So-net無料ブログ作成
検索選択
前の25件 | -

FaceBookにて、グループを作成しました。 [Diary ‐雑感‐]

*周知の意味を込めて、しばらくはTOPに。更新記事はこの記事の下からどうぞ。

一時期は招待制で隆盛を誇ったmixi…それも廃れ、今はFaceBookが本流だとか。

かくいうアテクシも、SNSはほぼFacebookのみ…たまにmixiも見るけども、つぶやく人がかなり少ないしなあ…。んで、その中にもコミュとかグループとかある訳で。

じゃあ、BW'Sは…と探したところ、見当たらず。いや、あるにはあるんだけども、日本語で話しているグループが無い。アルファベットと漢字ばかり…わ、分かんねぇ…!

facebook.jpg
□グループ名 ヤマハ BW'S125 Fi

なので、作ってみました、「ヤマハ BW'S125 Fi」。

「」内をコピって検索すれば、出てくると思いますので、気になる方はご参加をば。

ちなみに作成した理由の大前提としては、日に日に減り続けるBW'S125オーナーと交流がしたい。との思いから。もうね、残存するレアオーナーと語りたいの、BW'Sを。

あとは未だに、出先で「アキヒトさんですか?」と声を掛けて頂けることがあるのだけれども、blogと言う媒体上、絡み難い(コメントし難い)とのお話ので。

逆に、「blogを見ていて…」とFacebookからオイラを見つけ、友達申請をしてくれる人が居る為、それならば、グループがあった方が良いんじゃないの、という思いから。

繰り返しとなりますが、気になる方はご参加をば。

nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

燃料と駆動系について考える。 [BW'S125Fi(3rd)]

最近、燃費が悪い気がするウチのBW'S…特に計測した訳ではないが、単純に給油が多い。

例えば、VOXは1L/35㎞(燃費が悪い時)で タンク容量が4.5Lで継続走行距離は157㎞…50㏄で180㎞はそうそう走らない為、月に1回の給油で事足りる。

W650は1L/30㎞(高速巡行メイン)でタンク容量が15L、継続走行距離は450㎞…は流石に無理があるが、200㎞越えのツーでも途中給油は気にしなくても良い。

IMG_9887.jpg
□メータから推察

じゃあBW'Sは…とメータから見るに70kmで3/5を消費…と単純な表示では無いのだが、ざっくりと見ても1L/25㎞は割っていると思われる。

タンク容量が6Lで1L/25㎞なら継続走行距離は150㎞…いや、そんなに走らんな。感覚的には、1L/22㎞辺りだろう。22km*6Lで132㎞…うん、多分、こんなもの。

実際には1Lを残した状態で燃料部分が点滅を始める為、22km*5Lで110㎞を越えた辺りからもう、給油を意識せねばならない…W650やVOXに比べ、給油の頻度はかなり高い。

IMG_0492.JPG
□原因の一つ

燃調のベストセットが出ていないものあるが、やはり問題となるのは駆動の特製では無いだろうか。DYベースの駆動セットは、些か街中では高回転に寄り過ぎるのだと思う。

【ドライブ側】
プーリー DY ランププレート DY フェイス 某メーカ鍛造 プーリーボス DY
【クラッチ側】
軽量クラッチ 新雅  軽量クラッチアウター 新雅 センタースプリング DY 
アルミドリブンカム JapanSpeed
【ベルト&WR】
ベルト BANDO  WR 9.5g

上記が現在の仕様である…クラッチミートが6,000rpmに近く、低速走行で7,000rpm付近、高速走行で8,000rpm以上は回してる乗る仕様となる…そりゃ、燃費も悪いわな。

近所でのんびり…30km/h程度で走るにも、7,000rpmも回していれば、だ。

IMG_0488.JPG
□JapanSpeed

てなワケで、低回転からトルクが発生し、体感的にも乗り易いJapanSpeedを購入。

過去にも所有していたのだが、ポん太がBW'Sに復活!と聞いてそちらに行ってしまったドライブ側の数々…KITACOのDLCボスとローラーがあったのは幸いだが。

JapanSpeed プーリー 5,800円 / 6,264円(税込)
新雅 ランププレート 1,200円 / 1,296円(税込)
良輝 センタースプリング 1,200円 / 1,296円(税込)
合計 8,856円(税込)

地味に一万近い…と言うか、いつの間にかJapanSpeedのプーリーは1,000円も値上げか…と思いきや、4型のシグやBW'Sに対応する為のカラーが付属…それで値上げ、か。

このお値段を考えると多少、燃費が良くなってもなあ…という気はするが。

燃費よりも給油回数が抑えられる事、なによりも低速での使用用途が増える事を考えれば、今のBW'Sとしては悪くない…のかな。うん、悪くない、と言う事にしよう。

次の梅雨の晴れ間でも利用して、駆動周りを組み替えるとしようかね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

ハンドルマウントアダプターテスト、VOX&BW'S編。 [GoPro session]

お高いmicroSDを挿入し、ハンドルマウントを取付ていざテスト!

ちなみにお高いmicroSDの恩恵は特に分からない…画質が変わる訳で無し、PCへのインポートが早いかと思いきや、大した変化も見受けられない…安いのでも良かったかな。

IMG_0353.JPG
□アダプタ

…microSDはさておき、安価なGLIDERのハンドルマウント。うん、ちょっとチャチい。

スマホホルダーなどのバイク用品なら、ボルトを完全に抜かなくても、下側の受けだけズラす様な形状に作るのが普通なんだが、コレは下から完全に抜かないとダメ。

まあ、バイク用品では無いし、お安いし、仕方が無いか。取り付けたらつけっ放し、と言う人ならば気にならないであろう問題だし。ウチは3台も居るから手間だけども。

IMG_0357.JPG
□設置

VOXは想定通りに付けやすい…やっぱりブレースバーが良い位置にあるからね。

メータ周りを移し込まないので、速度を確認しないで走れるのも良い。強いて言えば、ちょっと目立って恥ずかしいかもしらん…車体最上部に飛び出してるから、なあ。


GoProSession VOX ver ハンドルマウント

うん、良い感じ良い感じ。ヘルメットと異なり、乗り手が動いても景色が変わらないので、運転に集中できる。バンクした時にキチンと画像が傾いてくれるのも良いね。

でも、youtubeに上げると画質が落ちるんだな…PCならフルサイズでもキレイなのに。

IMG_0358.JPG
□振動

BW'Sも想定通りの場所にマウント…は良いのだが、E/gを掛けて暖気をしながら、取り付けた状態を撮影…したらもう、この時点でブルってますねGoPro Session。

必要以上に高いマウントの為か、先端でブレが出ちゃってる…困ったもんだなコレ。

GoProSession BW'S125 ver ハンドルマウント

走り出せば収まる振動もある…と、走り出してもやっぱりブレてるGoPro Session。ここ、慣らされてから時期が経っておらず、走行車両も少なくキレイな道なのに。

いや、道がどうこうってよりは、車両の問題なんだろう、なあ。

IMG_0364.JPG
□設置

まず、ハンドルから可動部を2か所も経て、こんな高い位置だしなあ。

サブフレームと強化(ブッシュ)サブハンガー、弄繰り回したE/gで純正とは比べ物にならないハンドルの振動がある車体…で、ハンドルマウント自体に無理があるんだろうな。

さて、本命のW650...ダブさんはどうだろう。

SR400辺りよりも、硬く細かい振動がくる車両だからねえ…でも他にマウント位置が無い。つか、この子はどこに付けても、ブレまくるだろうという気がする。

ハンドルマウントアダプターとmicroSDカード購入。 [GoPro session]

昼ビール・セルベールの前に買い込んだGoPro Session関連パーツ。

当初の予定通りにハンドルマウントアダプターと、microSDカード…部屋に転がっていた8GBはスペックも低いし、何よりも低容量では必要最低限の撮影も厳しい。

IMG_0336.JPG
□ハンドルアダプター&Session用レンズガード

…と、ついでに見つけたGoPro Sessionボディ専用のカバー…カバーと言うか、蓋と言うか…本体が小さく軽いだけにポケット等に入れる事も考え、購入して見る。

IMG_0337.JPG
□蓋

…う、うーん…予想を超えて、ちゃっちい…なぁ…ペットボトルの蓋以下。その割に500円越えとかちょっと溝銭感が拭えない…ひさしぶりにここまでチャチいのを見たな。

IMG_0339.JPG
□装着

本体の溝に引っ掛かるとか…特にそういう部分も無く、PPと思わしき素材が少しだけ本体より小さい…為に、嵌めるとくっつく…みたいな…本当にチャチい品である。

*後に持ち歩く際、とても重宝するのだがこの時は溝銭にしか思えなかった。

IMG_0340.JPG
□ポールアームバイクマウント

さて、今回の本命…はmicroSDカードだが、それについでの本命である。

ハンドルバーへ組付けることが出来る、ハンドルマウントアダプター。吸盤マウント同様に、GLIDERブランド…お値段も1,220円と大変、リーズナブルな品である。

…これが1,220円、吸盤マウントが816円なのに、なぜに蓋が518円もするのだろう。

IMG_0343.JPG
□内容確認

パッケージの外から見たのと差異は無し…マウント部は大きめに作り、隙間を埋めるとの防振の為にゴムを挟み込む造りか…ミリもインチも問題無さげな太さだ。

IMG_0344.JPG
□GP装着

GoPro Session本体を装着。…本体重量に対して、アダプタの軽さが気になる…全て樹脂パーツだが、強度(防振的な意味で)的に大丈夫なのかな、という一抹の不安が。

IMG_0346.JPG
□可動部

ボールジョイントは良い…時間経過と経年劣化でダメになりそうだがこの価格なら…ただ、本体マウント部の下、ダイヤル式の雲梯みたいな部分がダメ…これは瞬着かな。

ボールジョイントで動く幅があれば十分なので、ココは動かない方が使い易い。

IMG_0348.JPG
□SanDisk UltraPLUS 32GB

今回の本命、microSDカード!…6,980円...た、たっけぇぇぇぇ!

