So-net無料ブログ作成
検索選択

新雅 軽量クラッチアウター [BW'S125Fi(3rd)]

ひさびさに駆動周りを弄り…ドライブ側が決まったので今度はドリブン側、と。

IMG_0775.JPG
□軽量クラッチアウター

今はプロディジーの重量アウター(純正と同程度?)を使用しているのだが、単純に余っていた社外アウターを純正よりはマシだろうと組付けただけだったので。

んで、レスポンス重視の駆動が好みなオイラは、クラッチアウターを重量タイプから思い切って超軽量タイプへと降ってみる事にする…やり過ぎたと感じた時は戻れば良いし。

さてさて、どうなるのか、新雅の軽量クラッチアウターは。

IMG_0777.JPG
□お店で作業

基本はアパートの駐輪場で作業…なんだけども、この日はそのまま出かける予定があった為、お店で取り付け作業をさせてもらう。工具は使い慣れた自分の工具を持ち込み。

IMG_0778.JPG
□アウター装着

もう見るからに軽そうなスカスカ感!…なんだが、リャンホイの赤いクラッチがちと目立ち過ぎるか…今回の結果が良ければ、こっちも新雅の軽量タイプに変えて見るかな。

IMG_0779.JPG
□駆動

クラッチアウターが…というか、ドリブン側が重ければ、慣性で高速域は伸び易く坂道などモノ歩乗り易い。その反面、軽いアウターは…と聞いていたのだけれども。

少なくとも、聞かされていたデメリットはほぼ体感できず。

それよりも、スロットルにリニアに反応するようになった車体は、明らかに変更前よりの乗り易く楽しい車両になっている。これは軽量に変えて大正解、だったな。

現状でも軽量のクラッチが入っているので、新雅の軽量クラッチに変えてもそう変化はない…食い付き次第だが、良輝のも良く食い付くし大きな変化はないだろう。

でも、こうも気持ちよくなっちゃうと、クラッチも買えたくなるのが性だね。

新雅 軽量クラッチアウター [BW'S125Fi(3rd)]

ひさびさに駆動周りを弄り…ドライブ側が決まったので今度はドリブン側、と。

IMG_0775.JPG
□軽量クラッチアウター

今はプロディジーの重量アウター(純正と同程度?)を使用しているのだが、単純に余っていた社外アウターを純正よりはマシだろうと組付けただけだったので。

んで、レスポンス重視の駆動が好みなオイラは、クラッチアウターを重量タイプから思い切って超軽量タイプへと降ってみる事にする…やり過ぎたと感じた時は戻れば良いし。

さてさて、どうなるのか、新雅の軽量クラッチアウターは。

IMG_0777.JPG
□お店で作業

基本はアパートの駐輪場で作業…なんだけども、この日はそのまま出かける予定があった為、お店で取り付け作業をさせてもらう。工具は使い慣れた自分の工具を持ち込み。

IMG_0778.JPG
□アウター装着

もう見るからに軽そうなスカスカ感!…なんだが、リャンホイの赤いクラッチがちと目立ち過ぎるか…今回の結果が良ければ、こっちも新雅の軽量タイプに変えて見るかな。

IMG_0779.JPG
□駆動

クラッチアウターが…というか、ドリブン側が重ければ、慣性で高速域は伸び易く坂道などモノ歩乗り易い。その反面、軽いアウターは…と聞いていたのだけれども。

少なくとも、聞かされていたデメリットはほぼ体感できず。

それよりも、スロットルにリニアに反応するようになった車体は、明らかに変更前よりの乗り易く楽しい車両になっている。これは軽量に変えて大正解、だったな。

現状でも軽量のクラッチが入っているので、新雅の軽量クラッチに変えてもそう変化はない…食い付き次第だが、良輝のも良く食い付くし大きな変化はないだろう。

でも、こうも気持ちよくなっちゃうと、クラッチも買えたくなるのが性だね。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

引越し完了! [W650全般]

てなワケで突発的に決まった引越しが完了いたしましたご報告。

IMG_1756.JPG
□引越し

この部屋も安い割にはリノベーションしたばかりでキレイな良い部屋だったんだけどね。

但し、建物の構造が宜しくなかったのと人通りの多い道に面していた為、どうしても治安に不安が残る…男一人ならばよいのだが、奥様の事を考えると長く住むのは、ね。

後はまあ、Bだけならば良いけれども、バイクを止める場所が無いってのは厳しかったしなあ。友人がGOOSEなら入る事を教えてくれたが、出す時の切り返しが大変だったし。

