So-net無料ブログ作成
検索選択

新雅 軽量クラッチアウター [BW'S125Fi(3rd)]

ひさびさに駆動周りを弄り…ドライブ側が決まったので今度はドリブン側、と。

IMG_0775.JPG
□軽量クラッチアウター

今はプロディジーの重量アウター(純正と同程度?)を使用しているのだが、単純に余っていた社外アウターを純正よりはマシだろうと組付けただけだったので。

んで、レスポンス重視の駆動が好みなオイラは、クラッチアウターを重量タイプから思い切って超軽量タイプへと降ってみる事にする…やり過ぎたと感じた時は戻れば良いし。

さてさて、どうなるのか、新雅の軽量クラッチアウターは。

IMG_0777.JPG
□お店で作業

基本はアパートの駐輪場で作業…なんだけども、この日はそのまま出かける予定があった為、お店で取り付け作業をさせてもらう。工具は使い慣れた自分の工具を持ち込み。

IMG_0778.JPG
□アウター装着

もう見るからに軽そうなスカスカ感!…なんだが、リャンホイの赤いクラッチがちと目立ち過ぎるか…今回の結果が良ければ、こっちも新雅の軽量タイプに変えて見るかな。

IMG_0779.JPG
□駆動

クラッチアウターが…というか、ドリブン側が重ければ、慣性で高速域は伸び易く坂道などモノ歩乗り易い。その反面、軽いアウターは…と聞いていたのだけれども。

少なくとも、聞かされていたデメリットはほぼ体感できず。

それよりも、スロットルにリニアに反応するようになった車体は、明らかに変更前よりの乗り易く楽しい車両になっている。これは軽量に変えて大正解、だったな。

現状でも軽量のクラッチが入っているので、新雅の軽量クラッチに変えてもそう変化はない…食い付き次第だが、良輝のも良く食い付くし大きな変化はないだろう。

でも、こうも気持ちよくなっちゃうと、クラッチも買えたくなるのが性だね。

新雅 軽量クラッチアウター [BW'S125Fi(3rd)]

ひさびさに駆動周りを弄り…ドライブ側が決まったので今度はドリブン側、と。

IMG_0775.JPG
□軽量クラッチアウター

今はプロディジーの重量アウター(純正と同程度?)を使用しているのだが、単純に余っていた社外アウターを純正よりはマシだろうと組付けただけだったので。

んで、レスポンス重視の駆動が好みなオイラは、クラッチアウターを重量タイプから思い切って超軽量タイプへと降ってみる事にする…やり過ぎたと感じた時は戻れば良いし。

さてさて、どうなるのか、新雅の軽量クラッチアウターは。

IMG_0777.JPG
□お店で作業

基本はアパートの駐輪場で作業…なんだけども、この日はそのまま出かける予定があった為、お店で取り付け作業をさせてもらう。工具は使い慣れた自分の工具を持ち込み。

IMG_0778.JPG
□アウター装着

もう見るからに軽そうなスカスカ感!…なんだが、リャンホイの赤いクラッチがちと目立ち過ぎるか…今回の結果が良ければ、こっちも新雅の軽量タイプに変えて見るかな。

IMG_0779.JPG
□駆動

クラッチアウターが…というか、ドリブン側が重ければ、慣性で高速域は伸び易く坂道などモノ歩乗り易い。その反面、軽いアウターは…と聞いていたのだけれども。

少なくとも、聞かされていたデメリットはほぼ体感できず。

それよりも、スロットルにリニアに反応するようになった車体は、明らかに変更前よりの乗り易く楽しい車両になっている。これは軽量に変えて大正解、だったな。

現状でも軽量のクラッチが入っているので、新雅の軽量クラッチに変えてもそう変化はない…食い付き次第だが、良輝のも良く食い付くし大きな変化はないだろう。

でも、こうも気持ちよくなっちゃうと、クラッチも買えたくなるのが性だね。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

引越し完了! [W650('99)]

てなワケで突発的に決まった引越しが完了いたしましたご報告。

IMG_1756.JPG
□引越し

この部屋も安い割にはリノベーションしたばかりでキレイな良い部屋だったんだけどね。

但し、建物の構造が宜しくなかったのと人通りの多い道に面していた為、どうしても治安に不安が残る…男一人ならばよいのだが、奥様の事を考えると長く住むのは、ね。

後はまあ、Bだけならば良いけれども、バイクを止める場所が無いってのは厳しかったしなあ。友人がGOOSEなら入る事を教えてくれたが、出す時の切り返しが大変だったし。

IMG_1774.JPG
□新居

まぁ、そんなこんなで、もう少し治安が良くて、構造もしっかりしていて、以前よりも広い部屋+もう一部屋で、バイクも置けるマンションに引っ越してきましたよっと。

但し、代わりに納戸が無くなったので、その分は増えた部屋とその収納で吸収せねば、なんだけども。あと、クロスバイク。E/gは取りあえずベランダ保存で良いかな。

2016-01-29T22_56_05-6f877.jpg
□kawasaki W650 00

そうそう、次期相棒選定も諸々と悩んだ結果、kawasaki W650となりました。カラーや規制によるパワー減少、二次エア規制…を考慮したところ、初期型の00年式に。

引っ越した週末の翌日に納車された為、まだ半日と乗れてないんだけどね。

引越し完了! [W650('99)]

てなワケで突発的に決まった引越しが完了いたしましたご報告。

IMG_1756.JPG
□引越し

この部屋も安い割にはリノベーションしたばかりでキレイな良い部屋だったんだけどね。

但し、建物の構造が宜しくなかったのと人通りの多い道に面していた為、どうしても治安に不安が残る…男一人ならばよいのだが、奥様の事を考えると長く住むのは、ね。

後はまあ、Bだけならば良いけれども、バイクを止める場所が無いってのは厳しかったしなあ。友人がGOOSEなら入る事を教えてくれたが、出す時の切り返しが大変だったし。

IMG_1774.JPG
□新居

まぁ、そんなこんなで、もう少し治安が良くて、構造もしっかりしていて、以前よりも広い部屋+もう一部屋で、バイクも置けるマンションに引っ越してきましたよっと。

但し、代わりに納戸が無くなったので、その分は増えた部屋とその収納で吸収せねば、なんだけども。あと、クロスバイク。E/gは取りあえずベランダ保存で良いかな。

2016-01-29T22_56_05-6f877.jpg
□kawasaki W650 00

そうそう、次期相棒選定も諸々と悩んだ結果、kawasaki W650となりました。カラーや規制によるパワー減少、二次エア規制…を考慮したところ、初期型の00年式に。

引っ越した週末の翌日に納車された為、まだ半日と乗れてないんだけどね。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

引っ越します。 [BW'S125Fi(3rd)]

今のところに越してきて、ほぼ2年…室内はリノベ済みでキレイなんだが、立地的な問題や居住環境に難がアリ、そろそろ引っ越さんとなぁ…ここ、バイクも置けんしなあ。

春になると物件が埋まりそうだから、早めに探しておいて…。

IMG_1464.JPG
□梱包資材

…と探していたところ、ちょうとそこそこ良い物件が見つかり、また、リノベったばかりの綺麗なお部屋が今ならとってもお得♪と言う事で探しに出たその日にスピード契約。

急すぎてかなりタイトなスケジュールに苛まれ、ちょいちょい辛い日々。

IMG_1539.JPG
□駐輪場

今回の物件にはきちんと駐輪場がアリ…それだけでは自転車と並べられる危険もある為、オーナーへと交渉してBと大型バイクの駐輪スペースを確保してもらう事を確約。

ここにカラーコーンとパイプを並べて、駐輪スペースを確保の予定。

IMG_1463.JPG
□引越し費用

色々とつてを頼った結果、引っ越し代はここまで落ちたものの、やっぱり引っ越しはお金が掛かるよねえ。敷金礼金、前払いの家賃にその他諸々…しばらくはバイクも弄れん。

…てなワケで、お金、時間、そして引越しによる住環境の変化…通信環境の整備に時間が掛かる為、ちとこのblogはお休みする事になるかもしれませんが、元気で生きてます。

気になる方は、はちカラ(http://gz-one.blog.so-net.ne.jp/)を見て頂けると生存確認が可能です。

引っ越します。 [BW'S125Fi(3rd)]

