So-net無料ブログ作成

【閑話休題】次期相棒購入で訪問。 [BW'S125Fi(3rd)]

ネットやら何やらで諸々調べ、買うならばここか!

…と何度かメールのやり取りをしたお店へ訪問したのだが、一足違いで該当車両が他店舗へ…まぁ、そのカラーは希望のカラーとは異なる為、それはそれで良いのだが。

バイクを購入、とお店を訪れる場合は既に他の車両を所有していることもアリ、下取りと言う可能性もある為か、「今、何をお乗りなんですか」トークはほぼあるのだけども。

店頭に止められた車両を見て、「あ、BWSにお乗りなんですね」「…BWS」「あれ」「ひょっとして…アキヒトさん、じゃないですよね?」…えええええ。

IMG_1462.JPG
□入店

実は、見知らぬ人に声を掛けられる事は、ちょいちょいある。意外と知られているウチの子…まぁ、車体自体が珍しいし、今となっては走っているのも珍しい。

が、あくまでそれは、量販店やイーチ等の素人さんのお話な為、超・ビックリする。

少なくともバイク屋さんで、身バレしたのは初めて。なにしろ、オレンジストロボの回をまだここには上げてないし、画像も殆ど載せてないのに良く分かったなぁとビックリ。

しかし、これはこれで面白い縁と言うか、何というか。

夕方から予定がある状況で訪れた為、Bの話ばかりで感じの新相棒についてはあまり話せていないのだが、年明けに改めて詳細を確認後に発注になりそうな予感。

対応も良いしお値段も手頃だし…何より、この件で店長と仲良くなれたしね。
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

YAMAHA MT09 VS kawasaki W800 ランニングコスト(消耗品)編 [次期相棒選定]

全開はE/gの違いからくるガソリンの消費などをネタにしたのだが、今回はE/gのパフォーマンスからくる消耗品…で、その代表格かつ最も高価な部品であるタイアを考える。

エンジンオイルやプラグ等も比較すべきなのだが、09のオイル容量が3.4L、Wがオイル容量 3.2 Lと僅かな差で、プラグも3気筒と2気筒、大きな差は無いので割愛したい。

まぁガソリンがハイオクとレギュラーの様に、考慮された走行ステージが異なる為、オイルやプラグのグレードも地味に違うんだけども、そこは誤差で良いだろうと思う。

SSとネイキッドでは消耗品の差がそれなりに大きくはあるが…はさておき、タイアね。

過去に10Rにて市販タイア最高グレードが当前、しかもリアサイズが190とあってスポーツタイプのタイアにはビクビクする訳だが、今回は純正タイア同士で比較してみる。

まずはMT-09。BSとDUNLOPがあるが、ここはWと同じDUNLOPで比較する。

pict.gif
□ROAD SPORTS

120/70ZR17M/C (58W) / 180/55ZR17M/C (73W)
*SPEED STAR HP 転載(2015年12月現在)
(F) 120/70ZR17 14,300円 (R) 180/55ZR17 20,600円

上記によりタイア(工賃含まず)代で、前後34,900円と判明。まぁちとお高いが、180サイズならば仕方ないかなぁ。110psのスポーツE/gだしそれを活かすサイズなのだろう。

tt100gp.jpg
□TT100GP

100/90-19M/C 57H / 130/80-18M/C 66H
*SPEED STAR HP 転載(2015年12月現在)
100/90H19M WT 7,600円 (R) 130/80H18 WT 9,900円

上記によりタイア(工賃含まず)代で、前後17,500円と判明。ほっそ。100/130て旧車だな。Bですら、120/130なんだが…まぁその分ヘイト、インチはデカいんだけどもさ。

んで、両者のタイアの価格を比較してみる…これは分かり易いなぁ。

34,900円引くことの17,500円で、17,400円…あれ、09の倍?というか09のタイア交換1回分で、ダブハチなら2回出来る?と言う驚異の結論に達したりする。