64GBのSDなんて、5,000円もあれば…と思いきや、良い奴は1万越えとかあるのなあ…と見ていたら、SONYとSanDiskのみか…そりゃ高ぇわな…完全に予算オーバーだわ。

帰宅して、ネットで安いノーブランドでも買おうかな…。

でもここまで来たのが無駄足か…と言うのと、3,000円近いポイントを充当出来るのはヨドバシだけだし…と悩み、それなら32GBに落として少しでも良いのを買うたるわ!と。

Class10、UHS Speed Class 1、転送最大80MB/sec…なので、32GBでもこのお値段。

IMG_0350.JPG
□フルHD撮影時間

決め手だったのは、「FULLHDVIDEO」の記載と『録画時間の目安(フルHD動画) 約200分』の記載があり、200分もあれば…と言うか、120分も要らないと思われたので。

ただ、フルHDは良いが、fpsはどうなんだろね…30fpsとかかもしらん。今は1080p/60fpsでの撮影としているが、これで峠走行一本分などを録画できるのかしら…。

ま、一時間以上、連続で峠走行ってのは無いから、大丈夫か…なあ。

IMG_0351.JPG
□パッケージ

パッケージが面白かったので撮影…なんか食玩みたいだな、こうしてみると。

しかし、今更SDカードなんて使用用途が殆どない…特にコレみたいなハイスペックなのは動画線様な事が多く、microSDが前提…ならアダプタ無しで安く売ろうぜ。

UltraPLUS 32GB 6,980円-2,785円(ポイント充当)=4,195円...良いお値段だ。

IMG_0352.JPG
□挿入

おそらくGoPro Session専用となるであろうmicroSDカードを挿入…8GBが空いたけども、どうすっかなこれ…普段、使うことも無いからなあ、SDもmicroSDも。

しかし、Class4の低スペックでも問題無く使えてたんだよなあ…とか考えない様にする。

ハンドルマウントとなんつっ亭とビール。 [GoPro session]

前回のテストでGoPro Sessionが意外に使えるとの判断に至る。

…が、逆にヘルメットマウント(上部チョンマゲ)は、視点に左右されて撮影がし難いとも気が付いた…やっぱり、車体へのマウント…ハンドルマウント辺りかな。

だが、ハンドルマウントは車体側に取り付ける余裕が無いと成り立たないので確認をば。

IMG_0310.JPG
□BW'Sハンドル

ロー&タイトなハンドルを、通勤仕様にとさらに3㎝カット…ギリギリまで幅を詰めたハンドルは、文字通りにかなりタイトな仕様となる…ポスト部分も一体型だしなあ。

IMG_0311.JPG
□設置ポイント

強いて言えば、左側…ドラムブレーキ故にフルードタンクを持たないBW'Sはこの部分にクリアランスがある…とは言え、真っ直ぐでは無く、斜め前へ向いている。

IMG_0313.JPG
□W650ハンドル

本命たるW650...なのだが、これまたイングランドバーと言う特殊なハンドル形状が災いし、余裕が少ない…BW’S同様にドラムで左側に余裕が…でもスマホアダプターがある。

IMG_0315.JPG
□設置ポイント

と、なるとポスト部分なのだが、ダブさんはハンドルの真下、ほぼクリアランスゼロでステムナットがあるんだよねえ…左右に少しの隙間はあるのだが、狭くて無理かな。

IMG_0316.JPG
□設置ポイント2

ハンドルポストは無理…だが、逆に、ダブさんは吸盤マウントが使えそう…なのが、この燃料タンク。塗装強度を考えるとあんまり使いたくはない…んだけどなあ。

IMG_013170.jpg
□VOXハンドル

そして、最もGoPro Sessionを使用する必要が無い車体がVOX…そして、最もハンドルマウントを付ける余裕がありそうなのもVOX…前後ドラムでブレースバー付だからね。

IMG_0318.JPG
□設置ポイント

撮影位置的にも、ブレースバーだろうなあ…メータが映り込むと、公開する時に速度が~…なんて連中も湧きそうだし。何より車体に対して水平なので真っ直ぐ付けられる。

IMG_0323.JPG
□電車移動

今回は仕事も兼ねている為、電車で移動する事になる…が、6月ってこんなに暑かったっけか…?かろうじて日陰はあるのだが、28℃の気温にダラダラと流れる汗が止まらない。

IMG_0324.JPG
□昼ビール

一仕事を終えて、GoPro Session関連の買い物を終えて、一息。

ああああ、平日昼間の(と言うにはやや遅い時間だが)ビールは堪えられんね…やや小さなジョッキで500円とお高いながらも、キンキンに冷えた真昼のビールは旨い…!

IMG_0325.JPG
□らーめん&一口ライス

ま、らーめんが出るまでの一杯ならばちょうど良い…ひさしぶりのなんつっ亭である。

ここはトッピングやチャーシューめん、限定などよりもノーマルが一番…なので、ひと口めしを付けるだけに留める。ひさびさの黒マー油が沁みる…たまに食べたくなるな。

IMG_0326.JPG
□平日限定大盛り無料

平日のランチタイムは大盛りが無料なので…と考えて、あれ、そう言えば、最後に食べたのも、平日の大盛り無料だったな…でもなぜに、平日の昼間にここにいた…?

と考え、そうだ、右橈骨遠位端のロッキングプレート除去手術の入院前だ、と思いだす。

あれは2016年の2月…だったか。ダブさんが納車されて直ぐなのに、バイクに乗れなくなったっけ…それからまた、リハビリをしてバイクに乗れるようになって。

経過した時間以上に、随分と遠くへ来たような、そんな気がするなあ。

GoPro Session 接続設定とテスト走行。 [GoPro session]

開けて翌日、さあ、テスト走行に!…の前に、アプリのインストールと本体の設定。

小さく軽量化されたGoPro Sessionは、他のシリーズの様に背面液晶を持たない為、設置後の画面などもiPhoneから行わねばならない…まだまだ室内作業は続く。

IMG_0271.PNG
□Capture

『Capture』と言うアプリを落とす…パッと見にGoProのロゴと全く似通ら無い為にサードパーティ製かと思いきや、調べたら純正…ホント、アメ製はこういうとこが弱いよな。

IMG_0285.jpg
□アカウント作成

まずは、アカウント…接続用設定を作りやがれ!と言われる。指示に従い、「goprosession」を作成すると、今度はwifiで繋げ!とのご指示が…地味に面倒臭いな。

もっとこう、BW'Sのエニグマみたいに自動検出でササッと繋げないものかね。

IMG_0284.PNG
□本体側

で、設定が終了したら、本体側からwifiを有効にする必要がある。

本体背面のボタンを数回押し、wifi設定画面を呼び出したら、上部の〇ボタンを押す…。これで、本体側の設定を終えたので、次はiPhoneの設定画面から…ああ、面倒臭いな。

IMG_0286.PNG
□wifi

通常は自宅の無線LANがデフォルトになっている、wifi設定を変更する。

本体側から信号が発進されると、先ほどの接続アカウント名が表示され、それを選択する。…これでようやく、本体とiPhoneの接続が完了…めっちゃ手間だねコレ。

しかも説明がゼロなので、iPadで説明サイトを見ながらようやく出来るレベル。

IMG_0287.PNG
□撮影画面

うあ、初っ端から撮影画面が出るのか…先にアプリを立ち上げていたせいか。

またしても説明が無いので、触りながら覚える…左の□の集合体は、撮影したメディアの画面へ…センターの丸は撮影開始と撮影停止…一番右のスパナは設定画面か。

IMG_0290.PNG
□選択

大体は見えてきたが、実際に使用する際はどうなるのだろう…と全て落とす。

設定画面からの移行なので、アプリの立ち上げからキチンと動作を確認する必要がある…一番上の画像から、「カメラを接続」を選ぶとこの画面に来るのね…なるほど。

右上の水色のマークがwifiの有効を示すのか…繋げていないとグレーアウト。

IMG_0295.JPG
□テスト

お試しに、youtubeの画面を撮影…まあ、動いてればなんでも良し。

で、テスト撮影は無事に成功…動画が撮れており、再生が出来る事を確認したので、ここからは実走行テスト…はあ、永いな、ココまで来るのに。しかも説明ゼロの不親切。

評判と実績から選んだGoProだが、Sony辺りにすればもっと楽だったのかね。

IMG_0303.JPG
□アタッチメント

まずはお試しなので、VOXで使用している半ヘル(GS/125㏄まで)へアタッチメントを貼り付ける…なんだか物凄く強力な両面テープで、これなら剥がれ落ちる心配はない。

車のエアロとかエンブレムを固定する様な両面テープだと思われる。

IMG_0300.JPG
□セット完了

そしてGoPro Sessionを装着…ちょっと恥ずかしくもあるこのシルエット。

…なんか、「スタードッキリ」とかで、ヘルメットにカメラを付けていた、あんな感じに見えるな…地味に恥ずかしいぞコレ…テスト走行以外には、使わない事にしよう。

□テスト

…おおお、思ったより、全然、キレイだ!流れる画像も潰れない…凄いなGoPro。

1080/60の撮影のせいもあるだろうが、思っていたより遥かにキレイで流麗な画像が撮れる…が、youtubeに挙げるとかなり劣化するんだな、この手の画像。

正直、youtubeで見た画像で購入を悩んでいたのだが、それは杞憂だったと知る。

実際の画像は、24ワイドのディスプレイでフル画面表示でも全くザラつかない画像が撮れる。うん、これで充分だ…blogに張り付けるレベルなら、劣化も気にならないし。

実際、走行速度や何やらを考えると、公開する動画も多くはないだろうし、な。

GLIDER ミドルアーム付き吸盤マウント。 [GoPro session]