今のところに越してきて、ほぼ2年…室内はリノベ済みでキレイなんだが、立地的な問題や居住環境に難がアリ、そろそろ引っ越さんとなぁ…ここ、バイクも置けんしなあ。

春になると物件が埋まりそうだから、早めに探しておいて…。

IMG_1464.JPG
□梱包資材

…と探していたところ、ちょうとそこそこ良い物件が見つかり、また、リノベったばかりの綺麗なお部屋が今ならとってもお得♪と言う事で探しに出たその日にスピード契約。

急すぎてかなりタイトなスケジュールに苛まれ、ちょいちょい辛い日々。

IMG_1539.JPG
□駐輪場

今回の物件にはきちんと駐輪場がアリ…それだけでは自転車と並べられる危険もある為、オーナーへと交渉してBと大型バイクの駐輪スペースを確保してもらう事を確約。

ここにカラーコーンとパイプを並べて、駐輪スペースを確保の予定。

IMG_1463.JPG
□引越し費用

色々とつてを頼った結果、引っ越し代はここまで落ちたものの、やっぱり引っ越しはお金が掛かるよねえ。敷金礼金、前払いの家賃にその他諸々…しばらくはバイクも弄れん。

…てなワケで、お金、時間、そして引越しによる住環境の変化…通信環境の整備に時間が掛かる為、ちとこのblogはお休みする事になるかもしれませんが、元気で生きてます。

気になる方は、はちカラ(http://gz-one.blog.so-net.ne.jp/)を見て頂けると生存確認が可能です。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

まさかのW650? [BW'S125Fi(3rd)]

07と09を比較してみたり、さらにWへ戻ったりと右往左往する中。

06_b.jpg
□W650

いまさらながらに、W650が浮上してみたりする。

理由は単純にデザイン…W650とW800はほぼ同形状なのだが、タンクとサイドカバーのデザインが異なり、800が余り好みで無かったりする…というのが一つ。

13ej800adf_blk_sltl.jpg
□W800

まずタンクのデザインが、800はクラシカル路線と言うよりも650との差異を出す為か、エストレアみたいなデザインとなっている。エンブレムもWを強調し過ぎである。

加えて、パッドがデカい…のは感覚なのか、実測はしていないが、タンク上で必要以上に主張されて感じられるのもちと苦手と言うか。厚みも有る様に感じてちと苦手。

あとは、ヘッドライトカバー(リムより後ろ側)がタンクと同色に塗られているのも。ここは650の様に素直に鍍金で良いのに、ボディと同色…ああ、サイドカバーも。

上記により、800はカラーがタンク、サイドカバー、ライトケース、と統一されているのだが、逆に好みのカラーがほぼ無い為にむしろ、苦手なカラーが散りばめられる。

c9cc4679.jpg
□2015年式 W800

そして、このグリーンは悪くないが、他の色はちょっと…なぁと。

ちなみに2016年現在は、同デザインのブルー(紺)な為、在庫車か中古で探す他無く、どちらも年式が半端に新しい為に妙に高額だったりする上に球数が物凄く少ない。

そんなもやもやを抱え650を見ていると、デザインはこちらの方が好みだなあ、と。

排気量至上主義ではないが、MT09とMT07があれば09だろうと考えるし、上位があるモデルで下位を購入するのは相当な思い入れが無いと後に後悔を生むと思っている。

MTが09は3気筒、07は2気筒と…という違うE/g形式なのに対し、ほぼ同じE/gである。

ただ、同じだけに大きな差は無いのかもしれない、とも考え始める。パワー及び回転数は変わらないし、トルクこそ排気量依存だから大きいがアメリカンに乗りたい訳じゃない。

ましてや、パワーやトルクを語るならば、MT-09とは比較にすらならない。

じゃあ、何を比べているの?と考えた時に、意味が無い事に気が付いた。そしてこのクラシカルなデザインに惚れたなら、より好みなデザインの650ではないか、とも。

後は燃料供給がインジェクションでは無く、キャブレターと言うのも好感が持てる。毎日の通勤ならば安定性の高いFiだが、趣味の車両ならばキャブの方が良いからなあ。

そんな理由から、W650が急浮上した現在だったりする。

まさかのW650? [BW'S125Fi(3rd)]

07と09を比較してみたり、さらにWへ戻ったりと右往左往する中。

06_b.jpg
□W650

いまさらながらに、W650が浮上してみたりする。

理由は単純にデザイン…W650とW800はほぼ同形状なのだが、タンクとサイドカバーのデザインが異なり、800が余り好みで無かったりする…というのが一つ。

13ej800adf_blk_sltl.jpg
□W800

まずタンクのデザインが、800はクラシカル路線と言うよりも650との差異を出す為か、エストレアみたいなデザインとなっている。エンブレムもWを強調し過ぎである。

加えて、パッドがデカい…のは感覚なのか、実測はしていないが、タンク上で必要以上に主張されて感じられるのもちと苦手と言うか。厚みも有る様に感じてちと苦手。

あとは、ヘッドライトカバー(リムより後ろ側)がタンクと同色に塗られているのも。ここは650の様に素直に鍍金で良いのに、ボディと同色…ああ、サイドカバーも。

上記により、800はカラーがタンク、サイドカバー、ライトケース、と統一されているのだが、逆に好みのカラーがほぼ無い為にむしろ、苦手なカラーが散りばめられる。

c9cc4679.jpg
□2015年式 W800

そして、このグリーンは悪くないが、他の色はちょっと…なぁと。

ちなみに2016年現在は、同デザインのブルー(紺)な為、在庫車か中古で探す他無く、どちらも年式が半端に新しい為に妙に高額だったりする上に球数が物凄く少ない。

そんなもやもやを抱え650を見ていると、デザインはこちらの方が好みだなあ、と。

排気量至上主義ではないが、MT09とMT07があれば09だろうと考えるし、上位があるモデルで下位を購入するのは相当な思い入れが無いと後に後悔を生むと思っている。

MTが09は3気筒、07は2気筒と…という違うE/g形式なのに対し、ほぼ同じE/gである。

ただ、同じだけに大きな差は無いのかもしれない、とも考え始める。パワー及び回転数は変わらないし、トルクこそ排気量依存だから大きいがアメリカンに乗りたい訳じゃない。

ましてや、パワーやトルクを語るならば、MT-09とは比較にすらならない。

じゃあ、何を比べているの?と考えた時に、意味が無い事に気が付いた。そしてこのクラシカルなデザインに惚れたなら、より好みなデザインの650ではないか、とも。

後は燃料供給がインジェクションでは無く、キャブレターと言うのも好感が持てる。毎日の通勤ならば安定性の高いFiだが、趣味の車両ならばキャブの方が良いからなあ。

そんな理由から、W650が急浮上した現在だったりする。
nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

KOSOサブフレーム、継承。 [BW'S125Fi(3rd)]