IMG_1774.JPG
□新居

まぁ、そんなこんなで、もう少し治安が良くて、構造もしっかりしていて、以前よりも広い部屋+もう一部屋で、バイクも置けるマンションに引っ越してきましたよっと。

但し、代わりに納戸が無くなったので、その分は増えた部屋とその収納で吸収せねば、なんだけども。あと、クロスバイク。E/gは取りあえずベランダ保存で良いかな。

2016-01-29T22_56_05-6f877.jpg
□kawasaki W650 00

そうそう、次期相棒選定も諸々と悩んだ結果、kawasaki W650となりました。カラーや規制によるパワー減少、二次エア規制…を考慮したところ、初期型の00年式に。

引っ越した週末の翌日に納車された為、まだ半日と乗れてないんだけどね。

引越し完了! [W650('99)]

てなワケで突発的に決まった引越しが完了いたしましたご報告。

IMG_1756.JPG
□引越し

この部屋も安い割にはリノベーションしたばかりでキレイな良い部屋だったんだけどね。

但し、建物の構造が宜しくなかったのと人通りの多い道に面していた為、どうしても治安に不安が残る…男一人ならばよいのだが、奥様の事を考えると長く住むのは、ね。

後はまあ、Bだけならば良いけれども、バイクを止める場所が無いってのは厳しかったしなあ。友人がGOOSEなら入る事を教えてくれたが、出す時の切り返しが大変だったし。

IMG_1774.JPG
□新居

まぁ、そんなこんなで、もう少し治安が良くて、構造もしっかりしていて、以前よりも広い部屋+もう一部屋で、バイクも置けるマンションに引っ越してきましたよっと。

但し、代わりに納戸が無くなったので、その分は増えた部屋とその収納で吸収せねば、なんだけども。あと、クロスバイク。E/gは取りあえずベランダ保存で良いかな。

2016-01-29T22_56_05-6f877.jpg
□kawasaki W650 00

そうそう、次期相棒選定も諸々と悩んだ結果、kawasaki W650となりました。カラーや規制によるパワー減少、二次エア規制…を考慮したところ、初期型の00年式に。

引っ越した週末の翌日に納車された為、まだ半日と乗れてないんだけどね。

引越し完了! [W650('99)]

てなワケで突発的に決まった引越しが完了いたしましたご報告。

IMG_1756.JPG
□引越し

この部屋も安い割にはリノベーションしたばかりでキレイな良い部屋だったんだけどね。

但し、建物の構造が宜しくなかったのと人通りの多い道に面していた為、どうしても治安に不安が残る…男一人ならばよいのだが、奥様の事を考えると長く住むのは、ね。

後はまあ、Bだけならば良いけれども、バイクを止める場所が無いってのは厳しかったしなあ。友人がGOOSEなら入る事を教えてくれたが、出す時の切り返しが大変だったし。

IMG_1774.JPG
□新居

まぁ、そんなこんなで、もう少し治安が良くて、構造もしっかりしていて、以前よりも広い部屋+もう一部屋で、バイクも置けるマンションに引っ越してきましたよっと。

但し、代わりに納戸が無くなったので、その分は増えた部屋とその収納で吸収せねば、なんだけども。あと、クロスバイク。E/gは取りあえずベランダ保存で良いかな。

2016-01-29T22_56_05-6f877.jpg
□kawasaki W650 00

そうそう、次期相棒選定も諸々と悩んだ結果、kawasaki W650となりました。カラーや規制によるパワー減少、二次エア規制…を考慮したところ、初期型の00年式に。

引っ越した週末の翌日に納車された為、まだ半日と乗れてないんだけどね。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

引っ越します。 [BW'S125Fi(3rd)]

今のところに越してきて、ほぼ2年…室内はリノベ済みでキレイなんだが、立地的な問題や居住環境に難がアリ、そろそろ引っ越さんとなぁ…ここ、バイクも置けんしなあ。

春になると物件が埋まりそうだから、早めに探しておいて…。

IMG_1464.JPG
□梱包資材

…と探していたところ、ちょうとそこそこ良い物件が見つかり、また、リノベったばかりの綺麗なお部屋が今ならとってもお得♪と言う事で探しに出たその日にスピード契約。

急すぎてかなりタイトなスケジュールに苛まれ、ちょいちょい辛い日々。

IMG_1539.JPG
□駐輪場

今回の物件にはきちんと駐輪場がアリ…それだけでは自転車と並べられる危険もある為、オーナーへと交渉してBと大型バイクの駐輪スペースを確保してもらう事を確約。

ここにカラーコーンとパイプを並べて、駐輪スペースを確保の予定。

IMG_1463.JPG
□引越し費用

色々とつてを頼った結果、引っ越し代はここまで落ちたものの、やっぱり引っ越しはお金が掛かるよねえ。敷金礼金、前払いの家賃にその他諸々…しばらくはバイクも弄れん。

…てなワケで、お金、時間、そして引越しによる住環境の変化…通信環境の整備に時間が掛かる為、ちとこのblogはお休みする事になるかもしれませんが、元気で生きてます。