さて、寝るか…と思いきや、まだアダプタを確かめてないな、と。

そして飲みながらGoPro Sessionと言う玩具を弄っていたのだが、まだ飲み足りないな、と…いう事でセットで購入した吸盤マウントを出してきて見る事にする。

IMG_0272.JPG
□GLIDER ミドルアーム付き吸盤マウント

GLIDERと言うのは社名では無く、株式会社メイジエと言う会社のGoProアダプタ系のブランドの様だ。精度はまだ不明だが、GoPro純正の半分以下のお値段のパーツが多い。

まずはマウント方法自体が正しいかのお試し、てのもあるが、純正に然程の信用も無いしな。…日本メーカならまだしも、亜米利加産の純正品なんて。
 *二輪パーツでアメリカ…ヨーロッパ系は結構、酷い経験をしている。

IMG_0275.JPG
□アーム本体

GoProのアダプタ取り付け部分は、基本的にこの形状なのね…んで、取り付ける場所有りきのパーツ(今回は吸盤)、その間に可動部が存在する、と言う形状かあ。

製品名がミドルとあるので、アームが短いのや長いのもあるのかな。

IMG_0281.JPG
□取付

ケースアダプタを取付…うん、吸盤と言う形状から分かるとは思うが、タンクへの固定を想定している…為、この位の長さがちょうど良いのではないかと思う。

長過ぎるとSessionの重さで振れちゃうだろうし、短いとメータしか映らんだろう。

IMG_0278.JPG
□吸盤

W650のタンクは、アメリカン形状の為にタンクキャップより後ろは、ネイキッド系にしては平坦な形状をしている…と思われるので、これで行けるのではないかと。

ただ、純正塗装では無いので、この手の吸盤に対する耐性が分からんのが怖い。

IMG_0279.JPG
□可動部

上の部分で左右、下の部分で前後の首振りが可能なアダプタ。

当初、純正のハンドルマウントも考えたのだが、純正品は可動部が少なく、真っ直ぐ前しか撮影出来ないと知って、諦めたのもある…ので、可動部があるのは嬉しい。

まあ、可動部は壊れ易く振動の元にもなるけども…元値が安いからね。

IMG_0283.JPG
□アタッチメント

でも、まずはVOXかBW'Sでテスト…と考えると使えないなあ、コレは。

本体に付属していたアタッチメント…の一つに、局面に貼り付け(両面テープ)が出来そうなのがあったので、まずはコレをメットに固定して、テスト撮影でもしてみよう。

…いい加減、眠くなってきたし、酒も回って来たので今夜はここまで。

GoPro session、開封! [GoPro session]

『きつねとはちみつ』の後に、川崎ヨドバシで購入したGoPro Session。

帰宅後に奥様と一杯…そのまま潰れてしまうも、意識のどこかにGoPro Session(以下GPS)が残っていた為か、日付変更線を越えた辺りで目が覚める…うし、ちと弄るかな。

IMG_0249.JPG
□GoPro session

購入してきたのは、GPS本体とGLIDERとロゴを打たれた、GoPro用アダプタ…ミドルアーム付き吸盤マウント(税込816円)。

GoPro正規のアダプタ系はどれも中々に良いお値段(ハンドルマウントで5,000円近い)だが、サードパーティー系はそれなりにこなれたお値段の模様…ま、これは追々で。

IMG_0250.JPG
□正規品証明

GPSのケース周りを包む薄くて安っぽいビニール…スーパーで良く触るようなそれを破いて…て…え、日本国内正規穂商品のシールとか、保証書とかついてるぞこのビニール。

…シールならば本体に貼れば良いし、保証書は内部に入れれば良くないか…?

IMG_0251.JPG
□開封

…と考えていたのだが、開梱していてそれは出来ないのだと気が付いた。

アメリカ製故なのか、アップルに近い梱包は、内部に同梱するには開梱の必要があり、それは中古とも呼べる状況となる為、外部に被せるビニールで分別していた様だ。

IMG_0253.JPG
□取り出し

開梱を薦めた先で、大きなプラカバーを除去し、本体の固定が取れ…ないだな、何だコレ。ブッシュゴムを起こして、スライドか…と裏面を見ると想像裏付ける説明。

…他国への輸出も考慮されたのか、説明文の無い絵的な説明が微妙に思える。

日本製の、一から十まで説明を施し、諄い程のユーザフレンドリーに慣れていると少々、突きは無しがちに感じるなあ、アメリカ製品…しかも然程、正確じゃない絵だしなあ。

①と②の間に、ツマミを押し込む…ての無しで、押し出したら折れるだろコレ。

IMG_0255.JPG
□製品一覧

ケース付きの本体、アタッチメントが二つ、USB接続ケーブル…が全ての品の様だ。

HERO4SessionからSessionに簡略された際に省かれたオプション品だが、こうして見ると最低限は整えられているし、無いものは分からないから、これはこれで良いのかね。

IMG_0258.JPG
□アタッチメント

さて、本体を包み込むケースアタッチメントはどんなものだろう…と手探りにケース兼アタッチメントをバラシて行く…ほおほお、こんな感じになってるのね、面白いもんだ。

IMG_0260.JPG
□再組立て

興味&好奇心を満たせたので、納品時と同様にケースを装着し直す。

これ、ケース形状で如何様にも変形、使用用途の変更が効くよな…現在はキューブ&エッジの身のケースだが、キューブを飲み込む様な形状のケースで幅が広がると思う。

ま、ソレを望むなら、Sessionを選ばないかもしれないが…これはこれでアリだね。

IMG_0262.JPG
□説明書

うわぁ日本語じゃねぇ…と思いきや、裏返したら背面は日本語だった。

…でも、microSDカードはココに入れよう。とか、このボタンを押すと撮影開始、もう一度押すとカメラモード…程度の説明しかないよこれ…後は貼り付けマウントの説明だけ。

海外製の電化製品てな、ググることベースのモノなのかしら…。

IMG_0264.JPG
□記録メディア

さて、それでは指示通りにmicroSDカードを…と思いきや、同梱されてない。

え。マジで。入れ忘れ…?と思いきや、そもそも別売りか…最低限でも、単品で機能する様に売るのが日本製品だろうに…GoProは亜米利加製だっけか…アメちゃんめ…。

IMG_0265.JPG
□microSD

さって、どっかに記録メディアは…と探したら、なぜか工具箱から発見される。

なぜか14mmのソケットの中に居たmicroSDカード…Transcendと書かれたそれは、8GBのClass4...動画の記録にClass4って大丈夫なのかしら…ま、最初のお試しだしな。

IMG_0266.JPG
□挿入

説明書に従い、microSDを挿入…アダプタを戻し、この為にまたバラす…無駄な手間踏んでんなあ、と思いきや、これアダプタ付いてても出し入れ可能だと後に気が付いた。

ちなみに、microSDカードは文字のある方を上に、斜め下へと挿入する。

IMG_0270.JPG
□充電

…と、夜中に遊べるのはココまでか…まだ、充電もされてないしね。

明日は午後から雨との事だし、少し早めに起きて設定&テスト…出来れば、付属のアタッチメントを取付て、テスト撮影をしてみたいかな。

きつねとはちみつとGoPro Sessionと。 [Diary ‐雑感‐]

奥様とベッドでwebを見ていた際に、ふと見つけたホットケーキの専門店。

『ホットケーキの店 きつねとはちみつ』…ここまでは特に気になる訳でも無いのだが、お店が池上と蓮沼の間…実家から近く、今の住居からも散歩圏内と気が付いて盛り上がる。

IMG_0247.JPG
□きつねとはちみつ

まあ、散歩圏内とは言え、google先生によると徒歩41分と中々に遠いんだけどな。

帰りは池上線から蒲田、京浜東北線で川崎、南武線に乗り換え…と電車で帰るのであれば、歩けない事はない…川崎で乗り換えるのならば、途中下車で寄り道も出来るし。

IMG_0235.JPG
□さらだ

ランチサービスのセットと言う事で、サラダ+ハヤシライス(小)+ホットケース(3種から選択)で1,000円の大変にリーズナブルなコース…てことで、まずはサラダ。

南瓜ベースのマッシュポテトに、プチトマトやレタスと意外に手が込んだ一品。

IMG_0238.JPG
□はやし

(小)と言う割には、意外と大きく、具だくさんのハヤシライス。美味しいけれども、これはサラダほどの手を入れていないのか、特筆すべき点は無し…なのだが。

奥様のキーマ風カレーは手が込んでおり、ホットケーキ専門とは思えぬ美味しさ。

IMG_0243.JPG
□ばたー

やはり専門店…と言うだけでは無い、ホットケーキの美味しさは素晴らしい。

銅板焼上げで妙に厚みのあるホットケーキは苦手だし、薄手で2枚載せて来るホットケーキも好きじゃない…が、ここは程好い厚み(1.5枚くらい)で美味しさも食べ応えも十分。

外がカリッとしてナイフを入れ易いのに、中はホワッとしながらもモチっとしており、ナイフを押し返す弾力が手に心地よい…もうこの時点で、自ホットケーキ史上、最高。

しかも、画像のマヨみたいなのは自家製のトロッとしたバター…これもタマラナイ。

IMG_0229.JPG
□はちみつ

なによりも、素晴らしいのこのハチミツである…!

昭和世代のホットケーキは、メイプルでは無くハチミツ…それも諄く甘くてべったりとしている…故にメイプルを知った時の感動が凄く、ハチミツはある種のトラウマに近い。

幼馴染の手作りと言う甘いスパイスを含めても、苦手だったあのハチミツの思い出。

IMG_0244.JPG
□うまっ

まずは食べやすい様に1/4にして…でも、冷めない様に以降はそれを1/2にして…1/4位は店名に敬意を表して、ハチミツで良いだろう…残りはメープルシロップで食べよう。

…なんて考えていた時期が僕にもありました…旨いぞこのハチミツのホットケーキ!