唐突に、そろそろサブフレームを付けても良いんじゃね?それだけの車体に仕上がったんじゃね?と思いついて突発的な作業…は無理があったんだなぁと痛感する今回。

そもそも、平日に作業しようってのが無理なんだよなぁと痛感した本日。

IMG_0725.JPG
□塗装

2代目…ではなく、実は初代のインナーカウル。サブフレーム用にカウルに円形の穴が開いているこのカウル…流石に色落ちも見えたので、PBで軽く塗っておくことに。

ちなみこれ、出社前6時頃に作業している時の画像だったりする。

IMG_0730.JPG
□健康診断

普段の平日なら無理…18時が定時で帰宅して…となると11月も半ばなこの時期は真っ暗なのだが、午後から健康診断でその後は直帰…の今日なら、行けるのでは、と。

みなとみらいから新橋、新橋から…となると早く終わっても、帰宅は…ね。

IMG_0732.JPG
□作業開始

それなのに、勢いに任せてカウル類を剥いでいく…構造的にフロントはもちろん、リアまでまるっと外装を剥ぐこの工程を平日に行ったのは、さすがに無理があったなぁ。

地味にステップボードのタッピングネジを何十本も外すだけで、それなりに時間が経過。フロントカウルをまくった辺りで、既にほんのりと後悔していたのは内緒。

IMG_0734.JPG
□KOSO サブフレーム

初代から引き継がれてきたサブフレーム。ある意味、これが伝統とも言えるパーツ。

IMG_0735.JPG
□フロント

以前にも載せたのだが、フロント側のフレームは固定できる部分がここしかないので設置は簡単…に思えて、配線の合間に指を入れてネジを回す作業はそれなりに難しい。

IMG_0737.JPG
□リア

こちらは本来、シートステーをバラして組み直すのだが、組み直したものをそのまま載せ替えるだけなのでそれなりに簡単…タンクの固定を外さないといけないのがちと面倒。

IMG_0739.JPG
□仮組

そして、フロントとリアの固定が終わったところで、つっかえ棒となるサブフレームを装着してみる…うし、真っ直ぐは出たので本格的に両端を締め込んで固定する。

IMG_0740.JPG
□カウル取付

但し、この時点ではインナーカウルが無い為、もう一度サブフレーム本体のみを緩めて取り外し、間に合わせるように、ステップボードを持ち上げてインナーカウルを装着。

IMG_0742.JPG
□本組

そしてサブフレームを再び取り付けて、長さと位置を調整して、アルマイトを掛けたナットで固定して…うし、これでサブフレームの装着が完了!までは良かったんだが。

IMG_0745.JPG
□轟沈

この時点でもう、既に17時が近く片付けながら組付けを進めると、どんどんと日が落ちていく11月の夕方…肌寒さもマックスで、もう全て投げ出したくなる初頭の夕暮れ。

でもここで投げ出すと、明日、電車で行く羽目になるんだよなぁ…と奮闘する。

なんとか動けるまでには組み直し、固定も最低限のところまで戻して、何とか部屋に戻り、暑い風呂に入って生き返る…週末が雨とは言え、無理をし過ぎたなぁと痛感。

IMG_0753.JPG
□完成

しかも、作業をしたのが水曜日…翌日は普通に木曜日でフルタイム出勤。

眠い目と怠い身体に鞭を打って出勤…の合間に、車体全景を撮影。…ん、やっぱりサブフは車体のイメージを大きく変えてくれるね。たった一本の棒でこんなにもレーシーに。

…は良いんだが、この日も20時過ぎまで残業で。心から自分の迂闊さを呪ったり。

KOSOサブフレーム、継承。 [BW'S125Fi(3rd)]

唐突に、そろそろサブフレームを付けても良いんじゃね?それだけの車体に仕上がったんじゃね?と思いついて突発的な作業…は無理があったんだなぁと痛感する今回。

そもそも、平日に作業しようってのが無理なんだよなぁと痛感した本日。

IMG_0725.JPG
□塗装

2代目…ではなく、実は初代のインナーカウル。サブフレーム用にカウルに円形の穴が開いているこのカウル…流石に色落ちも見えたので、PBで軽く塗っておくことに。

ちなみこれ、出社前6時頃に作業している時の画像だったりする。

IMG_0730.JPG
□健康診断

普段の平日なら無理…18時が定時で帰宅して…となると11月も半ばなこの時期は真っ暗なのだが、午後から健康診断でその後は直帰…の今日なら、行けるのでは、と。

みなとみらいから新橋、新橋から…となると早く終わっても、帰宅は…ね。

IMG_0732.JPG
□作業開始

それなのに、勢いに任せてカウル類を剥いでいく…構造的にフロントはもちろん、リアまでまるっと外装を剥ぐこの工程を平日に行ったのは、さすがに無理があったなぁ。

地味にステップボードのタッピングネジを何十本も外すだけで、それなりに時間が経過。フロントカウルをまくった辺りで、既にほんのりと後悔していたのは内緒。

IMG_0734.JPG
□KOSO サブフレーム

初代から引き継がれてきたサブフレーム。ある意味、これが伝統とも言えるパーツ。

IMG_0735.JPG
□フロント

以前にも載せたのだが、フロント側のフレームは固定できる部分がここしかないので設置は簡単…に思えて、配線の合間に指を入れてネジを回す作業はそれなりに難しい。

IMG_0737.JPG
□リア

こちらは本来、シートステーをバラして組み直すのだが、組み直したものをそのまま載せ替えるだけなのでそれなりに簡単…タンクの固定を外さないといけないのがちと面倒。

IMG_0739.JPG
□仮組

そして、フロントとリアの固定が終わったところで、つっかえ棒となるサブフレームを装着してみる…うし、真っ直ぐは出たので本格的に両端を締め込んで固定する。

IMG_0740.JPG
□カウル取付

但し、この時点ではインナーカウルが無い為、もう一度サブフレーム本体のみを緩めて取り外し、間に合わせるように、ステップボードを持ち上げてインナーカウルを装着。

IMG_0742.JPG
□本組

そしてサブフレームを再び取り付けて、長さと位置を調整して、アルマイトを掛けたナットで固定して…うし、これでサブフレームの装着が完了!までは良かったんだが。

IMG_0745.JPG
□轟沈

この時点でもう、既に17時が近く片付けながら組付けを進めると、どんどんと日が落ちていく11月の夕方…肌寒さもマックスで、もう全て投げ出したくなる初頭の夕暮れ。

でもここで投げ出すと、明日、電車で行く羽目になるんだよなぁ…と奮闘する。

なんとか動けるまでには組み直し、固定も最低限のところまで戻して、何とか部屋に戻り、暑い風呂に入って生き返る…週末が雨とは言え、無理をし過ぎたなぁと痛感。

IMG_0753.JPG
□完成

しかも、作業をしたのが水曜日…翌日は普通に木曜日でフルタイム出勤。

眠い目と怠い身体に鞭を打って出勤…の合間に、車体全景を撮影。…ん、やっぱりサブフは車体のイメージを大きく変えてくれるね。たった一本の棒でこんなにもレーシーに。

…は良いんだが、この日も20時過ぎまで残業で。心から自分の迂闊さを呪ったり。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

NCY ダイレクトイグニッション 装着! [BW'S125Fi(3rd)]

自分の名義で所有したバイク以外も含めれば、相当な数の車両に乗ってきたこの25年近く…で、当然ながら、どの車両もそれなりに弄ってきたわけだけれども。

電装系って眉唾と言うかオカルトと言うか、体感できたものがほぼ無いんだよねえ。

一部のアレなパーツ類を除けば、確かに理論上は正しい…ってのは多いのだが、体感に繋がるものはほぼない。70年代以前のベースが弱い車両はともかく現代の車両には。

小型のスクーターなんかだともまだ、基本設計でアースが弱かったりはするけども。

IMG_0646.JPG
□ダイレクトイグニッション

…と悩んではいたものの、購入しちゃいましたNCYのダイレクトイグニッション。ちょうどプラグケーブルを変えようと思っていたし、特価+ポイントで4,000円程度だし。

IMG_0649.JPG
□内容物確認

プラグコードレスでコイルからダイレクト!ってのが売りだけあり、一体化したコイル&プラグキャップに、コイルまでの配線と本体を固定するステーのみ。

IMG_0654.JPG
□配線

シグ&Bは純正コイルに伸びる線が平型ギボシなので、こちらの配線も同様に加工…大した手間でもない上に、もう車種専用で決まってるんだから加工済みで売れば良いのに。

電工ペンチを持たない人も多いだろうし、平型は使用頻度が高くないから無駄になるし。

IMG_0657.JPG
□謎ケーブル

今回の作業の起因となったのがこのケーブル…すげぇグラッグラでちゃんとプラグに接触しているのか非常に不安。E/gが掛かるから、最低限のレベルでは問題無いのだが。

キチンと接触して点火の際にロスが無いかと言うと非常に不安であぁこれ。

IMG_0667.JPG
□装着

装着方法は、コイルに来ている配線と先ほどの配線を繋ぎ合わせ、コイル+キャップな本体へと接続してプラグに被せる…んで、ヘッドカバーと共締めしてステーで固定する。

取付自体は非常に簡単…なんだが、はてさて、変化はどうだろう…?