09はチューブレス、Wはチューブタイアだからその分も含む(毎回交換では無い)から、上記の比較はやや乱暴ではあるのだけれども、圧倒的に差があるのも事実ではある。

…んー。バイクに乗り、維持していく上でのパフォーマンスに差がありまくるなあ。

言い方は悪いかもしれないが、Wは想定するステージが低いから消耗品も安く少ないしグレードも低い。ロングランと言うかロングライフをベースの車体とも言える。

例えるならMT09は【刀】。切れ味良く破壊力高く芸術的でも使い込めば短命。刀ではあれども、打ち直す程の名刀ではないしね。SSや旧車ほどの価値は無い。

W800は【包丁】。切れ味は並みで際立った美しさも性能も無いが、常用に耐えるし長命。鋭くない刃先はそれ故に刃毀れもしにくい。モノは良くとも特別感は無い。

…コストで考えるとWの圧勝なのだが、じゃあWと言いきれないのは何故なんだろう。

デザインでも圧勝だし、現状、W以上に好みの外見のバイクなんて存在しない。むしろ09はデザインがかなり好みでは…なのに、Wに降り切れないし、09にも傾かない。

なんだろうこの、どっちつかずでその原因が分からない、この気持ちは。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

YAMAHA MT09 VS kawasaki W800 ランニングコスト(燃費)編 [次期相棒選定]

さて、本日はMT09とW800のランニングコストについて考える。

購入は出来ても維持が出来ない…では意味が無いし、2年後に車検を通して継続出来るのか、それとも乗り換えを考えねばならないのかは、ひとえにランニングコスト次第。

ここで述べるランニングコストとは、ガソリンの燃費、消耗品の高低などを算出して比較してみる事である…てことで、まずは基本となるE/gスペックのご紹介。

mt09engine.jpg
□E/gスペック MT09
水冷DOHC直列3気筒4バルブ
最高出力 81kW(110PS)/9,000r/min
最大トルク 88N・m(9.0kgf・m)/8,500r/min

engine_seeslow.jpg
□E/gスペック W800
空冷並列2気筒SOHC4バルブ
最高出力 35kW(48PS)/6,500rpm
最大トルク 62N・m(6.3kgf・m)/2,500rpm

Wの総排気量が773cm³、MT09が846cm³だから、その差、73cm³。加えて空冷並列2気筒SOHCと水冷DOHC直列3気筒とはいえ、すげぇ差だなあ。

で、何が言いたいのかと言えば、09が凄いとかWがショボいとかそう言った話では無く(設計理念が違うから当然)E/g性能が高い程、概ね維持コストは跳ね上がるという話。

で、分かり易い例で言えばやはり燃費と消品だろう。

-燃料の種別及び走行燃費-

・MT09
燃料タンク容量 14L(「無鉛プレミアムガソリン」指定)
国土交通省届出値定地燃費値 27.3km/L(60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値 19.4km/L(クラス3, サブクラス3-2) 1名乗車時
・W800
燃料タンク容量 14 L (無鉛レギュラーガソリン)
定地燃費(2名乗車時)33km/L(60km/h・国土交通省届出値)

ちなみに、「国土交通省届出値」は平坦な直線を60km/h巡航と言う、オーバルコースでも回って無ければ意味の無い測定値であり、実走行とはほぼ結びつかない。

これに対し「WMTCモード値」はシャシダイ上で発進・加速・停止等を行い排ガスより測定する為に、より実際の走行に近い数値が得られるというのが触れ込み。

…なのだが、Wは公称してないんだよなぁWMTC。09は欧州や世界的な販売戦略を前提としているが、Wは国内需要のみとメーカが想定しているんだろうね。

てなわけで定地測定で見るとL辺りで5~6㎞の差が出る。09なら14L×27.3㎞で382.2㎞走破可能。Wなら14L×33㎞で462㎞走破可能。その差80㎞、か。

タンク容量が同じだけに比較し易いなあ…但し上記は数値のみだが、使用するガソリンのオクタン値が違うのでそもそものL辺り計算をした時に必要なコストが違うのだが。

現在、最寄りのスタンドでレギュラー116円、ハイオク127円。レギュラー満タンで1,617円。ハイオク満タンで1,773円。その差、156円。単純な満タン計算だが。

年間走行距離を10,000kmと仮定した場合はどうだろうか。

今までの大型及び中型バイクで考えれば、年間で10,000km以下と言う事は無く一般的な走行距離として、10,000kmと仮定する。車検までと考えれば、倍の20,000㎞か。

09の定地燃費はL辺27.3km…なので、367Lのハイオクガソリンが必要となる。それに現在の価格を掛けると46,609円。雑な計算ではあるが、比較するならば公称値でもいい。

Wの定地燃費はL辺33km…なので、303Lのレギュラーガソリンが必要となる。それに現在の価格を掛けると35,148円。…年間ガソリン費用で10,000円以上の差額となる。