比較の為に、残りの内1/4はメープルシロップを使用する…これも旨い…が、ハチミツには敵わない、と言う事で、3/4をハチミツで食す…次回は全てハチミツで食べると誓う。

これで1,000円は安過ぎるだろう…1,200円~1,300円は取るべき品だと思う。また行きたいお店だし、経費で潰れる位ならば、値上げした方が嬉しい名店だろう。

IMG_0249.JPG
□GoPro session

…はさておき、夕飯の買い物がてらに、川崎で途中下車…ついでに、川崎ヨドバシへ。

もう、前回のログから想像が付いてるとは思うが、本日の『きつねとはちみつ』に次ぐ主目的…メインミッションの『GoProSession』を入手…詳細はまた、後日のネタで。

しかし、ホットケーキが美味しい、と感じたのはいつ以来だろう、なあ。

付き合いで食べる事はあったし、奥様から一口貰うのも嫌いでは無い…が、すすんで食べたいと感じた事はないし、美味しく食べたのはそれこそ、10代前半の朧気な記憶の中。

ホットケーキ、てのは、美味しいものだったんだな、30年の時を経て再確認する。

PlayStation4売却とGoPro sessionの購入について。 [装備・小物類]

何というか、定期的に欲しくなる動画撮影用カメラ…GoPro。

大体、季節に一度位は価格を調べてみて、使用用途と頻度を考えてみて、うーん…と悩んで終わる事が多いのだが、今回はまた悩んでみる事にする。

gopro02.jpg
□GoPro session

前回は、HERO4 SessionからSessionへ変更されたばかり、しかもメーカーからの価格変更で市場価格の実質的な値上げとなっていた為に、タイミングが悪かろうと諦めた。

確か、29,800円(税別)…となると税込みで32,184円。お高いね、3万越えは。だが、いつの間にか2万後半…それも半ば近くまで落ちてきている様子。手頃だな。

オクの売上専用口座に1万ちょいはあったっけ…奇しくも前回悩んだ時同様に、価格から1万マイナスして考えられる状況とあれば…でも、緊縮財政中なんだよなあ…。

…と考えたが、ん?…そう言えばオクで売れるものがあったな、と。

IMG_0225.JPG
□PlayStation4

『No BW'S No Life』のみで挙げているゲームコンテンツのPS4が売れるか。

『biohazard7』をプレイしたくて購入し、『DARK SOULⅢ』にハマったが、以降は興味を持てるタイトルが無く『ドラクエヒーローズⅡ』を購入するもクソ過ぎて投げ出す。

半年先のタイトルまで調べるも、食指がゼロと言うオワコンだしなあ、PS4。

IMG_0227.JPG
□1TBモデル

ちなみに売却しようと考えたのは、今ならば高値が付きそうな機種だから。

『CUH-2000B B01』は後期薄型の大容量1TBモデルで、4K対応を除けば現時点での最高スペック。中古の店頭販売価格も、3万近い…オクではもう少し安価になるだろうが。

と言うか、異様に安価(ほぼ2万)で入手出来た為、売り抜けるには良いタイミング。

GoProに手を出すかはまだしも、捌いちゃった方が良いかもしらん、と考えたので即オクに出品…最低ラインでも2万は切らないだろうし、+1万ならSessionに手が届くよなあ。

ゲーム機を眠らせるぐらいなら、ブログネタにもなるアクションカムかなあ…。

ダークソウルⅢ クリア後のおはなし。 [ゲーム]

無事に1周目をクリアし、お楽しみの2種目へと突入する。

周回.jpg
□周回プレイ

『王達の化身』を倒すとエンディング、その後に上記の選択肢が出る。

ここで『NO』を選択しても、掛り火で周回プレイへと移行出来るので、やり残しがあれば『NO』で…クリア後のご褒美、『強くてニューゲーム』が大好きなオイラである。

が、このゲーム、周回プレイとて無双できる訳じゃないんだよね…微妙に敵の強さが周回毎に1.1倍、1.2倍、と増していき、主人公の強さはほぼ固定なので、辛くなる。

2周目はまだ楽しめたが、3周目以降はこちらの強さがほぼ固定で、相手だけが地味に強くなる為、途中で飽きてくるんだよなあ…ここで飽きが来たのは仕方ないだろう。

ステータス (2).jpg
□ステータス

生命力:40 集中力:10 持久力:40
体力:40 技量:40 筋力:40 
理力:15 信仰:09 運:99

上記が2周目をクリアした際のステータス。

生命力はHP、体力は装備重量、持久力はスタミナ。技量と筋力は攻撃力となる…運が99なのは、『アンリの直剣』でステ極振りしたから…これで500近い攻撃力となる。

レベルを上げる為のソウルが、2周目だけ取得率が大きく上昇(2~5倍)し、そこからは3周目は1.1倍、4週目は1.13倍、5週目は1.2倍…最大でも1.28倍までしか上がらない。

なので2周目で踏ん張り、生命力:40⇒50、信仰:09⇒20まで踏ん張った。これで攻撃力500に届く。Lv40以降は鍛えても殆どステータスが伸びず、強さはほぼ固定となる。

デブ.jpg
□ソウル稼ぎ

ダクソ最大のソウル稼ぎと呼ばれる、『大書庫デブ騎士狩り』。

『貪欲者の烙印』『渇望の盾』『貪欲な銀の蛇の指輪+3』フルセットで、3匹殺して300,000ソウル行かない位…なんだがもう、1Lvに800,000以上必要なんだよね。

デブ狩り4クールで、LV1…じゃ、ステータスは何も変化せず、最低でもLv4(16クール)で何か1ポイントのステータスが増える位…しかも5ポイント位上げないと体感出来ない。

体感出来るのは、16回でLV1、×5で80回…大体、2~3時間やりっ放しでそれくらい。

しかも、Lvが上がる毎に必要ポイントが鰻登りで上がる為、Lvが上がる程、手間と時間が増していく…さらに攻撃力はここがカンストで、もうほとんど増加しない。

DARK SOULS III_20170526104810.jpg
□装備

じゃあ、攻撃力や防御力に直結する装備品は…となると、これはもう最初の1周目で手に入り、外部要因での成長は何一つ見込むことが出来ない発展性の無さが凄い。

一定の指輪は「+2」まで、周回毎に増えるのだが、それ位である。

ちなみに、最終装備は『アンリの直剣』『竜血騎士鎧』『渇望の盾』。指輪は『騎士の指輪』『狩人の指輪』『寵愛の指輪+3』『貪欲な銀の蛇の指輪+3』の実践フルセット。

DLC.jpg
□DLC

なお、『寵愛の指輪+3』『貪欲な銀の蛇の指輪+3』は、本編では入手できない。

そう、有料ダウンロードコンテンツを入手しなければ…いい様にフロムに搾取されている気がするが、ここまでやり込んだし、追加コンテンツの購入もやぶさかで無し。

…とは言え、DLC1弾【ASHES OF ARIANDEL】と2弾【THE RINGED CITY】セットのシーズンパスで2,160円はちとお高く感じなくも無い…が、まあ、こんなものか。

DARK SOULS III_20170526163644.jpg
□ASHES OF ARIANDEL

ちなみに、DLCは指輪等のアイテム追加では無く、新たなマップが追加される…つまり、新マップを一定以上にクリアしないとお目当ての指輪も手に入らないという仕組み。

単純なアイテム追加と異なり、永く遊べるのは良いのだけれども…これ、周回を2~3回はこなせる腕が無いと、ボス戦に辿り着く事すら難しい難易度だったりする。

しかも、苦労の末に入手した『貪欲な銀の蛇の指輪+3』がショボい…。

貪欲な銀の蛇の指輪  敵を倒したとき吸収するソウルを増やす(+10%)
貪欲な銀の蛇の指輪+1 敵を倒したとき吸収するソウルを増やす(+20%)
貪欲な銀の蛇の指輪+2 敵を倒したとき吸収するソウルを増やす(+30%)
貪欲な銀の蛇の指輪+3 敵を倒したとき吸収するソウルを増やす(+35%)

10%Up、20%Up、30%Up、とくれば40%Up、だろうが…!有料コンテンツで本編より難易度の高いマップをクリアして、手に入るのが35%Upとか微妙にもほどがある…!

…と感じたので、ダークソウルⅢはココで終わりとする…もう楽しく、無いからなあ。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり。 [ゲーム]

ダークソウルⅢを終えて、次なるゲームを…と探して目についたのがコチラ。

ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり_20170614094901.jpg
□ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり

Ⅰの時から気になってはいたのだが、実質、PS4用と聞いていたので手を出さず。

PS4を手に入れてみたら、既にⅡが出ており、ネットでは明らかにⅡの方が高評価…続編でないならば、高評価のⅡからでも良いだろう、と購入してプレイ。

ドラゴンクエストはⅠが小学校低学年、Ⅱが中学年、Ⅲが高学年とモロにドラクエ世代なので、この名を関するゲームにはそれなりに思い入れがある。

もう、RPGの経験値稼ぎは時間的に辛い為、ナンバリングは8で終了したが。

大好きなアクションRPGならば…と期待に胸を躍らせて購入する…おお、ゲームが始まるなり、懐かしいBGMに包まれる…ああ、全てのSEに聞き覚えがある…!

戦闘がアクションであれば、如何に楽しいだろう…とチュートリアルを抜けて初戦闘。

ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり_20170614095057.jpg
□戦闘シーン

脱力を越えて、地面に手を付きたくなるレベルの酷さだった…。

なんだこれ、やった事はないが『無双系』というヤツなのか…?□ボタンと△ボタンの連打、方向キーを適当な方向に入れるだけで、戦闘が終わる…格ゲーのガチャプレイだ。

シビアな分、達成感の高いダークソウルⅢの跡には、失敗だったか…。

大型リッターSSの操作と、50㏄スクーターの操作くらいにレベルが違うし、得られる爽快感や高揚感、達成感が異なり過ぎる…これは酷い…何故に売れたのか…?