と、スターターを押し込むと心なしかいつもより元気に掛かるE/g。ほぉと思いながら回して行くと、トルク感が増している…上まで回すと分からないが、下は、ある。

おおお。ひさしぶりに電装で当りを引いたか?と思うが比較対象が無くてなあ。

元々、不安の残るプラグコード除去の為だったので、これが+に働いているという確信が持てん。でも確実に良くなったので作業としては正解、と言えるだろうと思う。

ヤマハ系のスクーターはなぜか、プラグキャップが抜け易い(Gアクシス等走行中に外れる)から、がっつりプラグごと固定出来るだけども、メリットはあると思うけどね。

過去に一度、プラグが緩んで抜けて、E/g不動になったことがあったしな。

NCY ダイレクトイグニッション 装着! [BW'S125Fi(3rd)]

自分の名義で所有したバイク以外も含めれば、相当な数の車両に乗ってきたこの25年近く…で、当然ながら、どの車両もそれなりに弄ってきたわけだけれども。

電装系って眉唾と言うかオカルトと言うか、体感できたものがほぼ無いんだよねえ。

一部のアレなパーツ類を除けば、確かに理論上は正しい…ってのは多いのだが、体感に繋がるものはほぼない。70年代以前のベースが弱い車両はともかく現代の車両には。

小型のスクーターなんかだともまだ、基本設計でアースが弱かったりはするけども。

IMG_0646.JPG
□ダイレクトイグニッション

…と悩んではいたものの、購入しちゃいましたNCYのダイレクトイグニッション。ちょうどプラグケーブルを変えようと思っていたし、特価+ポイントで4,000円程度だし。

IMG_0649.JPG
□内容物確認

プラグコードレスでコイルからダイレクト!ってのが売りだけあり、一体化したコイル&プラグキャップに、コイルまでの配線と本体を固定するステーのみ。

IMG_0654.JPG
□配線

シグ&Bは純正コイルに伸びる線が平型ギボシなので、こちらの配線も同様に加工…大した手間でもない上に、もう車種専用で決まってるんだから加工済みで売れば良いのに。

電工ペンチを持たない人も多いだろうし、平型は使用頻度が高くないから無駄になるし。

IMG_0657.JPG
□謎ケーブル

今回の作業の起因となったのがこのケーブル…すげぇグラッグラでちゃんとプラグに接触しているのか非常に不安。E/gが掛かるから、最低限のレベルでは問題無いのだが。

キチンと接触して点火の際にロスが無いかと言うと非常に不安であぁこれ。

IMG_0667.JPG
□装着

装着方法は、コイルに来ている配線と先ほどの配線を繋ぎ合わせ、コイル+キャップな本体へと接続してプラグに被せる…んで、ヘッドカバーと共締めしてステーで固定する。

取付自体は非常に簡単…なんだが、はてさて、変化はどうだろう…?

と、スターターを押し込むと心なしかいつもより元気に掛かるE/g。ほぉと思いながら回して行くと、トルク感が増している…上まで回すと分からないが、下は、ある。

おおお。ひさしぶりに電装で当りを引いたか?と思うが比較対象が無くてなあ。

元々、不安の残るプラグコード除去の為だったので、これが+に働いているという確信が持てん。でも確実に良くなったので作業としては正解、と言えるだろうと思う。

ヤマハ系のスクーターはなぜか、プラグキャップが抜け易い(Gアクシス等走行中に外れる)から、がっつりプラグごと固定出来るだけども、メリットはあると思うけどね。

過去に一度、プラグが緩んで抜けて、E/g不動になったことがあったしな。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

スクーターmtgがございまして。 [次期相棒選定]

12月の日曜日、世田谷ナップスで友人がmtgを開催。

基本はシグナスだけれども、原二スクーターならなんでもOK!とのお達しだったので、次期相棒選定が煮詰まっていた気晴らしに、参加させてもらう。

IMG_1431.JPG
□スクミー

オレンジ先生やヤスさんなどのイーチ常連メンバーに、見知らぬ顔が幾人か…気晴らし程度に出かけたので、今回は知っている人と主催の友人にご挨拶して店内をウロウロ。

…していたところ、SP忠男がブースを出しており、そのデモ車が…ね。

IMG_1437.JPG
□SP忠男

ちょうどまた、MT-09…と並べて、07があっちゃったりしてなぁ…しかも、こちらが07のE/gを掛けて音を聞いてる最中に他の人が、09のE/gをかけちゃったりしてもう。

両車の音を同時に聞いた瞬間、ああ、07は…パラツインはねぇなって。

IMG_1440.JPG
□SP忠男

そして、アクラレーシングラインのように、準静と同位置のマフラー以外は…と思ってたんだけども、ショートサイレンサーはありだな、と認識を新たにしてくれたマフラー。

ただし、カーボンサイレンサーに限る…かな。忠男の従来のGPサイレンサーはありえないし、カーボンもオーバルだから良いので真円だとちょっと厳しいかも。

IMG_1443.JPG
□濃厚鶏白湯

いろいろと思うことがあり…脳が煮詰まってきたのと、12月の寒さに屋外がきつくなってきたこと、加えて空腹に耐えられなくなったのでミーティングをリタイア。

主催するとわかるけども、このままメシに!ってなり辛いからね、大勢だと。なので空腹MAX状態でリタイアし、一人で学芸大学へ濃厚鳥白湯を食べに。

IMG_1447.JPG
□お荷物便

来月のお引越しに備えて、帰り際にアストロプロダクツでお買い物…したは良いが、どうやってもステップボードには乗らないし、どうすべ…とタイバンドを購入して固定。

微妙に座る位置が前寄りとなり、腰を痛めながらに走行して帰宅。

今日は次期相棒のことを考えずに…気晴らしと思いきや、むしろその方向性を決定する様なイベントになっちゃったなぁ…これであらためてWかMTかの二択、か。

ちなみ現状、7:3位でMT-09が優勢な状況…果たしてこれは入れ替わるのか?

スクーターmtgがございまして。 [次期相棒選定]

12月の日曜日、世田谷ナップスで友人がmtgを開催。

基本はシグナスだけれども、原二スクーターならなんでもOK!とのお達しだったので、次期相棒選定が煮詰まっていた気晴らしに、参加させてもらう。

IMG_1431.JPG
□スクミー

オレンジ先生やヤスさんなどのイーチ常連メンバーに、見知らぬ顔が幾人か…気晴らし程度に出かけたので、今回は知っている人と主催の友人にご挨拶して店内をウロウロ。

…していたところ、SP忠男がブースを出しており、そのデモ車が…ね。

IMG_1437.JPG
□SP忠男

ちょうどまた、MT-09…と並べて、07があっちゃったりしてなぁ…しかも、こちらが07のE/gを掛けて音を聞いてる最中に他の人が、09のE/gをかけちゃったりしてもう。

両車の音を同時に聞いた瞬間、ああ、07は…パラツインはねぇなって。

IMG_1440.JPG
□SP忠男

そして、アクラレーシングラインのように、準静と同位置のマフラー以外は…と思ってたんだけども、ショートサイレンサーはありだな、と認識を新たにしてくれたマフラー。

ただし、カーボンサイレンサーに限る…かな。忠男の従来のGPサイレンサーはありえないし、カーボンもオーバルだから良いので真円だとちょっと厳しいかも。

IMG_1443.JPG
□濃厚鶏白湯

いろいろと思うことがあり…脳が煮詰まってきたのと、12月の寒さに屋外がきつくなってきたこと、加えて空腹に耐えられなくなったのでミーティングをリタイア。

主催するとわかるけども、このままメシに!ってなり辛いからね、大勢だと。なので空腹MAX状態でリタイアし、一人で学芸大学へ濃厚鳥白湯を食べに。

IMG_1447.JPG
□お荷物便

来月のお引越しに備えて、帰り際にアストロプロダクツでお買い物…したは良いが、どうやってもステップボードには乗らないし、どうすべ…とタイバンドを購入して固定。

微妙に座る位置が前寄りとなり、腰を痛めながらに走行して帰宅。

今日は次期相棒のことを考えずに…気晴らしと思いきや、むしろその方向性を決定する様なイベントになっちゃったなぁ…これであらためてWかMTかの二択、か。

ちなみ現状、7:3位でMT-09が優勢な状況…果たしてこれは入れ替わるのか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

クランクケース塗装。 [BW'S125Fi(3rd)]

