_6581.JPG
□microSD

eMMCの32GBは、OSを含むストレージ領域の為に実際に使用出来る領域は少ない…為か、最初からmicroSDが同梱される。仮想HDDかもありかもしらん…ね。

で、仮想HDD化で32GBは少なかろうし、64か128か…そもそも転送速度はなんぼ…と見たら、地味にClass10でやんの…なら同等かUHSで64GB以上にしからでないとダメ…だな。

IMG_6586.JPG
□グレア

このPCを購入前段で調べたところ、最も評判が悪かったグレア(光沢)ディスプレイ。

blog用にとディスプレイ画像を撮るのであれば映り込みが気になるグレイだが、普通に使用する分にはノングレイよりも暗色、特に黒が綺麗に生えて好きなんだけどねえ。

ま、電源が入ってないと自分がモロ映りするから、カバー付けたままだけども。

IMG_6597.JPG
□セットアップ

さてセットアップを始めますか…ほぼWindows自体のセットアップだな…8以降はMicrosoftのアカウントがある事を前提か…ま、office2016で作っておいたから良いけども。

あ、LAN端子が無いから無線LANが必要か…ルータも側に置いておこう。

IMG_6601.JPG
□一時完了

Windowsの基本設定を終えて…ブラウザはやっぱりEDDGEか。親父の新PCの時と一緒だなあ…とか考えながら、自分のblogへと繋いで見たり画像を壁紙にしてみたり。

さって、ここからカスタマイズ…自分のPCにする為のセットアップを始めよう。

IMG_6605.JPG
□officie系インストール

…と、細かなセットアップの前にoffice系は入れておこう。

Word…はいいかな。でもExcelは入れておかんと趣味的にも厳しいよねえ…物理ドライブのないクラウドブックだとデータDL方式のインストールはありがたいね、うん。

Microsoftアカウントがあれば、シリアルの入力だけでインストール出来るしね。

IMG_6608.JPG
□完成

Excelの他には圧縮解凍ソフト、テキストエディタ等を入れて…ブクマ等をEDDGEに…微妙に使い辛いな、Firefoxに変えようか…等と弄繰り回して概ね完成。

youryou.jpg
□容量

容量的にはこんな感じ…32GBのeMMCの使用可能領域が28.3GBで、OSやプリインストールアプリ等で圧迫されて空き領域が17.3GB…と言うのがほぼ初期値である。

あれ、思ったよりもあるな、初期値での空き領域。直ぐに埋まりそうだけども。

youryou2.jpg
□容量2

んで、Excel等のアプリをインストールして、iphoneを繋いで画像をDLしてみる…おお、凄い勢いで領域が減少していく…空き領域が一気に6GB辺りまで減少。これはキツイ。

HDDでの話にはなるが、総容量の1割はテンポラリに食われるしな。

youryou3.jpg
□最終的に

ここで活躍するのがmicroSDの拡張領域…なんだが、iphoneの画像をDLしただけでこれだけ埋まるか…やはり32GBではストレージとして使えるレベルに無いんだな。

そしてメインストレージは空き領域が12GB…最終的に5GB程度の容量を消費したか。プリ系アプリも削除したんだけどね…Excel2016だけでも3GB以上は食うから、こんなものだろう。

とりあえず、リビングのサブノートとしては必要充分だから、これで良いか。

無線ルータと持ち歩けばどこでもネット環境が整う訳だし、意外と使い易いキーボードのおかげでblogの様な情報発信にも問題は無い…泊まりでのツー等で実力を発揮してくれそうだ。

こうなるとやっぱり、走行を記録してくれるGPSロガーが欲しいなあ、うん。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

【ASUS】 ノートPC?いえいえ、クラウドブックです。 【E200H-8350】 [装備・小物類]

9月10月と例の病気で休暇となったワケで。

9月はまだ半分を有休を消化(今の病院までは傷病が使えないのもあり)と多少は給与があるも、10月は無収入どころか、年金、保険、住民税etcが差し引かれてマイナスに。

ま、そんなワケで緊縮財政真っ最中なのにも関わらず、プチお買い物。

IMG_6567.JPG
□山手通り

現在は目黒近辺での仕事となる為、スーツで電車通勤…世の中としては極スタンダードなのにストレスを感じるのは社会人としれアレなんだろうなあとか思いつつ。

金曜日の夜…明日からお休みということで、山手通りをふらりと歩いてみる。

IMG_6569.JPG
□池上線

実家が池上線沿いにある為、五反田まで歩いて…と思いきや、山手通りを下ると駅的には大崎広小路が近いのか…初めて訪れた駅かもしれないなあ、なんて思いながら。

しかし、池上線もNTT系列に通っていた頃には使用していたのだが、あれから5年…か。すっかりきれいな車体に…あれ、内部は白色じゃなく暖色系の照明に代わってるのか。

IMG_6571.JPG
□実家

実家の飯も相当に久しぶり…共働きでは手間的にコストのある焼き魚をリクエスト。

…おお、そういえばもうさんまの季節…も旬を過ぎた位か。目黒も品川も祭りを終えてるしなあ…今年は本当に季節が判りにくい。夏から秋を飛ばして冬に来たからなあ。

IMG_6573.JPG
□川崎ヨドバシ

ちなみに本日の本命は、川崎はヨドバシ。ここで目を付けたクラウドブックを買いに。

再び池上線へと戻り、蒲田へ…JRは京浜東北線へと乗り換えて、川崎。武蔵小杉の目黒線と南武線ほどでは無いにしろ、ここもまた乗り換えがちと面倒だよなあと思う。

IMG_6576.JPG
□クラウドブック

クラウドブック…てのはアレだ、要するに一昔前のネットブックのクラウド版。

要するにネットを主体とするのは変わらないが、当時より高速となった無線LANを前提、またストレージをクラウド前提とした為、HDが無くeMMCを32GBほど搭載する。

https://www.asus.com/jp/Notebooks/ASUS-Vivobook-E200HA/

購入した機種を知りたければ上記URLから…クラウドブックを知りたければ、各自で調べると良いと思う。まあ、興味がなければ流してよいジャンルだと思うし、ね。

あ、あとクラウドブックの特長としては販売価格が安価…これで実売35,000円程度。

IMG_6588.JPG
□小ネタ

新しいPCをセットアップ…する前に、メインPCからのデータ移行も必要か。

そんなことを考えた矢先に奥様が実家へ帰省為されるとの事…うし、これでリビングっつか40何インチのテレビも独り占めだわ…うん、テレビ?そういえばHDMIが。

…うん、メインPCも省スペース型なんだがHDMIはあるし、もちろんテレビにもある…PS3のHDMIケーブルが余っていたし、TVに繋げば使えるんじゃね?的な…うん、OK。

まあ、TVとディスプレイでは解像度自体が違うし、PCも2,000辺りまでしかサポートしてないし…で、繋いでは見たものの、大画面化は特に意味がなかった気がしないでも。

さてこちらでデータをまとめて、クラウドブックのセットアップをしますかね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
メッセージを送る