気になる方は、はちカラ(http://gz-one.blog.so-net.ne.jp/)を見て頂けると生存確認が可能です。

引っ越します。 [BW'S125Fi(3rd)]

今のところに越してきて、ほぼ2年…室内はリノベ済みでキレイなんだが、立地的な問題や居住環境に難がアリ、そろそろ引っ越さんとなぁ…ここ、バイクも置けんしなあ。

春になると物件が埋まりそうだから、早めに探しておいて…。

IMG_1464.JPG
□梱包資材

…と探していたところ、ちょうとそこそこ良い物件が見つかり、また、リノベったばかりの綺麗なお部屋が今ならとってもお得♪と言う事で探しに出たその日にスピード契約。

急すぎてかなりタイトなスケジュールに苛まれ、ちょいちょい辛い日々。

IMG_1539.JPG
□駐輪場

今回の物件にはきちんと駐輪場がアリ…それだけでは自転車と並べられる危険もある為、オーナーへと交渉してBと大型バイクの駐輪スペースを確保してもらう事を確約。

ここにカラーコーンとパイプを並べて、駐輪スペースを確保の予定。

IMG_1463.JPG
□引越し費用

色々とつてを頼った結果、引っ越し代はここまで落ちたものの、やっぱり引っ越しはお金が掛かるよねえ。敷金礼金、前払いの家賃にその他諸々…しばらくはバイクも弄れん。

…てなワケで、お金、時間、そして引越しによる住環境の変化…通信環境の整備に時間が掛かる為、ちとこのblogはお休みする事になるかもしれませんが、元気で生きてます。

気になる方は、はちカラ(http://gz-one.blog.so-net.ne.jp/)を見て頂けると生存確認が可能です。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

まさかのW650? [BW'S125Fi(3rd)]

07と09を比較してみたり、さらにWへ戻ったりと右往左往する中。

06_b.jpg
□W650

いまさらながらに、W650が浮上してみたりする。

理由は単純にデザイン…W650とW800はほぼ同形状なのだが、タンクとサイドカバーのデザインが異なり、800が余り好みで無かったりする…というのが一つ。

13ej800adf_blk_sltl.jpg
□W800

まずタンクのデザインが、800はクラシカル路線と言うよりも650との差異を出す為か、エストレアみたいなデザインとなっている。エンブレムもWを強調し過ぎである。

加えて、パッドがデカい…のは感覚なのか、実測はしていないが、タンク上で必要以上に主張されて感じられるのもちと苦手と言うか。厚みも有る様に感じてちと苦手。

あとは、ヘッドライトカバー(リムより後ろ側)がタンクと同色に塗られているのも。ここは650の様に素直に鍍金で良いのに、ボディと同色…ああ、サイドカバーも。

上記により、800はカラーがタンク、サイドカバー、ライトケース、と統一されているのだが、逆に好みのカラーがほぼ無い為にむしろ、苦手なカラーが散りばめられる。

c9cc4679.jpg
□2015年式 W800

そして、このグリーンは悪くないが、他の色はちょっと…なぁと。

ちなみに2016年現在は、同デザインのブルー(紺)な為、在庫車か中古で探す他無く、どちらも年式が半端に新しい為に妙に高額だったりする上に球数が物凄く少ない。

そんなもやもやを抱え650を見ていると、デザインはこちらの方が好みだなあ、と。

排気量至上主義ではないが、MT09とMT07があれば09だろうと考えるし、上位があるモデルで下位を購入するのは相当な思い入れが無いと後に後悔を生むと思っている。

MTが09は3気筒、07は2気筒と…という違うE/g形式なのに対し、ほぼ同じE/gである。

ただ、同じだけに大きな差は無いのかもしれない、とも考え始める。パワー及び回転数は変わらないし、トルクこそ排気量依存だから大きいがアメリカンに乗りたい訳じゃない。

ましてや、パワーやトルクを語るならば、MT-09とは比較にすらならない。

じゃあ、何を比べているの?と考えた時に、意味が無い事に気が付いた。そしてこのクラシカルなデザインに惚れたなら、より好みなデザインの650ではないか、とも。

後は燃料供給がインジェクションでは無く、キャブレターと言うのも好感が持てる。毎日の通勤ならば安定性の高いFiだが、趣味の車両ならばキャブの方が良いからなあ。

そんな理由から、W650が急浮上した現在だったりする。

まさかのW650? [BW'S125Fi(3rd)]