前回のポスト交換と同様、あまりお金かけない方向でのカスタム。

最近、B以外にもちょいちょいお金の掛かる事が多く、Bには中々、お金を掛けられないんだよねえ…でも、弄りたいんだよね。こうして弄繰り回すのも趣味の一つだから。

NCM_0277.JPG
□純正無加工クランクケース

で、どうにかしたいなぁと思いつつも、普段、目に入らない(サイドスタンドで停車すると車体左側下部は見えない)為、放置していたクランクケースカバーをば。

とりあえず、純正のスポンジカバーとメッシュの組み合わせにはしてたけども。

NCM_0172.JPG
□赤かりし頃

ちなみにシグナスと違って、Bはケースの表面が梨地っぽい感じに処理がされており、そのまま装着しても恥ずかしくは無いのね。それに甘えて放置してったのもあるけども。

シグは新車の時点でもここが何の加工も無い為に、汚いからなあ。

IMG_0638.JPG
□ホイールカラー

で、前回は適当なラッカースプレーを使用したのだけれども、足付けしてないのと塗料を選ばなかった為に、軽く擦るだけでも簡単に剥がれる仕様だったので。

今回は足付け無しでも使用可能と言われ、車のホイール用のカラーを買ってきました。ホムセンにあるラッカーの1.5倍から2倍くらいのお値段なんだけども、さてさて。

IMG_0637.JPG
□塗装準備

クランクケースを外して、クリーナーで脱脂して、ジャッキを塗装スタンド代わりにして…さて、塗装してみますかね。ちなみにカラーはマットブラック。

IMG_0648.JPG
□塗装完了

何度か薄く塗り重ねて、塗装が完了!…しばらくは室内で保管して塗膜の完了を待つ。

IMG_0679.JPG
□イマイチ

乾いてきた頃を見計らって、車体から外していたスポンジカバーやらメッシュやら、ボルト&カラー類を戻していく…うん、黒くなるとボルト対が目立つ…が、カバーがな。

IMG_0680.JPG
□2,500円

じゃあ、ここだけでもちょっとお金を掛けましょう…と、この状態からクロスでイーチさんまでお買い物に…2,500円でスポンジカバー社外品…純正加工品をゲットしてくる。

IMG_0683.JPG
□意外と

クロームメッキなんだが、袋から出してみると思いの外、キラキラ感が目だつ。…ん、んー。ま、車体につけてみないと分からんか。しかしプラ鍍金だけでお値段3倍かあ。

IMG_0684.JPG
□こうして見ると

…うん、こうして見ると悪くない、悪くない。全体がマットに変わっているし、スポンジがステンメッシュになっているから、それなりに良いアクセントになってる。

IMG_0686.JPG
□装着完了

車体に取り付けて見るとこんな感じ…うん、E/gケース本体がシルバーだからカバー感は出ちゃうけれども、本体との色合いが違うのは以前から同じだし、純正もそうだし。

逆に目立っても問題の無い落ち着いたカラーにしたので、それだけでもスッキリ。

それにこうして見ると、純正ではほとんど分からなかったデザインボルト&ガンメタリックのカラーが浮き上がってそれなりにカスタム感も出てきて、良い感じに。

画像一枚目の状態に比べればはるかに良い…が、あとはどれだけこれを維持できるか。

クランクケース塗装。 [BW'S125Fi(3rd)]

前回のポスト交換と同様、あまりお金かけない方向でのカスタム。

最近、B以外にもちょいちょいお金の掛かる事が多く、Bには中々、お金を掛けられないんだよねえ…でも、弄りたいんだよね。こうして弄繰り回すのも趣味の一つだから。

NCM_0277.JPG
□純正無加工クランクケース

で、どうにかしたいなぁと思いつつも、普段、目に入らない(サイドスタンドで停車すると車体左側下部は見えない)為、放置していたクランクケースカバーをば。

とりあえず、純正のスポンジカバーとメッシュの組み合わせにはしてたけども。

NCM_0172.JPG
□赤かりし頃

ちなみにシグナスと違って、Bはケースの表面が梨地っぽい感じに処理がされており、そのまま装着しても恥ずかしくは無いのね。それに甘えて放置してったのもあるけども。

シグは新車の時点でもここが何の加工も無い為に、汚いからなあ。

IMG_0638.JPG
□ホイールカラー

で、前回は適当なラッカースプレーを使用したのだけれども、足付けしてないのと塗料を選ばなかった為に、軽く擦るだけでも簡単に剥がれる仕様だったので。

今回は足付け無しでも使用可能と言われ、車のホイール用のカラーを買ってきました。ホムセンにあるラッカーの1.5倍から2倍くらいのお値段なんだけども、さてさて。

IMG_0637.JPG
□塗装準備

クランクケースを外して、クリーナーで脱脂して、ジャッキを塗装スタンド代わりにして…さて、塗装してみますかね。ちなみにカラーはマットブラック。

IMG_0648.JPG
□塗装完了

何度か薄く塗り重ねて、塗装が完了!…しばらくは室内で保管して塗膜の完了を待つ。

IMG_0679.JPG
□イマイチ

乾いてきた頃を見計らって、車体から外していたスポンジカバーやらメッシュやら、ボルト&カラー類を戻していく…うん、黒くなるとボルト対が目立つ…が、カバーがな。

IMG_0680.JPG
□2,500円

じゃあ、ここだけでもちょっとお金を掛けましょう…と、この状態からクロスでイーチさんまでお買い物に…2,500円でスポンジカバー社外品…純正加工品をゲットしてくる。

IMG_0683.JPG
□意外と

クロームメッキなんだが、袋から出してみると思いの外、キラキラ感が目だつ。…ん、んー。ま、車体につけてみないと分からんか。しかしプラ鍍金だけでお値段3倍かあ。

IMG_0684.JPG
□こうして見ると

…うん、こうして見ると悪くない、悪くない。全体がマットに変わっているし、スポンジがステンメッシュになっているから、それなりに良いアクセントになってる。

IMG_0686.JPG
□装着完了

車体に取り付けて見るとこんな感じ…うん、E/gケース本体がシルバーだからカバー感は出ちゃうけれども、本体との色合いが違うのは以前から同じだし、純正もそうだし。

逆に目立っても問題の無い落ち着いたカラーにしたので、それだけでもスッキリ。

それにこうして見ると、純正ではほとんど分からなかったデザインボルト&ガンメタリックのカラーが浮き上がってそれなりにカスタム感も出てきて、良い感じに。

画像一枚目の状態に比べればはるかに良い…が、あとはどれだけこれを維持できるか。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

ハンドル交換。 [BW'S125Fi(3rd)]

以前から気になっていたパーツが到着し、あわせてハンドル交換もしたろう、と。

IMG_0485.JPG
□ハンドルポスト&ブレーキマスターシリンダーカバー。

数年前までは普通に手に入ったと思うんだが、今ではもうどこにもないのなあ。オクでは見かけるけども、全て台湾送料とセット…それもホントにあるんだかっていう状況。

そんなところに、程度の良い中古を見つけたので即ゲット!

IMG_0605.JPG
□ポスト周り分解

んで、ポストを変えるまでは…と使っていた、Daytonaのライドバーも併せて取り外し。乗り易のだが…多少は乗り難くなってでも、もうちょい低めのハンドルが良いから。

IMG_0606.JPG
□ハンドル比較

こうして見ると長さも高さも垂れ方も全く違うねえ。画像じゃ分かり難いけども、結構、短くなる…ロー&タイトなハンドルを左右で1.5cmずつ切り詰めてるからね。

でもクランプ部短めで操作部が長めのハンドルだから、行けるハズ。

IMG_0607.JPG
□組付け

そして組み付け…うん、良い感じ。マットブラックなハンドルって好きだなあ。

シルバーのハンドルだと埋もれるポストも、こうして見るといかにも社外品ぽくて格好良いね。ポストっつか単純にポストカバーだけなんだけどね。それでも、イイ。

IMG_0617.JPG
□とりま完成

調整が必要な部分は済ませて置いたので、後はグリップとミラーとバーエンド…ああ、メーター類があったか。とりま前回のクランプを使用して取り付ける。

…んー。ちょっと格好悪いなぁコレ。でも、純正メータとの干渉がなあ。

IMG_0609.JPG
□車体全景

こうして横から見ちゃうと分かんないな。実際、マウント位置がかなり下になってるから、大分低いハンドルのハズなんだけどね…まぁ、ハンドル周りは分かり難いか。

IMG_0628.JPG
□夜間視認

会社から帰宅して撮影…したんだが、やっぱり純正のメインメータから、社外の補器メータが遠いと格好悪い…っつか、視線移動が無駄に多くて見辛い…ダメだなコレ。

IMG_0640.JPG
□やり直し

そんな訳で各ステー&クランプの位置を見直して調整、ステーはかなり大幅に加工して配線もキレイにレイアウト…また、ステップ廻りがアルミ粉だらけだなぁ。

IMG_0639.JPG
□完了

サブメータを近づけ、純正メータより少しだけ手前に角度をつける事により、見易さと格好良さをアップ…実はすげぇ時間かけて試行錯誤したのは内緒。凝り過ぎた。

ちなみにハンド変更の感想は最初は違和感を感じたものの、今ではすっかり馴染んでる。少し手前にマウントするKOSOポストでぴったりだったから、ちと心配だったのだが。

低くマウントできた分、ちょっと寝かし込み易くはなったかな。

ハンドル交換。 [BW'S125Fi(3rd)]

以前から気になっていたパーツが到着し、あわせてハンドル交換もしたろう、と。

IMG_0485.JPG
□ハンドルポスト&ブレーキマスターシリンダーカバー。

数年前までは普通に手に入ったと思うんだが、今ではもうどこにもないのなあ。オクでは見かけるけども、全て台湾送料とセット…それもホントにあるんだかっていう状況。

そんなところに、程度の良い中古を見つけたので即ゲット!