戦闘の酷さも最たるものだが、バランスの悪さ(ダクソは良い意味で即死ゲー)、謎解きのレベルの低さ…ああそうか、何もかもがレベルが低過ぎて、プレイが辛いんだ。

合間に入るムービーも、俳優もどきが声優で棒読みが酷いわ、アニメ(CG)キャラがオーバーアクションで「おかあさんといっしょ」みたいになってるわ、でもう、ねえ。

ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり_20170614094927.jpg
□もう無理

ダークソウルの時は巧く、強くなりたくて、先へ進みたくて、がんばった…のだが、このゲームは「買ってしまったから、がんばった」と言うカテゴリの異なる努力が必要に。

ヘタにドラクエの世界観を引き継ぎ、鳥山先生の絵を使用するものだから、違和感が酷い。ああ、これが原作レイプってやつなのかな。正確には、原作は無いけども。

Ⅳのミネアとマーニャが出るまでは頑張ったのだよ…アリーナとクリフトが出るまで、頑張ろうかとも思ったのだよ…だが、もうこの「おかあさんといっしょ」な感じが無理。

アクションRPGで戦闘がクソって、致命的なんだと気づかせてくれる作品ではあったな。そして、もう、ドラクエ黄金期は二度と訪れないのだろうな、とも。

もういいや、適当にうっぱらう事にしよう。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

新コンテンツ作成! [月間らーめん記録。]

月初に、前月に食べたらーめんをまとめてみよう、という新コンテンツ。

大体の一杯単価が1,000円前後と考えた場合、月辺りで10,000円は消費する趣味と考えれば、コンテンツとして十分ではないだろうか。ネタとすれば多少は還元されるやも。

IMG_0134.jpg
□6/4 矢口渡 いそべ 黒旨特製わんたんめん+大盛り 1,100円

澄んだ醤油スープに、肉×3+エビ×3のワンタンが絶品の黒旨特製わんたんめん。

IMG_9948.jpg
□6/6 溝の口 松虎亭 盛岡醤油拉麺+揚げ葱トッピング 750円

珍しい盛岡醤油に2回目からはトッピン無料となる券で揚げ葱をトッピング。

IMG_0048.jpg
□6/9 蒲田 潤 中華そば+大盛り 860円

駐禁の厳しさ故に、ほぼ一年ぶりとなる背脂チャッチャ系の中華そば。

IMG_0094.jpg
□6/10 下丸子 芥子や 大盛りあぶらめん+揚げ葱トッピング 1,000円

こちらもまた一年ぶりの来訪となる、タレとチャーシューが絶品のあぶらめん。

IMG_0534.jpg
□6/11 矢口渡 いそべ 黒旨特製わんたんめん+大盛り 1,100円

変わらず定番となる、激旨わんたんに酔いしれる。特製のチャーシューも旨し。

IMG_0326.jpg
□6/19 川崎 なんつっ亭 中華そば+大盛り 750円

半年に一度くらいの頻度で、無性に食べたくなるマー油の効いたライト豚骨。

IMG_9895.jpg
□6/24 矢口渡 いそべ 黒旨特製わんたんめん+大盛り 1,100円

もう6月に3回目なので特にコメントは無し…逆に月に3回も通うほどの味とも言える。

IMG_0611.JPG
□6/26 羽田 上々家 らーめん中盛り+のりトッピング 900円

自分内家系ランキングTOPのお店…味は良いが接客や清掃等に難があるのはご愛嬌。

IMG_0740.jpg
□6/29 学芸大学 鶏そばたけいち 濃厚鶏白湯+Bセット 980円

濃厚な鶏白湯の味は抜群なのだが、訪れるたびにスープの傘が減るのが難点。

【総評】

月間で9杯…週に2回で8杯となる事を考えれば、そこそこ食べているか。1,100円×3+750円+860円+1,000円+750円+900円+980円...で、8,540円...9,000円弱、と。

頻度で言えば圧倒的にいそべ…つまり、黒旨特製わんたんめんを食べる機会が多い。これは週一で食べたいと公言しているので、むしろ9回中3回は少ない方かもしれん。

潤の中華そばと芥子やのあぶらめんは、ほぼ一年ぶり…上々家は月に一度、松虎亭は2月に3℃程度だから、こんなものかな…7月はボニートときりきり舞いは押さえよう。

ああ、でも7月になると松虎亭のひやしらーめんも始まるんだよなあ…楽しみだ。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

走行騒音について。 [Diary ‐雑感‐]

神奈川県の基幹道路沿いに住み、1年と半年が過ぎた。

IMG_0140.JPG
□某基幹道路

そして思いの外、バイクの騒音は生活被害である事にも気が付いた。自身がバイクに乗るにも関わらず、それでもこれは酷い…と思わざるを得ないバイクは、意外に多い。

乗らない人には純然たる被害だろう…これは自身も反省すべき点である。

ちなみにBW'Sはジャマーズ管だが特殊な加工により騒音規定値内、W650はそもそも車検適合の音量なので、マフラーを変えた125㏄スクーターを下回る音量である。

001133174-horz1-680x398.jpg
□騒音取締

…まあ、2017年度も開始の騒音取締では、バッフル自体が違法とされる為、対象になるかもしれないが…少なくとも自分の基準ではあるが、迷惑な音量は出していないと思う。

あくまで主観とはなるが、幹線道路に住んでいて気になるのは、大音量のみである。

では、どんな車両が気になるのか…と見ていたところ、大体は下記の円グラフとなる。あまりに煩いと感じて、ベランダから覗いた際に車両を基準とする。

比率.jpg
□比率

【シグナスX】
ダントツで爆音なのがシグナス…それもⅡ型が最も多く、ついでⅢ型。暴走族もかくや、と言う音量で、暴走族はフカしている時だけなのだが、シグナスは常時煩いのがキツイ。

信号近くでは加速時にンバババーッ!減速時にンボボボーッ!アイドルでブボボボ。

しかも通勤にも使用される為か、深夜・早朝を問わず、生活騒音としては比率としても音量としてもほぼ最悪の部類に入る。割と本気で取り締まりを願う対象。

【ハーレー】
音量的には最大で、ババン!バン!バン!ババン!と耳障りな音がする。小汚い下痢便サウンド全開で、最も嫌いな排気音でもある。W650直管も近い音がする。

但し、休日の午前~午後の早い時間のみの為、煩いなあとは感じても、生活被害と言うレベルには達しない。言うなれば我慢が出来る範囲に落ち着くのが特徴とも言える。

【小型自動二輪】
シグナスを除く原二スクーターと4miniと呼ばれる部類。大概は一定音量なのだが、時に中型を越える様な大音量を響かせる上に、排気量故に遅いので物凄く迷惑なのがコレ。

GROM等は比較的静かだが、酷いのがゴリラ・モンキー、NSR50等のチビ系が酷い。暴走族を越える事も多い為、迷惑度はそれを上回る…シグ同様に時間を問わずに発生する。

*正確には中型となるが、S-MAXやPCX等も極めて煩いのでここに含む。

kinsetsu.png
□大排気量車

意外なのが、耳障りで大音量なのが概ね、50㏄以上~150㏄辺りに集中する事。

サイレンサーが社外だとしても、街中で有効な回転数が低回転域にもある大排気量車は、生活被害になる程の排気音をまき散らしていない。意外と静かな音量で走行している。

ほぼ直管(アクラ)+大排気量スポーツでも、暴走族やハーレー、小型に比べれ静か。

音量自体もあるが、直ぐに通り過ぎるのも大きいかも知れない…小排気量は走行限界速度が低い為、大音量が長引くのが感覚的に辛いのだとも思える…生活被害的に。

しかし、こう考えると125~150㏄スクーターとハーレーだけを取り締まれば良い気がする。

この2ジャンルを抑制するだけで、騒音問題の7割は解決するんじゃないのかな…暴走族なんて、温かい夏の夜にしか出ないし、時間帯も狭く音量自体も実は大きくない。

…125㏄スクーターブログなのに、それを叩く事になる結果になる不思議な結果となる。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

夜走りとらーめんと。 [BW'S125Fi(3rd)]

既婚者の方なら御同意頂けると思うが、平日の夜に時間を取る事は非常に難しい。

IMG_0050.JPG
□夜走り

ただ、奥様が飲み会等で稀にあるチャンス…しかも、晴天と言う組み合わせを考えると滅多にないチャンスである、この数少ないチャンスを何に活かすべきか。

…と問えば、それはもうらーめん以外に無い。それも夜しか行けないお店だ。

IMG_0048.JPG
□蒲田 らーめん潤 中華そば

筆頭に挙げられるのが、背脂チャッチャ系の名店、蒲田の潤である。この極太麺に煮干し系醤油と背脂が…また、刻み玉ねぎが脂に合うんだよな…岩海苔もタマラナイ。

ちなみに夜間しか行けないのは、駐禁の取締が酷い地域だから…緑蟲が出ない19時以降しか行けないから。おかげで1年ぶりの訪問となる。せめて月一は食べたいなあ。

2015-01-24T18 25 11-35a78.JPG
□2016年7月1日

加えて、自転車の撤去も酷いので、ここは本当に徒歩でしか行けない。この画像の時は、食べて出てきたら『撤去予定シール』がべったり…ラーメン一杯食べる時間も無いのか。

国の勝手な都合で、被害を被る飲食店は多そうだ。ある程度、定期的に訪れていた客が来なくなるのだから、店側の機会損失は少なくないだろう。

バイクの違法駐車を正当化するつもりはないが、自転車までは酷いんじゃないのか。

IMG_0057.JPG
□川原にて

帰り際、少し食べ過ぎたお腹を抱え、多摩川沿いで一服…食後の一服は旨い。

しかし、この一服も社会に出た頃は、自席で吸えたんだよなあ。喫煙スペースなんて囲われ始めたのは何時だったろうね…と考え、そういえば二輪の駐禁も昔は無かったな、と。

値段の高騰や少子化等、色々な原因は考えられるけども、自動二輪離れってのは過剰な駐車禁止によるモノじゃないかと思うんだが、どうなんだろうね。

基本は移動ツールなのに、移動した先で止める場所が無いのでは売れるワケがないだろう。止まる駅が無いのに電車に乗るのは、電車マニアだけだろう。

ああだから、売上をスポーツ車に頼る結果となる訳か…先細るのも無理はないかな。

まあ、自身がもう良い年だし、下の世代に残したいという思いも無いから、ソレはソレで構わないのだが、らーめんが安心して食べれる程度の規制にして欲しいなとは思うな。

nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

DARK SOUL Ⅲ、クリアしました。 [ゲーム]