07と09を比較してみたり、さらにWへ戻ったりと右往左往する中。

06_b.jpg
□W650

いまさらながらに、W650が浮上してみたりする。

理由は単純にデザイン…W650とW800はほぼ同形状なのだが、タンクとサイドカバーのデザインが異なり、800が余り好みで無かったりする…というのが一つ。

13ej800adf_blk_sltl.jpg
□W800

まずタンクのデザインが、800はクラシカル路線と言うよりも650との差異を出す為か、エストレアみたいなデザインとなっている。エンブレムもWを強調し過ぎである。

加えて、パッドがデカい…のは感覚なのか、実測はしていないが、タンク上で必要以上に主張されて感じられるのもちと苦手と言うか。厚みも有る様に感じてちと苦手。

あとは、ヘッドライトカバー(リムより後ろ側)がタンクと同色に塗られているのも。ここは650の様に素直に鍍金で良いのに、ボディと同色…ああ、サイドカバーも。

上記により、800はカラーがタンク、サイドカバー、ライトケース、と統一されているのだが、逆に好みのカラーがほぼ無い為にむしろ、苦手なカラーが散りばめられる。

c9cc4679.jpg
□2015年式 W800

そして、このグリーンは悪くないが、他の色はちょっと…なぁと。

ちなみに2016年現在は、同デザインのブルー(紺)な為、在庫車か中古で探す他無く、どちらも年式が半端に新しい為に妙に高額だったりする上に球数が物凄く少ない。

そんなもやもやを抱え650を見ていると、デザインはこちらの方が好みだなあ、と。

排気量至上主義ではないが、MT09とMT07があれば09だろうと考えるし、上位があるモデルで下位を購入するのは相当な思い入れが無いと後に後悔を生むと思っている。

MTが09は3気筒、07は2気筒と…という違うE/g形式なのに対し、ほぼ同じE/gである。

ただ、同じだけに大きな差は無いのかもしれない、とも考え始める。パワー及び回転数は変わらないし、トルクこそ排気量依存だから大きいがアメリカンに乗りたい訳じゃない。

ましてや、パワーやトルクを語るならば、MT-09とは比較にすらならない。

じゃあ、何を比べているの?と考えた時に、意味が無い事に気が付いた。そしてこのクラシカルなデザインに惚れたなら、より好みなデザインの650ではないか、とも。

後は燃料供給がインジェクションでは無く、キャブレターと言うのも好感が持てる。毎日の通勤ならば安定性の高いFiだが、趣味の車両ならばキャブの方が良いからなあ。

そんな理由から、W650が急浮上した現在だったりする。
nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

KOSOサブフレーム、継承。 [BW'S125Fi(3rd)]