IMG_0605.JPG
□ポスト周り分解

んで、ポストを変えるまでは…と使っていた、Daytonaのライドバーも併せて取り外し。乗り易のだが…多少は乗り難くなってでも、もうちょい低めのハンドルが良いから。

IMG_0606.JPG
□ハンドル比較

こうして見ると長さも高さも垂れ方も全く違うねえ。画像じゃ分かり難いけども、結構、短くなる…ロー&タイトなハンドルを左右で1.5cmずつ切り詰めてるからね。

でもクランプ部短めで操作部が長めのハンドルだから、行けるハズ。

IMG_0607.JPG
□組付け

そして組み付け…うん、良い感じ。マットブラックなハンドルって好きだなあ。

シルバーのハンドルだと埋もれるポストも、こうして見るといかにも社外品ぽくて格好良いね。ポストっつか単純にポストカバーだけなんだけどね。それでも、イイ。

IMG_0617.JPG
□とりま完成

調整が必要な部分は済ませて置いたので、後はグリップとミラーとバーエンド…ああ、メーター類があったか。とりま前回のクランプを使用して取り付ける。

…んー。ちょっと格好悪いなぁコレ。でも、純正メータとの干渉がなあ。

IMG_0609.JPG
□車体全景

こうして横から見ちゃうと分かんないな。実際、マウント位置がかなり下になってるから、大分低いハンドルのハズなんだけどね…まぁ、ハンドル周りは分かり難いか。

IMG_0628.JPG
□夜間視認

会社から帰宅して撮影…したんだが、やっぱり純正のメインメータから、社外の補器メータが遠いと格好悪い…っつか、視線移動が無駄に多くて見辛い…ダメだなコレ。

IMG_0640.JPG
□やり直し

そんな訳で各ステー&クランプの位置を見直して調整、ステーはかなり大幅に加工して配線もキレイにレイアウト…また、ステップ廻りがアルミ粉だらけだなぁ。

IMG_0639.JPG
□完了

サブメータを近づけ、純正メータより少しだけ手前に角度をつける事により、見易さと格好良さをアップ…実はすげぇ時間かけて試行錯誤したのは内緒。凝り過ぎた。

ちなみにハンド変更の感想は最初は違和感を感じたものの、今ではすっかり馴染んでる。少し手前にマウントするKOSOポストでぴったりだったから、ちと心配だったのだが。

低くマウントできた分、ちょっと寝かし込み易くはなったかな。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

MT-07と言う可能性 その2 [BW'S125Fi(3rd)]

財政その他もろもろの事情によりMT-07によろめく…と言う前回のあらすじ。

color01_001.jpg
□MT-07 ブルーイッシュホワイトカクテル

そして欲しいカラーがすでにメーカ在庫が無く店頭在庫がある店はお高いが為に,、どうしたら良いのか…と悩んだ結果、天啓が下りて来たので確認してみる事にする。

まず、大事なのが07の特殊性…バイクの顔、カラーの基本たるタンクとカウルがセットになっている07。つまるところ、これはカウリングの変更でカラー変更が可能ではないか。

理屈の上では可能だが、それは実現可能なお値段なのか…カウルを交換した結果、店頭在庫の車両よりも高い、というオチは避けたい…blogネタとしては面白いかもしれないが。

なのでまずは、白いパーツはどこで、それはいくらなのか、と言う確認。

mt07.jpg
□カウル

まずはパッと見に分かるタンクカバーとサイドカバーセットになったカウリングの部分。ここが白ければ、車体イメージとしては白いバイクになるだろう。少なくとも白い07。

1WS-24129-00-P1 6,426円
1WS-24139-00-P1 6,426円
12,852円

パーツ検索から調べた結果、上記のお値段に…うむむ、カウルとしてはお安い部類…だろうか。だろうな。メインのカウリングで諭吉さんが1.5人ならば御の字だろう。

mt07-2.jpg
□フェンダー

1WS-21514-00-P1 2,538円
1WS-21514-00-P1 2,538円
5,076円

次に白い部分…は、フロントフェンダーのサイド、かな。ここはお安いだろう…と想定した通り、左右で樋口さんお一人程度とリーズナボ…そうでも、ないか。

で、合計21,514円…び、微妙なお値段になって来たなぁ。もうちょっと出せば、あるいはこの程度ならば店頭在庫が有る様な無い様な…でも、もう一組外装が手に入る。

…ん、いやちょっと待て、そもそも、どのカラーをベースに?

color04_001.jpg
□マットシルバー

こちらはメーカ在庫無しとのお話…以前に、フレームとホイールが青だから無し無し。09ならアリのこの組み合わせも、なんだか07だと貧相に見えちゃう不思議な。

…となると、下の2カラー…なんだが、あれ、微妙に違くないか?


color02_001.jpg
□ビビッドレッドカクテル

color03_001.jpg
□マットグレーメタリック

…うん、レッドとグレーは、フレームカラーが違う…黒だ。

問題は異なる事では無く、ブラックアウトされたE/gにブラックフレームが似合わない…というか、折角のトラスフレームの存在感が無さ過ぎてこれはアリエナイ。

これに無理やりホワイトの外装を載せても、白いのが載ってる、という取って付けた感が発生する…しかも、フレームと合ってはカウルみたいに交換が出来る訳も無い。

…これはひょっとして。07、と言う選択肢は積んだか…?

MT-07と言う可能性 その2 [BW'S125Fi(3rd)]

財政その他もろもろの事情によりMT-07によろめく…と言う前回のあらすじ。

color01_001.jpg
□MT-07 ブルーイッシュホワイトカクテル

そして欲しいカラーがすでにメーカ在庫が無く店頭在庫がある店はお高いが為に,、どうしたら良いのか…と悩んだ結果、天啓が下りて来たので確認してみる事にする。

まず、大事なのが07の特殊性…バイクの顔、カラーの基本たるタンクとカウルがセットになっている07。つまるところ、これはカウリングの変更でカラー変更が可能ではないか。

理屈の上では可能だが、それは実現可能なお値段なのか…カウルを交換した結果、店頭在庫の車両よりも高い、というオチは避けたい…blogネタとしては面白いかもしれないが。

なのでまずは、白いパーツはどこで、それはいくらなのか、と言う確認。

mt07.jpg
□カウル

まずはパッと見に分かるタンクカバーとサイドカバーセットになったカウリングの部分。ここが白ければ、車体イメージとしては白いバイクになるだろう。少なくとも白い07。

1WS-24129-00-P1 6,426円
1WS-24139-00-P1 6,426円
12,852円

パーツ検索から調べた結果、上記のお値段に…うむむ、カウルとしてはお安い部類…だろうか。だろうな。メインのカウリングで諭吉さんが1.5人ならば御の字だろう。

mt07-2.jpg
□フェンダー

1WS-21514-00-P1 2,538円
1WS-21514-00-P1 2,538円
5,076円

次に白い部分…は、フロントフェンダーのサイド、かな。ここはお安いだろう…と想定した通り、左右で樋口さんお一人程度とリーズナボ…そうでも、ないか。

で、合計21,514円…び、微妙なお値段になって来たなぁ。もうちょっと出せば、あるいはこの程度ならば店頭在庫が有る様な無い様な…でも、もう一組外装が手に入る。

…ん、いやちょっと待て、そもそも、どのカラーをベースに?

color04_001.jpg
□マットシルバー

こちらはメーカ在庫無しとのお話…以前に、フレームとホイールが青だから無し無し。09ならアリのこの組み合わせも、なんだか07だと貧相に見えちゃう不思議な。

…となると、下の2カラー…なんだが、あれ、微妙に違くないか?


color02_001.jpg
□ビビッドレッドカクテル

color03_001.jpg
□マットグレーメタリック

…うん、レッドとグレーは、フレームカラーが違う…黒だ。

問題は異なる事では無く、ブラックアウトされたE/gにブラックフレームが似合わない…というか、折角のトラスフレームの存在感が無さ過ぎてこれはアリエナイ。

これに無理やりホワイトの外装を載せても、白いのが載ってる、という取って付けた感が発生する…しかも、フレームと合ってはカウルみたいに交換が出来る訳も無い。

…これはひょっとして。07、と言う選択肢は積んだか…?