想像以上に、ダークソウルは書くことが無かったづら…。

攻略サイトでもないのに攻略を書いても仕方が無いし、biohazard7みたいに突っ込みどころが満載て訳でも無い…レビューは出来るが、偏りが激しいしなあ…。

特にネタが無いので、各ボスの思い出でも書いて行こうかな。

DARK SOULS III_20170413172905.jpg
□灰の審判者 グンダ

チュートリアル的なボス。各操作がキチンと行えれば特に苦戦もしない。デモンズソウルを覚えていたので、特に問題無くサクサクとクリアした。

デモンズの最初のアレ(ほぼ殺せれるイベントボス)に比べればヌルゲー。

DARK SOULS III_20170414155448.jpg
□冷たい谷のボルド

あれ、なんかデッカイの出てきた…と思い、適当に倒したらボスだと判明。雑魚キャラが同時多発する罠に比べれば、一対一で動きも鈍いので苦戦する要素も無いボス。

でも、倒した後に落とす「イルシールの直剣」は1周目最後まで使える汎用性の高さ。

DARK SOULS III_20170422035934.jpg
□覇王ウォルニール

左右の腕輪をぶっ叩けば死ぬのだけども、近寄ると顔をターゲッティングする罠がある。しかも、湶より下へと向かうと、物凄いスピードでHPゲージが減る初見殺し。

だが、3周目位までは割と簡単に倒せるので、楽なボスだと思う。

DARK SOULS III_20170425223359.jpg
□デーモンの老王

これも基本的な操作、戦闘が行えるのであれば楽なボス。むしろ、ここに辿り着くまでのスナイプショットが鬼の様に痛いので、ボスのイメージすら霞むレベルで。

攻略必須ボスでも無い為、忘れ易く周回プレイでは取りこぼし易い。

DARK SOULS III_20170421175540.jpg
□薪の王 深淵の監視者

始めて苦戦したボス…何十回殺されたかなあ、コイツには…最終的に最も手強く感じたのはコイツだった気がする。白霊無しで倒した自分を褒めたいレベル。

攻撃痛いわ、連撃飛ばすわ、突きダッシュで纏わりつくわ、3体まで増えるわ、一度倒してから、HP満タン且つパワーアップして襲い来るわ、物凄く嫌なボスだったなあ。

DARK SOULS III_20170425102746.jpg
□薪の王 巨人ヨーム

ストームルーラーと言う大剣を使わないとダメージが通らない初見殺し。デモンズでも似た様なのがいたわ、と気が付けたのが幸い。あれ知らんと気付けるのかな。

ストルーの戦技以外は通らない為、攻撃を交わして戦技の作業ゲーだった記憶が。

DARK SOULS III_20170427000041.jpg
□法王サリヴァーン

途中から分身カマすんだが、無視して本体へ突っ込めば勝てるという微妙に意味の無い戦い方をするボス。基本操作が出来れば、力押しで倒せるボスとも言う。

アンリ(NPC)のイベントを済ませずに倒すと、そこで終了するのがポイント。

DARK SOULS III_20170427113500.jpg
□薪の王 神喰らいのエルドリッチ

上空に向けて矢を放つと、ものすげぇ大量の矢が降り注ぐのが嫌なボス。ロリで交わすとボスから離れるし、近づくとまた矢が降るを繰り返されるのでムズいよりもウザい。

南海か死んでリトライの際に、矢を放つ前に倒せたのはラッキーだった(初回のみ)。

DARK SOULS III_20170430214821.jpg
□竜狩りの鎧

ロスリック王子の次位に苦戦した覚えがある…ああ、根本的に高速で貼りついてきて、連撃で打ち返す暇なの無いボスが苦手なんだな、と実感させてくれるボス。

ただ、この手のボスは白霊を呼んで、ターゲッティングを分散すると雑魚になる。

DARK SOULS III_20170429005158.jpg
□冷たい谷の踊り子

冷たい谷のボルドと間違えそうだが、こちらはキチンとしたボス…武器との相性もあるが然程難しくない…が、竜狩りの鎧から連戦の時があるのでそこがキツイ。

ちなみに、踊り子を倒すのと同時にこちらも倒れた結果、上の画面が出る。踊り子のソウルを入手している為、クリアフラグは建ち、ゲームオーバーでも先に進める。

DARK SOULS III_20170505235734.jpg
□薪の王 王子ロスリック

深淵の監視者、竜狩りの鎧の上位バージョンとでも呼ぶべきボス。上位というか奴らをえげつなくさせた感じで、途中から兄が参戦するのが非常に鬱陶しいボスだった。

でもこれもターゲッティングを分散させると、途端に難易度が落ちるのは同じ。

DARK SOULS III_20170506155013.jpg
□妖王 オスロエロス

イメージとしては『なんか喋ってた』ボス。難易度低めで力押しで勝てるのだが、字幕に意識を割くには危ないレベルの為、何を喋っていたかは覚えていない。

ボスに至るまでの道に居る雑魚の方が強いという、不思議なボスでもある。

DARK SOULS III_20170507180507.jpg
□古の飛龍

完全にイベントボスの為、直接対決が無い…ので、ボスと呼ぶには微妙かもしれない。しかもストーリー進行に関わらないので、なんだろう、隠しイベント的なボス戦。

近くの城砦をひたすら上って、頭の上から飛び降りるだけだからなあ、このボス戦は。

DARK SOULS III_20170511191034.jpg
□英雄グンダ

チュートリアルボス、灰の審判者グンダ…が生きてるバージョンで、英雄グンダとして襲い来る。が、基本的には審判者の上位でしかないので、然程の苦労はしない。

…と、ボス戦の思い出などを語ってみたが、ダクソⅢをプレイしていないと何が何だかなんだろうなあ。プレイヤーを選ぶマニアゲーだから、万人にお薦めは出来んしなあ。

まあ、個人的な思い出と言う事で、ブログの賑やかしコンテンツの一つにしよう。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

☆DARK SOUL Ⅲ、はじめました。 [ゲーム]

時期的にちょっと、「冷やし中華始めました」を意識してみた。

biohazard7以降、PS4がオブジェとなる事を防ぐべくソフトラインナップを目の皿の様にして探した結果、白羽の矢が立ったのが、フロムウェアのこのソフト。

DARK SOULS III_20170506084156.jpg
□DARK SOUL Ⅲ

いわゆるアクションロールプレイング…と言うジャンルではあるのだが。

ネットでレビューを見ると『死にゲー』『マゾゲー』『フロム脳』等の単語がヒットする、昨今のチュートリアル付きゲームとは一線を画す、かなりシビアなゲームである。

ちなみに、『Ⅲ』からのプレイで『Ⅰ』『Ⅱ』も未プレイだが、フロムのゲームはストーリー等あって無い様なものなので、特に問題は無い…システムも大きな変更はないし。

DARK SOULの前身であるDEMONS SOULはクリア済みだが、これもストーリー等あって無い様なもの…でDARK SOULとステージや武器等が異なる程度なので直ぐに順応。

フロム初期の KINGS FIELDシリーズを全てクリアしたオイラに隙は無い。

KINGSのⅡは姫の救出&孤島からの脱出がテーマなのに、Ⅲの序盤でⅡの主人公と姫が遺体で落ちていたりする(説明も意味も無いただのオブジェ)のがフロムクオリティ。

基本的に、限定条件下で如何に腕を磨き、ステージを進むかだけが味のゲームである。

…て、書いていて、非常にネタにし難いゲームなんだよなあ…DARK SOUL Ⅲをプレイした事のあるユーザで無ければ、分からない話しか出て来ないという。

んー…とりあえず、プレイしながらまた、ネタになるかを探っていこうか。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

ベランダ菜園、始めました。 [ベランダ菜園]

先日のスプラウトの影響もあり、ベランダでの家庭菜園へと手を出してみる。

都内で生まれ育ち、父方の田舎も関東南部な自分には、野菜と言えば育てるもの…ではなく購入するものだったのだが、人生の中で一度くらいは野菜の栽培をしてみたい。

IMG_9714.JPG
□土

まずは、苗を植える土台となる土…なのだが、これもホムセン等では大量に種類があり、購入に悩む。今回は園芸では無い為、野菜用の培養土を購入して見る事にする。

IMG_9710.JPG
□プランター

次いで、苗を植える為のプランターへ、野菜用の培養土を敷き詰める。今のところ、ただ土を入れただけ…正直、これで良いかなくらいの知識で始めたのだが。

IMG_9709.JPG
□肥料

キチンと実を収穫する為には、肥料も必要と聞きかじり、果菜用の肥料も購入。ちなみに果実用の肥料も別に存在し、雑多な肥料コーナーで頭を悩ませたのは秘密。

IMG_9713.JPG
□雑ぜ込み

先程のプランターへ肥料を載せ、土の中へと混ぜ込んでゆく…ついでに、苗を植えこむ為のスペースを確保し、これで苗を植える準備が完了する…うん、意外と手間が掛かる。

IMG_9715.JPG
□苗植え

ようやく下準備を終え、これから苗を植えてゆく。ようやく家庭菜園らしい感じが出てきた…ちょっとワクワクするなコレ。おっさんになった証だろうか。

IMG_9723.JPG
□トマト

まずは、初心者でも簡単!と評判のプチトマト、そして大ぶりな普通のトマトの苗を植える。このプランターのサイズだと、二つが限度か…まだここから、育つだろうしな。

IMG_9725.JPG
□茄子

こちらはトマトよりは少しだけ難易度の高い茄子…普通の茄子と長茄子を植えてみる。ちなみに栽培して食べて見たいかと言うと、特にそんな基準では選んでいなかったりする。

IMG_9727.JPG
□コスト

ちなみにコストはバカ高かったり…いや低いのか。レシートを載せてみる。

プランター[×]2、培養土、肥料、苗[×]4にスコップと如雨露…地味に苗が高いな。合計で4,842円…5,000円弱…どう考えても、トマトと茄子に掛けるお値段では無いだろう。

バイク整備と異なり、むしろ手間が掛けてお金もかかるというオチか。

土は肥料があれば再利用可能であり、プランターも使い回せる…やっぱり苗が高いな。どの程度の収穫かは分からないが、スーパーで買うよりは高いだろうなあ。

しかも、初心者であり確実に収穫できる見込みも無いとなれば、損をする以外のイメージが沸かない…が、なんだろうな、楽しいんだよなあ、コレ。

nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

道志、おべんとツー。 [ツーリング・準備]

明日から天気が下り坂、そのまま梅雨入りの恐れも…と聞いて、入梅前にツーへ!