車検時までの2年スパンで考えるならば、ざっくり23,000円…大きな差異ではないのだが、燃費の悪さってのは地味に出掛ける気持ちを削ぐことを考えると大きいかもしらん。

定地燃費でのL辺りの燃費が09はWの8割程度、しかもハイオクというのが地味に効く。

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

kawasaki W800と言う選択肢(その1) [BW'S125Fi(3rd)]

MT09の時と同様に、カスタム等も含めて真剣に検討してみる事にする。

mainImg.jpg
□kawasaki W800

ただこの車体については過去にも挙げているし、詳しくはメーカHP(https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/w800/)をご覧ください、と。

ざっくりと言ってしまえば、クラシカル路線でかつてのWシリーズの後継と詠いながらも、バーチカルツインのべベルギアシャフトと言う似ても似つかないE/gのバイク。

まぁWにも前身たるトラにも興味が無いので、この辺りは言及しない。

単純にバーチカルツインのべベルギアシャフトって旧いE/gなだけで充分に好み。カムチェーンに変わったのが60年代だから、伝達方式としては信じられないほど古式なのだ。

そして、上記E/gを積む車体はクラシカルデザインで非常に好みであり、既に手を入れるべき部分が少ない…のだが、やっぱりマフラー位は買えたいよなぁというこの病気。

世界一厳しい排気音規制のこの国では、おかしな程に音量低下が義務付けられるからね。

後は純正マフラーがキャブトンデザイン…コレがダメなんだよなぁ。SRでも試したが形状・音質共に好みじゃない…やはり、ストレートなメガホンタイプじゃないとダメだ。

メガホン縮小.JPG
□POSH PCMステンレス メガホン 162,000(税抜)

てなわけで、W800のマフラーをと検索するとkawasakiでおなじみのBEETや、POSH、その筋では有名な大和…等々があるのだが、メガホンタイプとなると非常に少ない。

そして数少ないPOSHのメガホン…は、ダメだなぁコレ。ステップ辺りから、緩やかではあるけどもカチ上がってしまっている。これは自分の中の旧車イメージにそぐわない。

これならばキャブトンが良い…とは言わないが、ノーマルマフラーで良いと思える。何よりもこの値段…ステンパイプを曲げただけでこのお値段?コレは流石にボり過ぎだろう。

ZX-10Rにつけていたトリスタのマフラー…4気筒1,000㏄のフルチタンが240,000なのはまだ分かるが、ステンレスって鉄パイプだろうに。鉄パイプ曲げて17万越えって。

nojima.jpg
□Nojimaエンジニアリング ヴィンテージメガホン 149,100(税込)

そして見つけた、もう一つのメガホンマフラー…ノジマのヴィンテージタイプ。E/gから真っ直ぐ落ちて、そのまま後方に伸びるこの形状が、求めていたマフラーそのもの。

…なんだが、こちらもまたお高いなぁ…やはりステンレスで15万、かぁ。

MT09よりはカスタム費が少なくて済む…と思っていたのは、チタンやアルミ等の高価な素材を使わないから、と言うのが大きな前提だったのだが、メーカがボるかぁ。

車体価格80~85万、マフラーの価格が凡そ12~15万、と言う辺りまでほぼ一緒か。

スポーツタイプである09は足にブレーキにとカスタムが必要だし、消耗品もタイアにオイルにとダブハチに比べて高価な為、ランニングコストは大きく違うのだけれども。

最低限、と言う乗出し条件にマフラーを考慮した場合、イニシャルが同等になるとは。

素材が鉄(ステン)で、しかも2本しかない、集合ですらない、鉄パイプがこんなに高いのかが分からないんだが、コレしかない以上、コレを選ばざるを得ないんだろう、なあ。
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

賽は、投げられた。 [次期相棒選定]

年明け早々に、新居へと引っ越す事が確定。

…まぁ引っ越す理由は部屋の更新時期、今の建物の立地の問題とか色々とあるんだけども、blog的にそしてオイラ的に大事なのは、これでバイクが置ける様になる、その一点。