唐突に、そろそろサブフレームを付けても良いんじゃね?それだけの車体に仕上がったんじゃね?と思いついて突発的な作業…は無理があったんだなぁと痛感する今回。

そもそも、平日に作業しようってのが無理なんだよなぁと痛感した本日。

IMG_0725.JPG
□塗装

2代目…ではなく、実は初代のインナーカウル。サブフレーム用にカウルに円形の穴が開いているこのカウル…流石に色落ちも見えたので、PBで軽く塗っておくことに。

ちなみこれ、出社前6時頃に作業している時の画像だったりする。

IMG_0730.JPG
□健康診断

普段の平日なら無理…18時が定時で帰宅して…となると11月も半ばなこの時期は真っ暗なのだが、午後から健康診断でその後は直帰…の今日なら、行けるのでは、と。

みなとみらいから新橋、新橋から…となると早く終わっても、帰宅は…ね。

IMG_0732.JPG
□作業開始

それなのに、勢いに任せてカウル類を剥いでいく…構造的にフロントはもちろん、リアまでまるっと外装を剥ぐこの工程を平日に行ったのは、さすがに無理があったなぁ。

地味にステップボードのタッピングネジを何十本も外すだけで、それなりに時間が経過。フロントカウルをまくった辺りで、既にほんのりと後悔していたのは内緒。

IMG_0734.JPG
□KOSO サブフレーム

初代から引き継がれてきたサブフレーム。ある意味、これが伝統とも言えるパーツ。

IMG_0735.JPG
□フロント

以前にも載せたのだが、フロント側のフレームは固定できる部分がここしかないので設置は簡単…に思えて、配線の合間に指を入れてネジを回す作業はそれなりに難しい。

IMG_0737.JPG
□リア

こちらは本来、シートステーをバラして組み直すのだが、組み直したものをそのまま載せ替えるだけなのでそれなりに簡単…タンクの固定を外さないといけないのがちと面倒。

IMG_0739.JPG
□仮組

そして、フロントとリアの固定が終わったところで、つっかえ棒となるサブフレームを装着してみる…うし、真っ直ぐは出たので本格的に両端を締め込んで固定する。

IMG_0740.JPG
□カウル取付

但し、この時点ではインナーカウルが無い為、もう一度サブフレーム本体のみを緩めて取り外し、間に合わせるように、ステップボードを持ち上げてインナーカウルを装着。

IMG_0742.JPG
□本組

そしてサブフレームを再び取り付けて、長さと位置を調整して、アルマイトを掛けたナットで固定して…うし、これでサブフレームの装着が完了!までは良かったんだが。

IMG_0745.JPG
□轟沈

この時点でもう、既に17時が近く片付けながら組付けを進めると、どんどんと日が落ちていく11月の夕方…肌寒さもマックスで、もう全て投げ出したくなる初頭の夕暮れ。

でもここで投げ出すと、明日、電車で行く羽目になるんだよなぁ…と奮闘する。

なんとか動けるまでには組み直し、固定も最低限のところまで戻して、何とか部屋に戻り、暑い風呂に入って生き返る…週末が雨とは言え、無理をし過ぎたなぁと痛感。

IMG_0753.JPG
□完成

しかも、作業をしたのが水曜日…翌日は普通に木曜日でフルタイム出勤。

眠い目と怠い身体に鞭を打って出勤…の合間に、車体全景を撮影。…ん、やっぱりサブフは車体のイメージを大きく変えてくれるね。たった一本の棒でこんなにもレーシーに。

…は良いんだが、この日も20時過ぎまで残業で。心から自分の迂闊さを呪ったり。

KOSOサブフレーム、継承。 [BW'S125Fi(3rd)]