IMG_9905.JPG
□平日ツー

最近は時間の都合がつけ易い為、サンドラが居らず道が込まない平日を狙ってツーリングに出かける。こんな自由さもいつまで持つか…持つ間は平日に出掛けよう。

IMG_9906.JPG
□厚木IC

どこに行くか悩んだが、迷った時の道志みち…というか、東名がお財布的に程好く使い易いんだよね…そろそろ、静岡方面…箱根辺りまで足を伸ばすべきかな。

ダブさんは、純粋に走りが楽しい!ってバイクじゃないから、微妙なんだけども。

IMG_9910.JPG
□コンビニ

宮ケ瀬を抜けた先で見つけたコンビニ…へえ、こんなとこにあったんだな。

駐車スペースの手前にロード用のラックがある…この辺りはやっぱりロードが多いんだねえ。自力で山道を登るとかなんて、マゾっぽいんだろうとしか思えないのだが。

それはそれとして、東名から下りて最初の休憩スペースとしては良いなあ、ここ。

IMG_9915.JPG
□道の駅 道志

国道413...道志みちへと入り、程好くふらふらと走る。

んー…前の軽自動車がちょっと遅いかなあ…でも、抜くよりはもう一速落としてのんびりついて行こうか。パワーに余裕はないが、気持ちに余裕が出来る単車だよなダブさん。

休日と異なり、他のバイクも無理に抜こうとしない。平日は余裕があって良いね。

…と思いきや、無理に軽自動車ごと自分を抜いて行くのはAPEとモンキーか…低排気量は余裕が無いなあ。お前らには峠でも生活道路なんだ、地元ナンバーの自動車を煽るなよ。

のんびりとうねうねを楽しみ、道の駅へと到着…さて、今日のお楽しみ(シート上)だ。

IMG_9916.JPG
□清流

道の駅直販所裏手にある、峠道と並走する沢へと出る。

いつもはのんびりと一服するところだが、本日はお楽しみが…と思いきや、いつもは釣り人しかいないのに、下流に子供連れの家族が騒いでいる…んー。煩いなあ。

しばらく子供たちの水遊びを眺めながら一服…お、お帰りの様だ…よしよし。

IMG_9917.JPG
□ひるごはん

本日のメインイベントたる、清流…川べりでのお昼ご飯である。

富士吉田うどんにほうとうと、甲州辺りで美味しいモノを知らない…ので、毎回、ご飯抜きツーとしていたが、大自然に囲まれて食べるおにぎりは美味しいのではないか。

休憩がてらに寄ったコンビニで、ひるごはんにおにぎりを購入しておいたのは正解か。

IMG_9919.JPG
□格別

うん、旨い!特にこの直巻きおにぎりのシャケが格別に美味しい気がする。

なんだろう、幼いころの遠足や家族で出かけた時のおふくろの味的な…それにしてはちと寂しく、チープな感じはあるけれども…うん、これはこれで悪くない…美味しいな。

そう言えば、昔はおにぎりと言えばアルミホイルにくるまれて記憶がある、な。

IMG_9922.JPG
□厚木2りんかん

川べりで食べたおにぎりの味を堪能し、曇り始めたので山を下る。

帰りも厚木ICから…なら、IC近くの厚木2りんかんで最後の休憩がてらに、パーツでも物色しようか。そういえばブレーキのスイッチ周りの配線が微妙だったっけ。

細々とした買い物を済ませ、厚木ICから東名に乗り、東名川崎を目指して帰路へ着く。

IMG_9924.JPG
□雨

雨予報は無かったはずが、帰宅してしばらく後に降り出す雨。

マフラーの余熱が抜けてからカバーを…と止めたままだったので、急いでカバーを掛けに駐輪場へ…あああ、タンクに雨粒が…撮影してないでカバーを掛けろとの話も。

でも、ネタになる!ブログに!と考えると撮影を優先しちゃうんだよねえ。

20170605.jpg
□走行ルート

-走行DATA-
総距離:182.55km 平均速度:45.1 km/h
登坂高度: 2326m 走行時間:5:36'38
-高速料金-
東名川崎IC~厚木IC860円×2

行き返りがほぼ同ルートの為、さっぱりとした軌跡になってんなあ。…でも梅雨前の走り納かも、と考えるとそれなりに走れて、悪くないルートだったかな。

テールランプブラケットについて考える。 [考察・妄想]

先日のシート検索中に思わぬ発見をする。

当初は純正シートを検索していた為にそこばかりを見ていて、全く分からなかったのだが、後日、ブログを書いている最中に気が付いた。あれ、これって…。

kn-w800-rk-l-15-03-01-a6.jpg
□注目部分

なんと、テールランプブラケットが鍍金である(画像の白○部分。)

W650純正はここが黒い為、真横から見た際に何とも浮いて見えたのだが、フェンダーと同じ鍍金であればこんなにもしっくりと来るでは無いか。

…しかしフロントフォークと言い、ブラケットといい、なぜに黒なのだW650は。

価格の問題かもしれないが、こういう特別モデルにだけ鍍金とか銀フォークとかにするのをやめて頂けないか。W650初期は特にカラーバランスが悪いと思うのはオイラだけか。

チェーンカバーも800にしてからようやく鍍金になったし…はいいか、検索してみよう。

teil02.jpg
□パーツ検索

相変わらず、年式毎に各カラーの同パーツが全て表示される仕様はどうにかならんのかカワサキ。しかもパーツ検索結果まで進まんと分からんのも不親切だよな、この設計自体。

teil03.jpg
□検索結果

今回は車両形式より調べずとも分かる…部品番号に()でメッキと書いてある。

…なるほど、黒のモデルは4,212円か4,536円で、鍍金モデルは7,150円...と。うん、倍近いね。でも欲しいね。ただ、純正は形状がなあ…出来ればイナドメのが欲しいが。

181_1.jpg
□W3

ちなみに形状と言うのは、新W特有の低くて長いブラケットの形状の事。

上記画像のW3に挙げられるように、本来、国産旧車のデザイン的にはテールランプがもっと高い位置(座面と同程度)でもっとシートに近い位置にあるのが普通なのである。

新Wはこのデザインの為、低くて長いアメリカン的なシルエットの崩れを見せている。

wseries-inadome-special-parts.jpg
□イナドメW1SA風テールランプブラケット

但し、イナドメのパーツは一帯に高く、大きなパーツはそれはもう素敵なお値段。

W1SA風テールランプブラケット  半艶黒 15,850円
W1SA風テールランプブラケット  メッキ 24,950円

テールランプの位置が変わるだけで16,000円、そのブラケットが鍍金に変るだけでプラス10,000円...と考えると中々に手が出し難い値段ではある…よなあ。

まあ、W3レプリカを作りたい訳ではないし…なあ。

そう考えるとテールランプブラケットが鍍金になるだけでも良い…し、7,150円というお値段が非常にリーズナブルに思えてきたりする。いや、比較対象を間違えているのだが。

これはもうちょっと考えてみよう…と言うか最近、純正パーツばかり見てる気がする。

スプラウト?豆苗の水栽培。 [ベランダ菜園]

奥様のリクエストにより、食卓に上る豆苗…が、一つのキッカケだった。

スーパーより購入してきた豆苗は、パッケージの裏側に『もう一度収穫できるので水栽培を…』的な説明があり、試しに栽培してみようとか思いつく。

IMG_9561.JPG
□お試しに

ジップロックのパッケージに切り落とした豆苗の苗?を入れ、水を浸してベランダに放置してみる…日の当たる場所とお試しなので、外の栽培でも良いだろう。

…お、購入時には芽を出していない部分なのか、豆の部分から芽吹き始めた様だ。

IMG_9564.JPG
□さらに数日

一日に一度、水を変えて放置…しているだけなのだが、順調に育つ様でこれは中々に面白い。植木屋菜園に興味を抱いた事など無かったが、これはこれは。

掛ける手間に対して、見返り(反応)が大きいせいだろうか。

IMG_9569.JPG
□その翌日

なんだか水の交換と発育確認…豆苗の撮影が日課となる。

以降は数日飛ばそう…一応、バイクと言うかスクーターのブログのハズが、毎日、豆苗の観察結果を詳細に語られても閲覧者が困るに違いない…でも面白いよコレ。

IMG_9613.JPG
□新株を追加

一基に伸びた画像を掲載…ついでに、面白くてもう一度購入してきた豆苗の新株?苗?を載せてみる。なんだこれ楽しいぞスプラウトの水栽培。盆栽的な楽しみだな。

商品ほどではないにしろ、ここまで伸びたら食べ時だろうな。

…とは思うのだが、毎日水を変え、発育を撮影していると愛着が生まれ、中々に刈り取りがし辛い…がこれ以上に伸びると、茎が硬くて不味くなるだろうしなあ、と悩む。

IMG_9600.JPG
□夜ご飯に

そんな愛着ある豆苗だが、結果的に夜ご飯に添える一品となる。

ちなみに本日のメニューは、ほうれん草とベーコン、海老の和風パスタに、ほうれん草の胡麻和え…そして、ある意味メインの育てた豆苗の炒め物を添える。

IMG_9603.JPG
□愛着と愛情と食卓と

ぶつ切りにした海老、戻したキクラゲ、育て上げた豆苗をオイスターソースで炒める。

自分で手を加えると愛着が生まれるのは、バイクも食物も同じなのだなあと痛感しながら頂く食事。まあ、愛着は胃の中へと消えゆく訳なのだが、想像以上に楽しいなこれ。

ベランダに空きもあるし、プランターで家庭菜園でも始めようかしら。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