IMG_1368.JPG
□現状

現状は、この2階へと昇る階段下に、シグやBを置くのがギリギリ…だったからなあ。整備の際にはこの階段横を抜けて奥にも行けたが…ハンドルカットの原付二種でギリ。

副次的な要因として、この子にもこんな肩身の狭い思いはさせないで済む。…は置いておいて、本格的にバイク探しをするとして、まずは本命を絞らねばならない。

第一に購入出来る価格帯である事(Mk-ⅡとかH-1とか言わない)、次に大型バイクである事。そして、ローンを組むのであれば必ず新車で購入する事、が必須条件か。

中型も玩具としてはありなのだが、今の年齢を考えると今後に不安が残る…具体的に言えば、GOOSE350やR1-Z辺りが好きだし欲しいのだが、もう、年が、ね。

そしてローンを組む以上、月々のお小遣いから返済額が目減りする訳であり、そこから維持費以上の出費は車体の維持を揺るがしかねない…つまり、故障は許されないのだ。

んで、そこまで突き詰めて残ったのが、この2車種なのである。

color04_001.jpg
□MT-09

ここ最近、ちまちまとネタにしてきたので詳細は避ける…というか、興味があるならばググって欲しい、MT09。元SS乗りの目から見てもコストパフォーマンスが高い。

ネット等で評判を見るに賛否両論あるが、「賛」はハイパワーなE/gと剛性の高いフレーム、「否」は賛に追いついていない足回りに対する意見の様に見受けられる。

この時点でイジる人間ならば分かると思うが、後から手を入れられる部分にしか「否」が無い。 逆に言えば車体の核となる部分には申し分が無いのである。

…で、ここからは車体の問題では無いのだが、遂に40の足音を聞いた昨今、軽量且つハイパワーで簡単にフロントが上がる車種を買うのか?と言う、疑問と言うか躊躇いが残る。

30を越えたばかりの頃、これが最後のチャンスとZX-10Rに乗り出したあの頃とは違う。

そして前述の通り…足回りに不満を抱えたまま乗り続けられるのか。ベースが良いだけに弄りたくもなる…前後足回りで40万は想定出来る…弄れるのはローン完済後だろう。

13ej800adf_blk_sltl.jpg
□W800

MT-09より前から載せていた通り、W800にもまた惹かれており、同価格帯で買えるってのがお悩みどころだったりもする。逆に性能と価格が釣り合わないとも言えるが。

単純なルックス、好みで言えばW800の圧勝である。そら、CB550FOURを好き好んで購入し悦に浸るような旧車好きなのだ…ストファイ系より圧倒的にこちらの路線に傾く。

但し、方向性が真逆すぎて比較が難しいとも言えるのだ、このカテゴリは。

分かり易く数値で図れる09に対し、その魅力が数値化出来ないW8。…まぁ色んな意味で対極的だろうからなぁ、クラシカル路線と最新のスポーツタイプとでは。

メリットとしては…性能を重視しないが為に、交換するアフターパーツの少なさが挙げられるか。精々がマフラー、それも09より遥かに安価で交換が可能となる。

細かい点はあるにしろ、ほぼ乗り出しそのままで納得出来るクオリティ。

また、償却、の概念ではないが、ローンを2年で組み払い終えた後に残る車両の価値…と考えるとスポーツ故に短命な09とロングランを前提としたW8では根底から異なるしなあ。

IMG_1369.JPG
□結論?

もう、自分がいい年なのを考えるとW800なんだろうけどね。

それでもリッターSSやモタードを乗り継いで、国内初の3気筒、それも久々にフロントが上がるほどのパワフルトレイン…なんて聴くと胸が熱くなっちゃったりしてなあ。

ある意味、自分のバイク歴の集大成…と考えると、中々に難しいところだよねえ。
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

YAMAHA MT09、という選択肢(その3)。 [BW'S125Fi(3rd)]