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

JapanSpeed プーリー装着。 [BW'S125Fi(3rd)]

3代目のBとなり、とりあえず…で駆動は2台目を引き継いでいたのだが、そろそろ駆動を見直しても良いんじゃないか、と。まぁ高回転プーリーが今の仕様に合わんな、と。

正確には事故による握力の低下で、硬いスプリングが潰せない…DYのプーリーセットにあるスプリングが使えなくなり、プーリーの仕様とチグハグ感が出たからなんだけどね。

IMG_0524.JPG
□JapanSpeed プーリー

そんな訳で、44で最もフィーリングの良かったJapanSpeedの純正ローラー用のプーリーをゲッツ。これがスタンダード故かちょいちょい品切れになる人気商品。

DYはローラーでセッティングを変えても、性格的にちと高回転過ぎるかな…と感じていたのもアリ、ちょうどお店に並んでいたのでチョイスしてみる。

44でも気持ち良く回るフィールだったし、大きな失敗は無いだろう、と。

IMG_0527.JPG
□ここまで来て

ありましたー。失敗、ありましたー。

何が失敗って、純正のプーリーボスを使用するのな。DYもその前もプーリーボスごと変えてたから、純正のプーリーボスなんて、どっか行っちまったぜ…というオチ。

この後、泣く泣く駆動を戻してお店へとフラフラ…と訪れるも、やっぱり純正、あるいは純正サイズのボスなんてないよなぁ…と思っていたところにオレンジ先生に遭遇。

純正ボス?持ってるよ?と言う事で、ありがたくボスをお借りする事にする。

IMG_0553.JPG
□諸々購入。

オレンジ先生よりボスをお借りし、すぐさま帰宅してプーリーを組み替え…おおお、やっぱり良いじゃん、このプーリー!今までより1,000rpmほど下から車体が動き出す。

それならば、もうちょっとこのプーリーで詰めてみても良いんじゃない?

…と言う事で、純正と同サイズのDLCコートのプーリーボス(なんと4,000円越え)に、44で試して好感触だった新雅のランプレ…ついでにクラッチ側のナットもセットで。

IMG_0556.JPG
□ボス比較

比較しても同サイズだし、画像から伝わる事は無いんだが…実際に手に触れてみると、その摩擦抵抗の減少に驚く。ダイヤモンドライクコーティング、ねぇ。

10Rの前足に施されていた時は、特に分からなかったけども、金属同士だと分かるな。

IMG_0558.JPG
□ボス装着

実際にプーリーへと挿入し、回してみるとその差が歴然…なんだけども、正直なところ、走行してみるとその差が分る訳も無い。それなりに力が掛かって回る部分だからね。

でも、手で回してみた時の抵抗と回転は、十分、自己満足に浸れる出来かな。

IMG_0560.JPG
□ランプレ比較

プレートの角度とか比較していないので、正確な比較では無くフィーリングでしかないのだが、このプレートの方がスムーズに回る。1,300円程度だし、お試しも悪くない。

IMG_0562.JPG
□完成

今の仕様と微妙にずれていたDYの駆動から、より乗り易いJapanSpeedのプーリーへと変更し、それをもう少しだけ詰めて、非常に良い感じに…と感じ始めた今。

やっぱり、クラッチ側にももうちょっと、手を入れたいよなぁ…と思い始めた昨今。

特に軽めの良輝クラッチや、重量タイプのプロディジーのアウター等、手持ちの余りパーツで組んだ感のあるクラッチ側…だからなあ。ここはちゃんと見直したい。

とりあえずアウターを軽量化し、フィールが良化すればクラッチも…かな?

JapanSpeed プーリー装着。 [BW'S125Fi(3rd)]

3代目のBとなり、とりあえず…で駆動は2台目を引き継いでいたのだが、そろそろ駆動を見直しても良いんじゃないか、と。まぁ高回転プーリーが今の仕様に合わんな、と。

正確には事故による握力の低下で、硬いスプリングが潰せない…DYのプーリーセットにあるスプリングが使えなくなり、プーリーの仕様とチグハグ感が出たからなんだけどね。

IMG_0524.JPG
□JapanSpeed プーリー

そんな訳で、44で最もフィーリングの良かったJapanSpeedの純正ローラー用のプーリーをゲッツ。これがスタンダード故かちょいちょい品切れになる人気商品。

DYはローラーでセッティングを変えても、性格的にちと高回転過ぎるかな…と感じていたのもアリ、ちょうどお店に並んでいたのでチョイスしてみる。

44でも気持ち良く回るフィールだったし、大きな失敗は無いだろう、と。

IMG_0527.JPG
□ここまで来て

ありましたー。失敗、ありましたー。

何が失敗って、純正のプーリーボスを使用するのな。DYもその前もプーリーボスごと変えてたから、純正のプーリーボスなんて、どっか行っちまったぜ…というオチ。

この後、泣く泣く駆動を戻してお店へとフラフラ…と訪れるも、やっぱり純正、あるいは純正サイズのボスなんてないよなぁ…と思っていたところにオレンジ先生に遭遇。

純正ボス?持ってるよ?と言う事で、ありがたくボスをお借りする事にする。

IMG_0553.JPG
□諸々購入。

オレンジ先生よりボスをお借りし、すぐさま帰宅してプーリーを組み替え…おおお、やっぱり良いじゃん、このプーリー!今までより1,000rpmほど下から車体が動き出す。

それならば、もうちょっとこのプーリーで詰めてみても良いんじゃない?

…と言う事で、純正と同サイズのDLCコートのプーリーボス(なんと4,000円越え)に、44で試して好感触だった新雅のランプレ…ついでにクラッチ側のナットもセットで。

IMG_0556.JPG
□ボス比較

比較しても同サイズだし、画像から伝わる事は無いんだが…実際に手に触れてみると、その摩擦抵抗の減少に驚く。ダイヤモンドライクコーティング、ねぇ。

10Rの前足に施されていた時は、特に分からなかったけども、金属同士だと分かるな。

IMG_0558.JPG
□ボス装着

実際にプーリーへと挿入し、回してみるとその差が歴然…なんだけども、正直なところ、走行してみるとその差が分る訳も無い。それなりに力が掛かって回る部分だからね。

でも、手で回してみた時の抵抗と回転は、十分、自己満足に浸れる出来かな。

IMG_0560.JPG
□ランプレ比較

プレートの角度とか比較していないので、正確な比較では無くフィーリングでしかないのだが、このプレートの方がスムーズに回る。1,300円程度だし、お試しも悪くない。

IMG_0562.JPG
□完成

今の仕様と微妙にずれていたDYの駆動から、より乗り易いJapanSpeedのプーリーへと変更し、それをもう少しだけ詰めて、非常に良い感じに…と感じ始めた今。

やっぱり、クラッチ側にももうちょっと、手を入れたいよなぁ…と思い始めた昨今。

特に軽めの良輝クラッチや、重量タイプのプロディジーのアウター等、手持ちの余りパーツで組んだ感のあるクラッチ側…だからなあ。ここはちゃんと見直したい。

とりあえずアウターを軽量化し、フィールが良化すればクラッチも…かな?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

MT-07という可能性。 [次期相棒選定]

W800か、MT-09か…さぁDOCCH!?