唐突に、そろそろサブフレームを付けても良いんじゃね?それだけの車体に仕上がったんじゃね?と思いついて突発的な作業…は無理があったんだなぁと痛感する今回。

そもそも、平日に作業しようってのが無理なんだよなぁと痛感した本日。

IMG_0725.JPG
□塗装

2代目…ではなく、実は初代のインナーカウル。サブフレーム用にカウルに円形の穴が開いているこのカウル…流石に色落ちも見えたので、PBで軽く塗っておくことに。

ちなみこれ、出社前6時頃に作業している時の画像だったりする。

IMG_0730.JPG
□健康診断

普段の平日なら無理…18時が定時で帰宅して…となると11月も半ばなこの時期は真っ暗なのだが、午後から健康診断でその後は直帰…の今日なら、行けるのでは、と。

みなとみらいから新橋、新橋から…となると早く終わっても、帰宅は…ね。

IMG_0732.JPG
□作業開始

それなのに、勢いに任せてカウル類を剥いでいく…構造的にフロントはもちろん、リアまでまるっと外装を剥ぐこの工程を平日に行ったのは、さすがに無理があったなぁ。

地味にステップボードのタッピングネジを何十本も外すだけで、それなりに時間が経過。フロントカウルをまくった辺りで、既にほんのりと後悔していたのは内緒。

IMG_0734.JPG
□KOSO サブフレーム

初代から引き継がれてきたサブフレーム。ある意味、これが伝統とも言えるパーツ。

IMG_0735.JPG
□フロント

以前にも載せたのだが、フロント側のフレームは固定できる部分がここしかないので設置は簡単…に思えて、配線の合間に指を入れてネジを回す作業はそれなりに難しい。

IMG_0737.JPG
□リア

こちらは本来、シートステーをバラして組み直すのだが、組み直したものをそのまま載せ替えるだけなのでそれなりに簡単…タンクの固定を外さないといけないのがちと面倒。

IMG_0739.JPG
□仮組

そして、フロントとリアの固定が終わったところで、つっかえ棒となるサブフレームを装着してみる…うし、真っ直ぐは出たので本格的に両端を締め込んで固定する。

IMG_0740.JPG
□カウル取付

但し、この時点ではインナーカウルが無い為、もう一度サブフレーム本体のみを緩めて取り外し、間に合わせるように、ステップボードを持ち上げてインナーカウルを装着。

IMG_0742.JPG
□本組

そしてサブフレームを再び取り付けて、長さと位置を調整して、アルマイトを掛けたナットで固定して…うし、これでサブフレームの装着が完了!までは良かったんだが。

IMG_0745.JPG
□轟沈

この時点でもう、既に17時が近く片付けながら組付けを進めると、どんどんと日が落ちていく11月の夕方…肌寒さもマックスで、もう全て投げ出したくなる初頭の夕暮れ。

でもここで投げ出すと、明日、電車で行く羽目になるんだよなぁ…と奮闘する。

なんとか動けるまでには組み直し、固定も最低限のところまで戻して、何とか部屋に戻り、暑い風呂に入って生き返る…週末が雨とは言え、無理をし過ぎたなぁと痛感。

IMG_0753.JPG
□完成

しかも、作業をしたのが水曜日…翌日は普通に木曜日でフルタイム出勤。

眠い目と怠い身体に鞭を打って出勤…の合間に、車体全景を撮影。…ん、やっぱりサブフは車体のイメージを大きく変えてくれるね。たった一本の棒でこんなにもレーシーに。

…は良いんだが、この日も20時過ぎまで残業で。心から自分の迂闊さを呪ったり。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

NCY ダイレクトイグニッション 装着! [BW'S125Fi(3rd)]

自分の名義で所有したバイク以外も含めれば、相当な数の車両に乗ってきたこの25年近く…で、当然ながら、どの車両もそれなりに弄ってきたわけだけれども。

電装系って眉唾と言うかオカルトと言うか、体感できたものがほぼ無いんだよねえ。

一部のアレなパーツ類を除けば、確かに理論上は正しい…ってのは多いのだが、体感に繋がるものはほぼない。70年代以前のベースが弱い車両はともかく現代の車両には。

小型のスクーターなんかだともまだ、基本設計でアースが弱かったりはするけども。

IMG_0646.JPG
□ダイレクトイグニッション

…と悩んではいたものの、購入しちゃいましたNCYのダイレクトイグニッション。ちょうどプラグケーブルを変えようと思っていたし、特価+ポイントで4,000円程度だし。

IMG_0649.JPG
□内容物確認

プラグコードレスでコイルからダイレクト!ってのが売りだけあり、一体化したコイル&プラグキャップに、コイルまでの配線と本体を固定するステーのみ。

IMG_0654.JPG
□配線

シグ&Bは純正コイルに伸びる線が平型ギボシなので、こちらの配線も同様に加工…大した手間でもない上に、もう車種専用で決まってるんだから加工済みで売れば良いのに。

電工ペンチを持たない人も多いだろうし、平型は使用頻度が高くないから無駄になるし。

IMG_0657.JPG
□謎ケーブル

今回の作業の起因となったのがこのケーブル…すげぇグラッグラでちゃんとプラグに接触しているのか非常に不安。E/gが掛かるから、最低限のレベルでは問題無いのだが。

キチンと接触して点火の際にロスが無いかと言うと非常に不安であぁこれ。

IMG_0667.JPG
□装着

装着方法は、コイルに来ている配線と先ほどの配線を繋ぎ合わせ、コイル+キャップな本体へと接続してプラグに被せる…んで、ヘッドカバーと共締めしてステーで固定する。

取付自体は非常に簡単…なんだが、はてさて、変化はどうだろう…?

と、スターターを押し込むと心なしかいつもより元気に掛かるE/g。ほぉと思いながら回して行くと、トルク感が増している…上まで回すと分からないが、下は、ある。

おおお。ひさしぶりに電装で当りを引いたか?と思うが比較対象が無くてなあ。

元々、不安の残るプラグコード除去の為だったので、これが+に働いているという確信が持てん。でも確実に良くなったので作業としては正解、と言えるだろうと思う。

ヤマハ系のスクーターはなぜか、プラグキャップが抜け易い(Gアクシス等走行中に外れる)から、がっつりプラグごと固定出来るだけども、メリットはあると思うけどね。

過去に一度、プラグが緩んで抜けて、E/g不動になったことがあったしな。
メッセージを送る