前回のログにも載せた通り、気になるフロントフォークのゴールド。

ちなみに、MT09のカラーラインナップはこんな感じ…最新のモデルを除けば全てのフロントフォークが金色と言うなんとも心に痛いカラーラインナップなんだよねえ。

color01_001.jpg
□ベリーダークバイオレットメタリック

タンクのデザインと色合いから、やっぱりこのカラーが一番好き…なんだが、フロントフォークが。が。がががが。ヨーロッパ仕様だと銀もあるんだけどなあ。

新車購入、高いお店でも、別途費用でも構いません!と言えるのならば、ヨーロッパ仕様もありなんだろうが、フォークカラーの為だけにそれはちょっと無理がある。

color02_001.jpg
□マットグレーメタリック

この画像よりは明るめのシルバーで、フレームがブラックなのがポイント。これはこれでありだよなぁと思えるカラー。どのカラーにも浮くゴールドフォークがマジで謎。

07は正立でシルバーだから、「いかにも倒立!」って金を入れたいのは分かるのだけどもね。ラインナップのどのカラーにも合わないのに強行する理由が謎なんだよなあ。

color03_001.jpg
□ディープオレンジメタリック

これはまぁあり…なのかな。マットで濃い目なシルバーや、ダークヴァイオレットに比べれば、タンクが明るめなオレンジな分だけ、浮いてない…いや浮いてるが、マシか。

Bを見て分かる通り、オレンジが好きなので他のカラーよりは評価が高い…が、ちと色味が安っぽいんだよなコレ。TWのオレンジと同じと言うか…もちょい、光沢とか欲しいかな。

color04_001.jpg
□マットシルバー

そして最新モデルのマットシルバー!唯一のゴールドじゃないフォーク!…なんだが。

実車を見るとサイドの09がシールだったり、フォークが画像以上に明るい青だったり、でもホイールのブルーは画像通りの青で、統一性の無い青でトっ散らかってます。青が。

若い子が失敗した直塗装の様な、色の散らかりっぷりなんだよねえ。

とは言え、銀×黒×青ってのはそれなりに好み…ストファイなデザインと相まって、最近のバイクの中ではかなり好みに近い…し、選ぶならこのカラーだろうな。

MK4_3704.jpg
□ひろいもの

まあ、一番、格好良いのはこのヨーロッパ仕様?なんだけどな。これ、欲しいわぁ。

nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

YAMAHA MT09、という選択肢(その2)。 [次期相棒選定]

MT09、買っちゃいました!

試乗.jpg
□納車?

…となったら面白いんだけども、ねえ。

実際は、Bのクラッチを買いにお店を訪問…したところ、なぜかMT09が止まっており、しげしげと車体を眺めまわしていたところ、「アキヒトさんですか」とお声がけ頂き。

聞けばシグにお乗りで、ウチを見て頂いているとのお話。

ついでに気になっていたMT09のお話を伺い、試乗までさせて頂き、あまつさえ跨った状態での写真をおなしゃす!とか、わがままぶっこいた結果が上記の画像です。

ンヌフフフ。しかし、思った以上に良い車体だなぁコレ。

このblogをやっていて良かったと思える出来事Part2。一番は今のBを譲って頂けた事だけれども、こうして気になる車体の情報を得られたのは非常に有意義。

…その節はお世話になりました。見て、くれてるかな?

IMG_0786.JPG
□このライン

古くからウチのblogを見て頂いている方はご存知だと思うが、FAZEに施した通り、この手の太さ非対称な2本ラインが大好きです。大好きなんだが…フォークが金色でなあ。

ちなみにこのカラー、パッと見にはブラックなんだが実はダークヴァイオレット…て言われるまで分からないレベルの黒さなのにしっとりと落ち着いた色合いがまた。

でもなぁ、フロントフォークがなあ(大事な事なので2回言います)。

このMT09の様にフロントフォークの金色を何とか出来れば(バラしてアルマイトとか無しで)…素直にこのカラーの09を選べるんだが、中々、上手く行かないもんだよなあ。

気に入らないと思いつつ、10Rのフロントもそのままだったしな。
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

YAMAHA MT09、という選択肢(その1)。 [次期相棒選定]

YAMAHA MT09、というバイクをご存じだろうか。

MT09と言うのは…まぁ、スペシャルサイト(http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/sportsbike/mt-09/special/)もあるし、詳細を知りたい方はググってもらうとして。