と、言うところまできてアレだが、唐突にMT-07に心が動いた。

color01_001.jpg
□MT-07 ブルーイッシュホワイトカクテル

ネットで評判を見るに09、07を共に試乗した結果、07を購入…と言う話が圧倒的に多く、その理由が完成度の高さ…とあって、気になっていたのだが。

でも、あのプラッチッキーな外装は、鉄こそ正義!とのたまう旧車好きには受け入れがたく、でもMT-09のチグハグ感が無い07なら…と悩んで、実車を確認に行ったところ。

IMG_1388.JPG
□実車確認

このデザイン、ありじゃねぇか、と。そしてプラナスのマフラーの排気音を聞いて、パラツイン、全然、ありなんじゃねぇかという結論に至る。

…まぁ07へ傾いた一番の理由が、09よりは15万は安いその価格ってのもある。

07なら新車で購入して、アクラ辺りのフルエキを入れて、細々と弄ってもまだMT-09を新車で買うよりもリーズナボー。09ほどではないにしろそのスペックは必要十分。

なら、もうこれで良いんじゃね?と、お安めの店を探してはメールで問い合わせて、行動範囲ならば実際に訪れて…回った結果、衝撃の事実が判明する。

MT-07は、下記の三種のカラーラインナップ+ブルーイッシュホワイトカクテルの四種。

color03_001.jpg
□マットグレーメタリック

color02_001.jpg
□ビビッドレッドカクテル

color04_001.jpg
□マットシルバー

んで、当然ながら、バイクは白!が自論なオイラはブルーイッシュホワイトカクテルを所望…する訳なのだが、既にレッドとグレー以外はメーカ在庫が完売とのお知らせ。

どうやら1月に浸食の発表があり、現状の一部は欠番となる為…とのお話である。

それならば店頭在庫を…と言いたいところだが、お安いお店は在庫せずに取り寄せ販売が基本で、店頭在庫のあるお店は5~10万ほどお高いという、ね。

MT-07という可能性。 [次期相棒選定]

W800か、MT-09か…さぁDOCCH!?

と、言うところまできてアレだが、唐突にMT-07に心が動いた。

color01_001.jpg
□MT-07 ブルーイッシュホワイトカクテル

ネットで評判を見るに09、07を共に試乗した結果、07を購入…と言う話が圧倒的に多く、その理由が完成度の高さ…とあって、気になっていたのだが。

でも、あのプラッチッキーな外装は、鉄こそ正義!とのたまう旧車好きには受け入れがたく、でもMT-09のチグハグ感が無い07なら…と悩んで、実車を確認に行ったところ。

IMG_1388.JPG
□実車確認

このデザイン、ありじゃねぇか、と。そしてプラナスのマフラーの排気音を聞いて、パラツイン、全然、ありなんじゃねぇかという結論に至る。

…まぁ07へ傾いた一番の理由が、09よりは15万は安いその価格ってのもある。

07なら新車で購入して、アクラ辺りのフルエキを入れて、細々と弄ってもまだMT-09を新車で買うよりもリーズナボー。09ほどではないにしろそのスペックは必要十分。

なら、もうこれで良いんじゃね?と、お安めの店を探してはメールで問い合わせて、行動範囲ならば実際に訪れて…回った結果、衝撃の事実が判明する。

MT-07は、下記の三種のカラーラインナップ+ブルーイッシュホワイトカクテルの四種。

color03_001.jpg
□マットグレーメタリック

color02_001.jpg
□ビビッドレッドカクテル

color04_001.jpg
□マットシルバー

んで、当然ながら、バイクは白!が自論なオイラはブルーイッシュホワイトカクテルを所望…する訳なのだが、既にレッドとグレー以外はメーカ在庫が完売とのお知らせ。

どうやら1月に浸食の発表があり、現状の一部は欠番となる為…とのお話である。

それならば店頭在庫を…と言いたいところだが、お安いお店は在庫せずに取り寄せ販売が基本で、店頭在庫のあるお店は5~10万ほどお高いという、ね。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

アドバンスプロ アーシングキット装着! [BW'S125Fi(3rd)]

さてさて、取り付け方法が微妙な状態だけれども作業してみますかっと。

IMG_0566.JPG
□カウルを剥いで

タンクキャップ外してー、シート外してー、サイドカウル捲ってー、って電気系を弄るのにコレが必須なのが面倒だなあB。44はメットインとシートが一緒に取れて便利。

IMG_0567.JPG
□ターミナル確認

さて、各所にアース線を配する根本となるターミナルを確認しますかねっと…と…うん、ちゃっちいね。ネジ穴部分と穴を空けただけのスチールステー…格好悪い。

取付を相談させて頂いたオレンジ先生曰く、ドレスアップとしても人気…との事なのだが、このスチール丸出し感はむしろ格好悪くないだろうか。

IMG_0568.JPG
□ボルト変更

せめてもの抵抗…というか、ボルトをステンのデザインボルトへ変更。スチールのステーとワッシャーで挟み込むならば、ボルトがステンでも良いだろう…と。

導電率で考えるとちとステンは落ちるけども、固定のボルトだけだから良いだろう。

IMG_0569.JPG
□ターミナル装着

うわぁ格好悪い。送料その他込とはいえ4,000円を超えたパーツの大本とは思えぬ出来だなコレ。つか導電率はアルミの方が高いんだし、アルミ板位使ってくれよアドプロ。

IMG_0570.JPG
□アーシングケーブル装着

んで、ステーにコード類を装着…と思ったら、狭い場所での作業が非常に面倒だったので、ターミナルを外して先コードを取り付けてから、車体へ戻す事にする。

説明書に依れば、左が一番短いコードで順に右へ太くなっていけばよい、と、な。

IMG_0571.JPG
□ターミナル再装着

コード類の装着が終わったのでターミナルを車体へ戻す…うわぁ格好悪くないかコレ。ボルトをステンに変えて見たら、余計にスチールの安っぽい青さが目立つ気がする。

IMG_0573.JPG
□バッテリー側導入

…ま。まぁ性能パーツだし、見た目は多少あれでも…と自分に言い聞かせながら、説明書通りにまずはバッテリーボックス内へとコードを引っ張り込んで仮止め。

IMG_0575.JPG
□タペットカバー装着

次にタペットカバー上部の先頭のボルトへコードを共締め…コードが目立つんだけども、これはカスタム感があるというよりは、悪目立ちしているだけな気がしないでも。

IMG_0577.JPG
□イグニッションコイル装着

イグニッションコイルの部分にもコードを装着…これはコイルにってよりは単純にボディアース的なモノなんだろうか。モノなんだろうなぁ。見えるトコだからなぁ。

IMG_0579.JPG
□セルモーター装着

さて、説明書に無い最後の一本は…まぁここだろう、セルモーター。他に思い付く場所が無いってか、コードが届く場所が無いからねぇ。ここは逆に長く見える。

IMG_0581.JPG
□バッテリー装着

んでま、説明書に従い、バッテリーのマイナス側に装着。

電気系変更と言う事で、まずはE/gの始動テスト…うん、分かんねぇ。かなり大きめのシリピスまで回せる強化モーターが入ってるから、ボタン押す→即E/g始動だからなぁ。

IMG_0583.JPG
□ターミナル

ちなみにターミナル側はこんな感じに完成。コードの根元が弱いのでターミナルに垂直には取り付けない様に…とあるんだが、そう付けないとカスタム感があんま無いよね?

正直、この画像から感じるものは何も無いというか、ステーがスチール感と言うか。

IMG_0584.JPG
□ヘッド側

むしろ、こっちの方がカスタム感がある…が、ここはカバー付けるからな。そして見えなくなると思いつつも、何だか分からない青い社外のプラグコードが嫌。

ダイレクトイグニッションとか、社外コイルに変えようかなぁ、黒い奴で。

IMG_0594.JPG
□ターミナル最終仕様

ターミナル側があんまりな感じだったので、アルミのカラーを挟み込んでみる。コードとターミナルはスチールだしアルミの導電率の方が良いし…これでもまあ、良いかな。

しかしデザインボルト+アルミカラーでこの絵面な訳だが、商品そのままだとスチール感全開のステーにこれまた頭が六角形のスチールボルトな訳だよね。

IMG_0595.JPG
□完成

結論としては、体感できる性能アップは無し。始動は上がるみたいだが、強化モーター入ってるしなぁ。また、ドレスアップと言うほどに見た目が良い訳でも無し。

ちなみにデザインボルト×4で1,500円程度+アルミカラー×4で400円の2,000円弱+送料諸々込の4,000円弱、合計6,000円には達するコストで得られたものは…ほぼ無し。

強いて言えば、振動が少なくなった…が、これは良い効果なのか分からんが。体感できる効果がほぼ無い、と言う事を立証するかのような検証ではあったりした、な。

整流は為されているのだろうし、理論上は良いのだろうけども、体感は…ね。
メッセージを送る