【シート考察その2】2017年モデルのシートについて。 [考察・妄想]

前回のシート高に続き、もう少し内容を掘り下げる。

カワサキの部品検索ページより年式ごとに各モデルのカラーがみられるので、最新の年式から順に各カラーのシートを眺めては該当のシートを探してゆく。

seat056.jpg
□2014年モデル

どうやら、一昨年2014年のモデルの様で、思いの外、早く見つける事が出来た…が、この小さな画像では、パイピングのカラーが分かり難い…他と比べると白く見えるのだが。

kn-w800-rk-l-15-03-01-a6.jpg
□確認

このまま発注して、パイピングが黒でした、ではネタとしてすらお粗末過ぎる。

…ので、年式指定で検索をかける。お、やっぱり白パイピングだ。上記はネットで拾った画像だが、このサイズならパイピングが白い事も確認できる…W1イメージカラーかな。

seat02.jpg
□パーツ検索

年式が分かれば、パーツ検査も可能になる...あああ、やっぱり年式ごとの全カラー表示になるのね…シート自体の型番は53066で固定なんだな。差異はその枝番違いか。

seat03.jpg
□検索結果

2014 EJ800AEFBだから...真ん中の53066-0442-NQで、31,968円か。

うし、パーツ番号は押さえたし、早速…と言いたいところだが、31,968円はポンと出すには中々にお財布に痛い…し、何よりも性能及び似合うかが分からないからなあ。

一度、車体に乗せて、出来れば走行テストも...shimaさんに頼んでみようかな。

ヘッドライトケース、交換作業完了…VOX復活! [VOX(SA52J)]

前回の作業にて、被害状況を確認…必要パーツを確認した。

てなワケで早速、作業をしたその場で必要なパーツ番号を確認…ヤマハのこのパーツ検索アプリってホント便利だよなあ…。ipadなら画面サイズも大きくて見やすいし。

IMG_9575.PNG
□パーツ選択

普段はPCサイト、あるいはipadの画面で確認するのだが、このままLINEで発注を掛けるなら、iphoneの方がやり易いのでスクショを保存…んで、ブログで使い回す。

IMG_9572.PNG
□価格確認

ヘッドライトボディアセンブリ、ね。アセンブリって事は、他にも部品が付属するのか。画像では無さそうだが…まあ、税込みで3,240円だし、細かく気にする事も無いかね。

IMG_9671.JPG
□到着

そして、数日後にパーツが到着…ヤマハは部品の取り扱いが巧いよなあ。自分で弄る事を考えるとどうしてもヤマハに行きつくのも仕方ない…カワサキは検索し辛いしな。

…て、PPの固定部分に入る金属カラー、付いてくるんだな。

IMG_9672.JPG
□除去跡

部品検索だと別パーツに見えるので、分からなくならない様に車体側にボルトと共締めで固定しておいたんだが…要らんかったなコレ。ま、いいや捨てよう。

IMG_9673.JPG
□取付

で、ボルト4本を緩めて締めて…だけなので、簡単に装着が完了。

…したのだけども、ヘッドライトってこんなにした向きだったかなという疑問が。でも、フレーム側に歪みが出たとしたら、相当に大きいか、固定部の溶接が剥離するよな。

IMG_9675.JPG
□歪み

ちなみにヘッドライト本体をケースに収め、ねじを締め込もうとしたところ、ネジが入らない…カラーを退けて確認したところ、かなりのズレ…ああやっぱ、歪んでんだな。

全体の歪みは小さくとも、固定部分に掛かるダメージはそこそこにあった、と。

IMG_9677.JPG
□完了

ま、ここはネジの形状を変更すれば良いか…後でやるべ、ととりあえず完成。

…あれ、こうして見るとライトの向きも普通に見える。なんとなくオカシイという先入観から見ていたから、錯覚が生まれたのかね。あるいはフレームの角度によるものか。

IMG_9679.JPG
□完了

なにはともあれ、修理が完了…やった、これで普段のアシが復活する!

Bやダブさんと比べ、圧倒的に稼働率の高いVOXは、乗れないとなると非常に不便なことを思い知る数日間だったからなあ…あ、VOX無いんだ、出掛けんの止めよう、みたいな。

大した距離じゃないはずなのに、納車から3か月で700㎞近いからな、総走行距離。



nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

さよなら、エスケープ。 [Diary ‐雑感‐]

3年前の誕生日に、奥様より贈られたGIANT ESCAPE R3 2015モデル。

このブログのコンテンツとして活躍してくれていたが、2015年の事故以降、手首の角度による問題等があり、部屋で埃をかぶる日々…それも復活の目途も立たず。

VOXが来た事により、活躍の場が与えられることは今後も無いだろう…。

IMG_9705.JPG
□ドナる


そんな折、スポーツバイクを始めてみたいとの声があり、室内保管を条件として譲渡する事になる…まあ、ウチの親父様の元へ行くだけの話なのだが。

しかし、スポーツバイク知識ゼロの親父様には勿体無い気がしないでもないなあ。

コンポはティアグラ、ブレーキはマウンテン用上位、ホイールはロード用、タイアもフォルダブル…正直、ノーマルはハンドルフレームだけと言う素敵な品なのだが。

価値が分からない人に譲るのはなあ…他人なら有りえないが身内だしな。

しかもお高いVOLT300までパクられた…サイコンやテールランプなど、この車両に必要なパーツはまだしも、ライトは持って帰りたかったなあ…形見分け的に考えても。

IMG_9728.JPG
□君がいた場所に

今まではPC机の横に佇んでいたエスケープ…がいないのに、まだ、慣れない…な。

バイクもそうだが、手放してから思い出が甦るのは何故だろう。そして思い出に縋りもう一度と考えてしまうのは。…まあ、乗り手が変わらぬ以上、繰り返すだけなのだけども。

こうしてブログを書いている時でも、視界に入っていたハンドルが無いのは何とも寂しいものがある。でも、クロスバイクは置きものじゃない…走るものだし、仕方が無い。

なので、親父様が余り乗らない様なら、さっくりと奪い返す予定でもある。

過去の自分の様にがっつり走り込んでくれるなら、それはそれで本望だし…な。

しかし、65の親父様が健康の為にとクロスバイクを始める傍ら、40の息子が歩くの怠いからと原付を購入するというのはどうなのだろう、と思わないでも無い。

ま、実家に帰ればまた会えるのだし、今はそれで良いかな。

ちなみにエスケープを乗出してから下りるまで、ロードバイクが欲しい、とは一度も思わなかったなあ…クロスバイクは好きだったが、ロードは食指が伸びずに終わったな。

さよなら、エスケープ。 [ESCAPE R3]

3年前の誕生日に、奥様より贈られたGIANT ESCAPE R3 2015モデル。

このブログのコンテンツとして活躍してくれていたが、2015年の事故以降、手首の角度による問題等があり、部屋で埃をかぶる日々…それも復活の目途も立たず。

VOXが来た事により、活躍の場が与えられることは今後も無いだろう…。

IMG_9706.JPG
□ドナる

そんな折、スポーツバイクを始めてみたいとの声があり、室内保管を条件として譲渡する事になる…まあ、ウチの親父様の元へ行くだけの話なのだが。

しかし、スポーツバイク知識ゼロの親父様には勿体無い気がしないでもないなあ。

コンポはティアグラ、ブレーキはマウンテン用上位、ホイールはロード用、タイアもフォルダブル…正直、ノーマルはハンドルフレームだけと言う素敵な品なのだが。

価値が分からない人に譲るのはなあ…他人なら有りえないが身内だしな。

しかもお高いVOLT300までパクられた…サイコンやテールランプなど、この車両に必要なパーツはまだしも、ライトは持って帰りたかったなあ…形見分け的に考えても。

IMG_9729.JPG
□君がいた場所に

今まではPC机の横に佇んでいたエスケープ…がいないのに、まだ、慣れない…な。

バイクもそうだが、手放してから思い出が甦るのは何故だろう。そして思い出に縋りもう一度と考えてしまうのは。…まあ、乗り手が変わらぬ以上、繰り返すだけなのだけども。

こうしてブログを書いている時でも、視界に入っていたハンドルが無いのは何とも寂しいものがある。でも、クロスバイクは置きものじゃない…走るものだし、仕方が無い。

なので、親父様が余り乗らない様なら、さっくりと奪い返す予定でもある。

過去の自分の様にがっつり走り込んでくれるなら、それはそれで本望だし…な。

しかし、65の親父様が健康の為にとクロスバイクを始める傍ら、40の息子が歩くの怠いからと原付を購入するというのはどうなのだろう、と思わないでも無い。

ま、実家に帰ればまた会えるのだし、今はそれで良いかな。

ちなみにエスケープを乗出してから下りるまで、ロードバイクが欲しい、とは一度も思わなかったなあ…クロスバイクは好きだったが、ロードは食指が伸びずに終わったな。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
前の25件 | -
メッセージを送る