最近、とみに気になる…本気で購入を検討するレベルまで来ている車体である。

mt09.jpg
□MT09

簡単に言ってしまえば、水冷4スDOHC4バルブの直列3気筒E/gのストファイモデル。車重188kgに110PSのハイ・コストパフォーマンスマシンである。

…まぁ以前の10R(車重170kg/175ps)に比べれば大人しいスペックではあるが。

10Rは相応にお高いマシンでもあり、09が優れているのはそのコストパフォーマンス。何と100万以下…高いところで90万安いところならば80万で乗り出せるのだ。

…とは言っても、100万近いお値段はおいそれと趣味に投じ難い…し、中々、現金一括でポンと出せる金額ではないと思う。少なくともオイラのオサイフ的には厳しい。

少なくとも1/3はローンにしないと生活が厳しい…かなぁ。

その1/3を分割するとして2年…は、長いな、完済直後に車検や大きな消耗パーツってのは厳しいし…じゃあ1年?と考えると、一月のお小遣いから出る額が…がががが。

これが大好きな旧車!とあれば、一も二も無く飛びつくんだけどね。

月のお小遣い(交通費含む)の1/3以上を費やすとなると、生活のレベル(お昼ご飯とか趣味の雑誌とか)も見直しが必要、今までみたいにBも弄れない…ワケで。

1年なり2年なり…をその状態で過ごすのはちょっと辛いんだよなぁ、と思う。

実際、09に乗り始めたらその維持費も掛かる訳で、大型ならツーにも行きたいし、そうなると普段の生活はさらに切り詰めないと…って考えると、楽しい妄想が。がががが。

ここでまぁいいや!行っちゃえ!と思えないのも、年を食った証なのかもしらん。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

BW'S125Fiの未来。 [BW'S125Fi(3rd)]

先月より国内発売が開始されたシグナスの新型を見て、驚いた。

newCygnusX.png
□新型

イーチさんで見た車両からの情報…それもどこまで話して良いのか不明な為、詳細は語らないがそれまでのシグから、流用できるパーツが殆ど無い。

サイドスタンドは使えるね、とかそんなレベル。フェンダーも使えない。

消耗品等の細かな部分はコスト的に変化はないだろうが、例えば、シグナスに乗り出して変えたいであろう社外パーツ…マフラーやサスペンション等の流用が効かない。

サスは画像にもある通り、リアは長さが違うしフロントはブレーキがBと同じなのでパッと見に分かるだろうが、マフラーはステーが別、なんてレベルではないし。

12、44、1YP…とパーツが共通化されていないのであれば、Bにも波及する。

b2015.jpg
□BW’S

愛車を悪く言うのもなんだが、台湾設計/リコール対応無(リコールも対応も無いだけで故障はする)、初期のTはプレストが輸入を掛けたがXは対応しなかったりする。

その為、Xのパーツリストを持っていてもヤマハのHP部品検索不可と聞いた。

何よりも販売台数が少なく、近年ではほぼ輸入されておらず、レアではあるが不人気車でもある。S-MAXが出た際に台湾の各社がアフターパーツを止めたとの話もある。

フルノーマルで普段の近距離のアシ…ならば数年は持つだろうが…と言ったレベルか。現行で販売されている中でも、ダントツの先細り感がある。

それでも何とかなったのは、ベース設計が「現用シグナス」だったから。

純正パーツにしろアフターパーツにしろ、シグナスから多く流用できるから、延命が図られていたのだ…現にB専用となる外装パーツは殆ど、国内に在庫されていない。

旧車と言うほどでは無い為、まだパーツの買い溜め…が必要な時期ではないが。

今からもう一台、押さえておくべきなのではないかと思える昨今だったりもして、blogトップのコメントに下記のコメントを記載してみたりした。

安価なBW’S125Fiを探しています。不動車でも構いません。手放したい、譲りたいという方がいましたら(akihito_nobwsnolife@yahoo.co.jp)

ベースを押さえたいだけなので、フレームとハーネスが無事なら不動車でも構わない。E/gなら予備があるし…但しE/gが使えない車両には相応の金額しか出せないけれども。

例えば、持ってはいるけども、もう乗らないだろうし…と言う人は複数の業者を呼んで、比べてからこちらへご連絡頂いても可。業者よりは出せると思うので。

ちなみにカスタム車両は要らない…というか欲しいのが本体なので、お高いパーツがついていても、そのパーツ類には価値を見出せないので。純正に戻してからどうぞ。

こちらから連絡が欲しい、と言う方はコメントに連絡先を。コメントは承認後にblogへ表示される為、承認せずにこちらから連絡させて頂きます。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

駆動も見直し? [BW'S125Fi(3rd)]

元々の車両についていた駆動パーツから、2代目の駆動パーツへとそっくりと入れ替え。

IMG_0151.JPG
□リチェック

…したのだが、その時は純正と思っていたのだが、はたしてどうだったのか…と思い直し、あらためて駆動周りをリチェックしてみたりする…んでこれがクラッチ周り。

IMG_0152.JPG
□スライダー

イマイチ純正を覚えてないのだが、多分、トルクカムは純正…なんだが、センスプの根元にベアリングスライダーを発見したりして、完全にノーマルでは無かった模様。

IMG_0153.JPG
□センスプ変更

んでそれはそれとして、現在のクラッチ…と言う事で、DYの硬~いセンスプを外し、良輝のセンスプへと交換、クラッチシューも同メーカだし…とか思いながら組付け。

IMG_0157.JPG
□良輝最弱

まぁ、実際は事故の影響で未だ戻らない握力の為、この最弱スプリングしか自分で組めないってのが最大の原因なんだけどね。後は走行フィールの変更、かなあ。

今の回る駆動は楽しいのだが、代わりにスロットルの操作も頻発するしな。

IMG_0158.JPG
□現在

まずは現在のローラーの重さを確認…複数の重さを組み合わせて51gか。

IMG_0159.JPG
□変更

ならば、近い辺りで9g×6の54gな僅かな重量増加でどうだろう…と。

IMG_0160.JPG
□清掃

ついでにケース内を清掃…っても、ベースが大して走っていないので汚れていない…と思いきや、それなりに汚れるんだね、低走行車でも。

ちなみに、ローラーの重量化とセンスプの弱体化は失敗…かなぁ。

プーリー側の周りが少しだけ重くなった感じがして、それなのにセンスプが弱い事で回りきらない内に変速して行く様な何とも言えない微妙な感じに。

…DYの特色を殺して妥協点を探すよりは、JapanSpeed辺りに乗り換えた方が良いか。

健康と言うか身体に問題が無かった時はそれなりに面白かったDYも、今の状態では普段乗りに向かない上にセッティングを出そうにも、握力的に厳しいしなあ。

駆動はちょっと、基本的な構成から見直した方が良いかもしんない。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

ipod Shuffle、購入。 [装備・小物類]

通勤に使用しているウォークマン…夏は首掛けインナータイプのSシリーズ、冬は普通の…と言うか、今の様にAとかFとか無い時代の旧いのを使っていたのだが。

もう軽く10年選手なんだよなぁ…20代の頃のだものな。

充電は長く再生時間は短く、時折液晶がボヤけたり線が入ったり、と色々な欠点に目をつむり続けたが、それでももう寿命は近い…だが買い替えたい新型は未だに出ない。

言い換えれば、10年以上も新型を待ち続けて裏切られ続けたんだなSonyに。

nano.jpg
□ipod nano

そんな中、iphone6Sのアクセサリを購入しようと訪れたPCDEPOで一目惚れ。

フリスクサイズに綺麗な液晶、この側の質感の良さは20年前のSony製品に匹敵する出来…!と即買いしそうになるも、ウェイウェイちょっと待とうぜ一晩考えようぜ。

んで考えたとこ、実際のところ、持ち出す本体よりも大事なのは、PC側で作動するアプリなんだよね、と。以前はSonyの圧勝だったが、徐々に活劇的に使い辛くなってるし。

itunesでもいいんじゃね。まずはお試ししてみるべきなんじゃね、と。

IMG_0300.JPG
□オクにて

んでお試しならば…と、まずはオクでチェック…そして、お安くかつデザインの気に入ったシャッフルを見つけたので、コレを落札!…したは良いのだけれども、な。

なぜか発送から、一週間近く、掛かったんだよねぇ…大阪から川崎まで。

出品者の人は振り込みと同時に送ってくれていたので、止めやがったのは郵便局。後から分かるのだが結局は配達忘れだったというオチ…酷ぇよなあ日本郵便は。

IMG_0303.JPG
□付属品

本体、説明書、イヤホンに充電用のUSB…なんだろうコレは。イヤホンジャックに指す形の充電ケーブル、と言えば良いのかな。イヤホンは使え無さそう…要らんなコレは。

IMG_0317.JPG
□RENAGADE

ついでに、ひさしぶりにCDを購入。STEREO SOUND FOUNDATIONのRENEGADE。

IMG_0413.JPG
□オ-テカ

思っていたよりも軽量且つ固定がし易いipod shuffle。これなら、もっと短い方が…とケーブル長が短いイヤホンを探したのだが、基本的に短いのでも1.2mが規格の様で。

0.6mと言う規格があるものの、Sony等は出しておらず仕方なくオーテカを購入。

…て、気が付けば、かなりの家電を[りんご]王国に浸食されてるなあ。スマホにタブレット、ウォークマン…普段使いする家電の殆どが[りんご]とは…やるな。

そういえば昔は、テレビにオーディオ、ゲーム機…と全てSony製品だったのに、ね。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

マイ・バースデイ [Diary ‐雑感‐]

今日は誕生日!…ってネタではあるんだが、これを書いているのが既に一月位経過していて、しかもアップするタイミングを考えるといつなんだろうな、なんて考えない方向で。

*ちな、誕生日は10月下旬です。

IMG_0434.JPG
□バイク屋状態

しかし、2代目のフレームをベランダに並べ、その横でE/gを組んでいる姿を見るにもはやバイク屋状態。アパートでやるこっちゃないが、ベランダなんて使わないしなぁ。

たまに布団を干すぐらいのスペース、というイメージだな。

さって、ここからが本番。誕生日の本番…と言えば、焼き肉だろう!

IMG_0439.JPG
□オイキムチ

そう言えば、去年の誕生日もここで過ごしたよなぁなんて考えつつ、オイキムチ。脂でしつこくなりがちな舌を洗い流してくれるオイキムチ。絶対必須のオイキムチ。

IMG_0440.JPG
□タン塩

ここに来たら、絶対にタン。画像では分かり難いがデフォルトでも厚みあって、コリコリした舌独特の感触と旨味がタマラナイ…片面だけ焼いて白髪ネギを巻いてぱくり。

IMG_0441.JPG
□タンカルビ

まだまだ終わらぬタンフィーバー…今度はもっとお肉感の強いタンカルビ。これとタンだけで終っても良いんじゃないかと思える旨さである。ちなみに両方とも1皿ずつ追加。

IMG_0442.JPG
□焼き焼き

焼き肉ってこの、炭火で焼いてる感が堪らないよなぁ。無煙ロースターの店とかマジファック。あれは許されざる肉への冒涜だわ。楽しむのは味だけじゃないのよ。

S__19144710.jpg
□ハラミ二人前

ここでようやくタレお肉の投入…まず2人前は必須だろうとまとめて発注。なんだろうこの、赤と茶色のハーモニーが生み出す期待感。焼く前にもう美味しいって分かるわ。

IMG_0443.JPG
□焼き焼き

塩ベースと違って、網の上から垂れたタレが隅に炙られて上る香ばしさよ。これぞ焼き肉の神髄!って感じだよね。さっきまでタンだけで良いかも、とか言ってたのにね。

IMG_0445.JPG
□旨味ミノ

コレはコチュジャンベースに諸々の調味料を合わせて、ミノに揉み込んだ感じかな。少し強めのニンニクが、タレ焼き肉でE/gが掛かり始めたところに効いてくるわあ。

IMG_0447.JPG
□ミノ焼

ホルモン系って焼けてるのが分かり難く、ちょっとハラハラするよね。そして濃い味の付いたコレはタレをつけずに冷まさずに直接口内…ハフハフもぐもぐビールぐいっ!

IMG_0446.JPG
□ほっぺカルビ

そしてここでは必須のほっぺカルビ!希少部位なのだがそんなにお高くも無く、なのに旨みはお値段をはるかに凌駕するこのメニュー、頼まずにはおられない。

IMG_0448.JPG
□ほっぺ焼き

両面をさっと炙るだけで食べられ、塩で頂くカルビの旨さったら無いね。

断面を見るにそこそこの厚みはあるのに、トロッと下の上で消えてゆく儚さ、下の上に残る旨み…をビールで洗い流して、さらにそれをリピートする嬉しさったらもう。

IMG_0449.JPG
□大トロユッケ石焼ビビンバ

そろそろお腹も埋まり始めたところで、最後の〆…と言う事で石焼ビビンバを注文。

カルビスープ系のご飯も大好きなんだが、飲みの〆ならばそちらの方が向いているのだが…石焼大好きなオイラとしてはこちらに傾かざる得ない…ハフアフあづっ!の旨さな。

IMG_0452.JPG
□ブレーメン通り牛仙

最後にお店の紹介。元住吉の商店街から少し外れたこのお店。和牛を一等買いする為に安く出せるとのお店で、安価なのに高級なお肉が食べられる素敵な焼き肉店。

近隣ならぜひ行ってみるといいと思う。そして混むと嫌だから店の名前は内密に。
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
メッセージを送る